プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

943

【内輪ネタ】棚マルオフ会にいってきました。

先週、書評サイトのオフ会に行ってきた。

そもそもはBOOK PORT大崎ブライトタワー店
棚マル(=棚をマルっと貸しちゃいました)企画に
書評サイト「本が好き!」がコラボしたことにはじまる。
読者がオススメの本と推薦文を店頭に並べてくれるという
本好きなら大興奮の企画である。(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

その推薦本が企画に通ったということで
北海道民レビュアーの「よし、オラ東京さ行ぐだ!」の声をキッカケに
あれよあれよと当日現地に行くぜメンバーが膨れ上がった。
そして総勢18人オフ会が行われることになったのである。

オフ会自体は今まで何度も参加しているが、
20人近い「初めまして」ばかりのオフ会はかなり久しぶり。
毎日会話をしていても、顔は無論
ヘタすると年齢も性別も不明というネットの向こう。
どんなサプライズが待っているかと、ワクワクする。




で当日、ツイッターで連絡を取りながらBOOKPORT大崎ブライトタワー店へ。
初めまして様ばかりで誰も顔が分からぬが
なんとなく人だかりができているほうへ近づく。
「本が好き!の方でしょうかー。はるほんですー」

■サプライズはワシか。
20161018-5.png


何かガッカリさせたならすまん(笑)
いやうんワシ、ネットでも性別をはじめガッカリ感多いからさ。
ただ北海道から参戦した当のレビュアーさんは
「うん、こーゆーカッコしてる人だと思ってた!」と納得顔だったけど
なんかヘンだった?えっ?




とりあえずは棚マル企画の写真。

■企画初日 →→→→ 当日の比較
20161018-1.jpg

コレが結構売れているということで、棚にかなり空きがあるのだが
ソレはソレで嬉しい誤算。
だがガッツリ買い物するつもりで行ったので、ちょと残念…。

ちなみに今回の選書リスト。
 ◇「やっぱりわたしは本が好き!フェア」展示販売書籍リストを公開します!!
ついでに選書までの推薦本掲示板
 ◇「やっぱりわたしは本が好き!フェア」を開催します!!

■ワシの推薦本
20161018-2.jpg

左から・十二単衣を着た悪魔
   ・ぼくには数字が風景に見える
   ・猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記



■とPOP
20161018-3.jpg

なんとポップを作って送れば、それも一緒に置いてくれるという。
思わず作っちまったぜ。
勿論大きさとかもバラバラしちゃうんだけど
「読者参加」っていう熱意が伝わっていいなって思った。

フェアは10月3日~30日まで。
売り切れ本もまた入荷されるらしいので
お近くの方、選書リストにご興味を持たれた方は是非是非~~。






※ここから非常に内輪向けとナリマス。

本屋で買い物して、そのあと3時間ばかり会食しただけなので
一人一人とじっくり話すとかはできなかったのだが
本好きらしいオフ会でめっさ楽しかった!

まず今回のオフ会に際して、4人の女性が幹事にまわってくれた。
会場手配に各自連絡、そして当日つける全員分の名札を作ってくれたのだが
コレが内輪ネタ炸裂で爆笑。


■手作り名札一覧。これはすごい。
 ※一部2枚セットの名札アリ
 ※個人情報を敢えて意味深に隠した←しなくていい
20161018-4.jpg

なのでキャラ付けもコレでやる。

■大感謝・幹事四天王
20161018-6.png

いやもうホント、こんな短期間でいつの間に!と思う程
いろんなものを準備してくれてビックリ。

標準語が耳に入るとついそちらでアウトプットしちゃうんだが
Sさんと関西弁で話をするべきやった。残念。
Rさん、撮影の時のクールな対応が妙にツボったっす。
SJさん、ジョジョ絵描いたのSJさん!?今度スケブもってくから!
Cさん、サイトの発言から怖いおねーさんだったらとワクワクしてたけど(笑)
すんごいイイ人そうだったのでギャップ萌っした。




──ところで、オフ会前からあるウワサが立っていた。
Kさんは閻魔帳なるものを所持していて、
それを開けばサイトメンバーの全てが記されており
彼女の前で嘘偽りを申さば、舌を引っこ抜かれて
無限の積読地獄に堕とされるとか堕とされるとか堕とさ(他に選択肢ないのか)

■えんまちょう
20161018-7.png

確かに彼女はネットで会話をしていても
非常に細かいことまでキチンと記憶している人なので
比喩的なアレだろうとタカをくくっていた。
が、まさか本当に実在するとか
おやノックのおとがこんなじかんに誰か来

(しばしの不在)

いやウワサはウワサだよねうん そんなものあるはずないよねうん
ありませんありません
だからはほんとごめんなさいゆるし



さてオフ会は飛び交う本から始まった。
事前に放出本を提示し、「欲しい!」と声がかかったら持って行くという
本にやさしい・カバンに厳しいシステムがあったからだ。
自分も6冊ほどあげる約束をしていた上に、本屋で本を買い、
更にもらう本もあったからワケが分からない。

おまいら家に積読があるんだろう!
その上ナニ本とか増やしてんだよ!(オマエモナー)

いやうん、本好きオフ会はマジでカートいるわカート。

>>>>>>>あげた本
ワザとここに晒して圧を掛ける。(笑)
イヤ別にコレは書評必須じゃないけどね?ね?

Kさんに「犯罪は老人のたしなみ」と「美しい星」。
いやごめんなさ
幹事のSさんに「死神もたまには間違えるものです。
Tさんに「ロボット・イン・ザ・ガーデン

Tさんは分かりやすいように当日の服装を箇条書きでツイされており
確かに非常に分かりやすかったのだが(実際見て分かった)
若干ナニカの手配書のようで
密かにワタシが吹き出していたのはナイショだ。

■迷い犬的な。
20161018-8.png


Wさんに「父・夏目漱石」。
Pさんに「世界のお墓
このお二人は、なんとなく自分が思い描いていた通りのお姿で感動した。
とくにPさんはなんの根拠もなく、ショートカットでメガネ女子だと思ってので
お会いした瞬間、「そっくり!」と叫びたかった。(ソッチが本人だよ失礼な)

■この画像使うとシュールだな
20161018-9.png


>>>>>>>もらった本
イヤ別に書評必須じゃないもんね!(自分の時だけ)

Kさんより「ゲイ短編小説」と「イワン・デニーソヴィチの一日」
Wさんより「花合わせ」

コレはもらう予定ではなかったのだけど
「きっと好きだと思う!」とわざわざ持って来てくれたのだ。
いやなんか好みから本を貰うって、ちょっとラブレターみたいでドキッとするぜ。
「ほ、惚れてまうやろーー!」と叫びそうになったのを堪える。
今回自分、イロイロと不審者。

■惚れてまうやろー!
20161018-10.png

幹事のSJさんから「トルコで私も考えた 料理屋編」
Iさんから「谷根千小さなお店散歩」。

Iさん、本に付箋までつけてくれててめっちゃ感激。
さりげに展覧会の割引券のしおりが入ってた。

■やだもうワシの好きそうな内容。(*´Д`)
20161018-11.png

「ほ、惚れてまうやろーー!」(その2)と叫びそうになったのを以下同文。
今回自分、イロイロと以下同文。


席が隣だったYさん。
ネットで喋ってた時から、生息範囲が近いなと見当をつけていたのだが
今回余りに(距離じゃなくて)近いことが判明してワロスというかワロエナイ。

■マジワロエナイ
20161018-12.png

個人的にエエとこの若旦那はんを地で行くような人でした。(笑)


そういえば、上に書いた「予想と違う」というはるほん像。
その第一声をあげたのがPSさん。
「え、じゃどんなのを想像してたの?」と尋ねると
「……猫?」と言うお答えを頂いたのだが、
それはどうしたって期待に応えられないすまない

■はやくにんげんになりたい(Pさんのなかで)
20161018-13.png


オフ会メンバーは自分の中で割と「妄想範疇」にあったのだが、
少し「意外」だったのはHさんかもしれない。
オモシロ書評からはっちゃけた感じを妄想していたのだが
いや確かに名札通りの「姫」じゃあーりませんか!!!

■ホント、書いてもスゴいんですこの人。
20161018-14.png

この微笑みでアレとかコレとかの評を書かれたのかと思うと
「ほ、惚れ」から全部以下同文。
いやもうギャップ萌えってハナシじゃねぇぞっていうね。




そしてオフ会は企画その1の「本交換」へと移る。
事前に各自本を1冊用意し、ランダムに交換。
コチラは書評必須というお約束。

ワシはAmaz○nで購入した本を袋のまま持って行ったのだが←
隣の席のTZさんが、スゴイ素敵にラッピングした本を抱えている。
思わず「乙女か!!!」と全力でツッコんだ。

■ホント条件反射的にツッコんだ。
20161018-15.png


浪漫あふれる評が十八番のTZさんは、ホラーが苦手。(乙女か!)←ツッコミ
幹事のRさんははじめから「ホラー本もってく」と宣言していたので
それだけはむりと全身で拒否していた。
そして「マイムマイム」の曲で始まった交換会。
スマホの調子がアレだったのか、一瞬曲が止まる。
その瞬間、TZさんの手には例のホラー本が。

はるほん挙手。
「ストップ!TZさんがホラー本持ってるから!!」
みんなが了解して、交換会はそこで終了。(酷)
あとは固まるTZさんの姿が。

いやあ、持ってる男だよTZさん。(・∀・)ニヤニヤ



ちなみにはるほんの差し上げ本はコレ。

滋賀本 (エイムック 3430)滋賀本 (エイムック 3430)

エイ出版社 2016-06-27
売り上げランキング : 78509

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやもうぜってーコレって決めてたの。
その幸運なる獲得者はSKさん。
いやあ、お前も持ってる男だぜ…!(サムズアップ)

■いやほんとによろこんでくれたんだよ?←
20161018-16.png

評をあげるかさもなくば滋賀に旅行するように脅し
譲歩もつけてたんだけど、既にサイトで書評あげてくれた。
あんまり感激したからリンクしちゃうんだぜ。

そして幹事のSさんから「名づけそむ」という漫画をいただき。
その日のうちに読んじゃったので、そのうち書評かきます!


しかし今回、いろんな意味で話題をかっさらったのがKKさん。
だがっ!スゴすぎてここには書けないッッッ!!!(※個人情報なので)
興味のある人はぜひKKさんとオフをするがいいッ!!

■ラスボス
20161018-17.png


個人的にKKさんとおみやがカブったことが驚きだった。
むうッ…、コヤツできる…ッ……!




更に企画その2「小説イントロクイズ」開催。
みんなが冒頭文を書いて提出し、本と出題者をあてっこする。
ココで告白する。すまぬ。
ちゃんと持ってったんだけど提出すんの忘れた。
(あのタイミングで出したら出題者バレるしなあと思って)

しかしこのクイズが非常に盛り上がった。
どっかで読んだ気がしてもタイトル思い出せなかったり、
読んだのに全然冒頭が記憶になかったり。
案外わかんないもんだなあと思ってたら
コレがズバッとあてる人もいてΣΣ(゚Д゚;)マジビクーリ!!

本の好みから出題者まで即答する人があったりと
つくづく本ってのは人が出るモノなのだなぁとしきり。
いやそれも書評を通じて、ネットで流れた交流の歳月があるからだ。
あなたを知らないのに、あなたを知っている。
そんな不思議な繋がり。

オフ会で見えた「顔」はやっぱりあなただったなぁと
そんな想いを実感したり。




──戦い済んで日が暮れて
最後はサイト運営者のSPさんとWKさんのご挨拶。
急だった所為か、特にSPさんがモジモジされてたのが印象に深い。(笑)
Wさんと時々目線をチラッチラッとあわせ、会を締めくくる。

■未遂ツッコミ。
20161018-18.png


その様子に「夫婦か!!!!」
とツッコもうかツッコむまいか悩んだのが、一応やめておいた。
というコトをここでも告白しとく。




内輪ネタレポで申し訳ないっす。
急きょ決まったオフ会だったので、
お誘いできなかったサイトレビュアー様にも申し訳。
でも機会があったら是非!オフ会パート2やりませう!

あわせて今回の企画に尽力くださった
BOOKPORTブライトタワー大崎店の方々(オレオごちそうさまです)
運営側の方(無理を通して参加いただき、ありがとうございます!)、
I亭さんをはじめ多くのサイトレビュアー様たちに感謝です。

いやー、棚マル企画楽しい!!
コレは全国の書店で流行っていいレベル!


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。