プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

946

名づけそむ

名づけそむ (フィールコミックス)名づけそむ (フィールコミックス)
志村 志保子

祥伝社 2016-05-07
売り上げランキング : 50867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


棚マルで頂いた本。
最初は少女漫画なのかと思い、ソッチが免疫が薄いので(笑)
大丈夫かなと思ったが、違った。
少女漫画ではなく、かといって日常淡々系のようなものでもない、
「名前」にまつわる10編のオムニバスストーリー。

1 18年前に捨てた娘に、声をかけられる
2 電車に飛び込みかけたところを、上司の息子に見られてしまって
3 父親のように思っていた近所の男性に、女性の影が…?
4 公園の木は、クラスのあの子と同じ名前だ
5 バイト先のファミレスに、いつも一人で来る女の子
6 息子が連れてきた彼女は、離婚した夫の愛した人の名前でした
7 中絶手術の問診票に、偽名を書く
8 親友の名をそう呼ぶのは、アタシだけ
9 偶然会った後輩に、何だか避けられているようで
10 バツイチの男と結婚を。その娘と食事をすることになり──

「名前」でこれだけ異なる話が生まれることに、少し感動した。
当たり前だが、それだけ「名前」が本人に寄り添い、
共に在るからこそのストーリーたちだ。
「病めるときも健やかなるときも」なんて誓いの文句があるが
結婚に至っては、まあどーなるかわからない。(笑)

が、名前は正真正銘、一生添い遂げる連れ合いだ。

が、例外もある。
最近はナンタラネームとかで、改名を申請することもある。
字画を調べて、漢字を変えた人も近くにいる。
シビアな話でなくとも、ネットで生息している人間は
大概HN(ハンドルネーム)という仮称を持っているだろう。

実際自分も、ちゃんと名前(※苗字ではなく)を呼ばれることは
故郷に帰った時くらいだ。
むしろ職場やコッチの友人に名を呼ばれたら、気恥ずかしい気すらする。
自分と名前の関わりはその程度だが、1話目がちょっとココロに沁みた。

捨てた娘に「結婚式に出て欲しい」と言われ、嬉しくなる母親。
服も買い、何とかお祝いも出せるとほっとする。
が、元夫からダメだしをされる。
母は娘の名前を使って、返事をする。
それが、せつない。

ウチは一族全員、お寺に字画から決めてもらった名なので
いわゆる意味というものはない。
だが思うに名前は、子供の自分と直結しているのだ。
HNはもちろん、あだ名なんてモノも無かったくらい昔の自分に。

きっと多くの人が、「○○ちゃん」なんて呼ばれていた時代があるだろう。
名を呼ばれて気恥ずかしい気がするのは
そんな時代を思い出すからなのかもしれない。
自分の場合、名前をすっかり呼ばれなくなるのは
両親がいなくなる時か──などと考えたら
本当に名前は子供時代そのものなんだな、と思ったりした。

けれど名前が無くなる訳ではない。
そうなればきっと、名前はあの頃を共に語る「友人」となるのだろう。
名前から1つ1つの思い出がこぼれて
その人の「人生」そのものにもなるのだろう。

名づけ「そむ」──、古語では「初む」「染む」と書く。
名づけられたばかりの名前は次第、
その人に染みてそのものになっていく。

珠玉の小話たちのなかに、きっとあなたの「名前」もあるのだろう。

個人評価:★★★★


自分の名前は──勿論書かないが(笑)
よく読み違えをされる漢字で、あまりマトモに読まれない。
最近のむつかしい読みの名前を見るにつけ、
名前は読みやすいのが一番じゃろうてと思う。

20161024-1.png

別に漢字が難しいとかではないのだが
組み合わせが悪いのか、読みにくいらしい。


20161024-2.png

そう、リアルならいいのだ。
だが名前は一方的に読まれる場合だってある。


20161024-3.png

ソレもココ、なぜかいつも2通来てた。
ムシ呼ばわりと他の読み違いセットで。

封を開けたこともない。(笑)


20161024-4.png

一応「ええと、コレはなんと読むので…」と聞いてくれたのだが
他にも十数人のひとがいたのと、
ムシ呼ばわりの後だったのでもう訂正しなかった。

今の時代は多分、フリガナ欄あるとおもう。


20161024-5.png


いやでも今思えば名前をからかわれるってのは
人の名前をちゃんと認識してるからなんだよな。
オトナになったら大概、苗字でコトが済むからね。

阿呆なヤツらではあったが、仲良くはしてたからなー。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。