プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

950

バーナード嬢曰く。 3

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)
施川ユウキ

一迅社 2016-10-27
売り上げランキング : 210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1・2巻に続いて買ってしまった3巻。
アニメになったのもちょっとみたけど
みんなの目がキラキラ仕様になってて驚いたぞ。
ギャグマンガ日和的な路線を期待してたのに。

さてこの漫画、最初は本を読まないバーナード嬢が
「本の名言」を乱発するネタで始めたものの
それでは難しいことから「読書ネタ」に移行したものであるらしい。
そう言う点では全体にゆるっとした設定なのだが
逆にそのアンバランスさも味と言えば味かもしれない。

アニメ絵なら萌えになりそうな要素もふんだんにありながら
敢えて放ったらかしてある(笑)のが、本読み漫画らしくもある。
彼らはみな本を語るのに夢中で、萌えに構ってる暇はなさそうだ。

本の話が出来る環境と言うのは、貴重といえる。
実際、自分も書評サイト以外で本の話が出来る場所はほぼない。
だからつい、本の話題には熱くなる。
本じゃなくても、熱くなる。

嬢たちが話題にするあるある問題は、くだらなくも
本読みがつい熱弁してしまう重要案件なのである。
いやうん、重要じゃなくても。

●本を読む気になれない時はどうする?
 なら読まなきゃいいのだが、本読みはなんとなく
 読まない期間が長くなるとそわそわしてくるのである。
 自分はその間に漫画や短編集や薄めの本を読むことが多いが
 なんでそこまでして読んでるのかは、自分でもよく分からない。
●元ネタを読まないでネタ本を読んじゃう?
 元ネタ読んだ方が面白いハズなのは分かるので読むべきと思うが
 元ネタがあまりシュミじゃない場合、共倒れになる。
 逆から読む気になる場合もあるので、一概にダメとも言いきれない。
 でも多分人に勧めるときは「原作を原作を原作を」って言う。
●期間限定カバーの壮丁
 人によるかもしれないが、自分はコレに全く興味がない。
 本棚を揃えようとすると泥沼にハマるので、
 敢えて意識しないようにしているのかもしれない。
 でも帯にはよく騙されます…。

●途中で読めなくなっちゃった…挫折本
 挫折が怖くて本が読めるか!!!
 でも挫折本って捨てられないんだよな。
 いつか読めるんじゃないかと言う妄想がな。うん。
●読み終わりたくなくて、敢えて残して後でじっくり読む
 そんな寸止めできる人いるの!?
 無理だよ!面白くなったらページを繰る手が止まらないよ!
 でも泣きそうな話は外だとさすがに堪えちゃって
 ああ、家だったら思いきり泣けたろうなって思うコトはあるな。
●人と一緒に居る時に本を読める?
 失礼云々より以前に、集中して読めんわ。
 究極「すごく近しい人」か「どーでもいい人」なら読める。(笑)

●貸した本を大事にしないヤツ。許せる?
 レア本とか持ってないから、謝ってくれればまあ許す。
 以前友達に貸した漫画全巻が、そのまま借りパクされたことがある。
 友達として付き合うことはやぶさかではないが
 今後そいつに本を貸せるかと言うと多分貸せない。
●新装版を買い直しちゃったこと、ある?
 背表紙やサイズが揃わない事に関しては、気にしない事にしてる。
 昔、若気の至りで本に全部同じカバーを付けたくなり
 紙を大量に買ってきて、地獄を見たことがあるから。

バーナード嬢たちの答えが自分とは違っても
こんなあるあるには、あるあるだけ答えがあるのだ。
それはつい本読みの魂を熱くして、自分のあるあるを語ってしまう。

本編とは別に、自分の中のしょーもないあるある問題。
●栞──この薄くて分厚きモノよ
本屋で買うと、大概その出版社の栞が入っている。
読書に欠かせない傍らの友だが、たまに邪魔になることがある。
①店員さんが会計時、なぜか栞をもう1枚挟む。
 入ってないならまだしも、なぜ更に増やす…?
②期間限定プレゼントで妙にデカい栞がもらえる
 アレ文庫本だと実は邪魔(強制終了)
②読み終わると栞を外す人
 ウチの相方である。いやコッチも栞は山ほどあるからいいけど
 押入れの片隅に栞溜めるのやめろよ!リスか!!
④市販の栞いろいろ
 木製や金属製、あるいはプラスチックで素敵デザインなのだが
 実際文庫本だと実は(終了)
⑤本棚蔵書の数センチ分はたぶん栞
 栞とか帯とか外したらもう1冊くらい入るんじゃねって思うけど
 今更面倒くさくて出来ないジレンマ。

うん、特に解決を求める訳でもないが、
本について(ついてなくても)の話は、本を読むくらい楽しいのだ。
そんなお仲間をゲットしたようで、つい続巻を買ってしまった。

作者の読書歴が反映されているのだろうが
洋物作品に集中してるのが、個人的にちょっと残念。
文豪スキーとかでてきてくれたら、個人的には滾(たぎ)るんだがなぁ!

個人評価:★★★★


ホネツイまとめ。芸術の秋(?)編。

20161030-1.jpg

「絵を始めるから、モデルやってよー」
「オ、オレが!?」

20161030-2.jpg

「じ、じゃあやっぱコレか」
「イヤその時点でパロディだし」

題して「考え過ぎる人」。芸術はボンバヘッ。


20161030-3.jpg

「ならコッチか⁉︎」
「…踊り出しそうなウェイター?」

20161030-4.jpg

「コレならどうだ!ちゃんと腕も外したぞ!」
「だからフツーでイイんだってば」

全く肉感のないヴィーナス。芸術はボボボボンバヘッ。


20161030-5.jpg

「どうだ、うまく描けてるか?」
「うん、でもモデルの意味がない気がしてる」

芸術はボボボボボボボンバヘッ。
多分まだやる。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。