プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

939

WJ2016年45号

wj


ONE PIECE842 「満腹の力」
引き続きルフィ対クラッカー。
珍しいルフィとナミのバトルコンビ。
ナミの降らせる雨で固いビスケットがサクサクに…
ってフツー湿気てへにょんへにょんになるのでは。(笑)

しかしナミさん、いろいろ悪い女だぜ…w
ルフィが泣きながら食うなんて初めてだなww

一方サンジは、例によってレイジュに傷の手当てを受けている。
漫画なら数コマであとかたもなく治る筈のケガが(笑)
わざわざパックとやらを使って治すのは、なんか意味あるのかね。
ヴィンスモークの(医療)科学を示しとく必要があるのか、
単純に兄弟が手加減なしにやったっつー話なんかな。

さてココでデタ!サンジの騎士道話!
ゼフの影響も期待してなくはなかったけど、まさかそうとは!
ゼフが「女は蹴っちゃならねぇ」って言うから
サンジもずっと「死んでも蹴らん」ってスジを通してたんだな。

とはいえ、女にやさしくするタイプじゃないから、
ゼフのは硬派なレディファーストなんだな。
海賊やってた頃も、女性だけは手出ししなかったのかもしれん。
その割には子供(サンジ)には容赦ないから
ある意味、筋金入りの「女性崇拝主義」なんか。

サンジが女を蹴ったら、ゼフまで死ぬという。
それが「親の落とし前」だという。
サンジはゼフの「子」でありたいから、その仁義を通してるんだな。
ソレが軟派なレディファーストになったのは誤算かもしれんが(笑)
それでも自分の言葉や行動がサンジを育てていることは
きっと分かってたんだろうなあ。

サンジがそれにいじらしく応えようとするのも分かる。
弱く生まれて「恥さらし」だった自分に
己の罪の為に死ぬという人間があらわれたのだ。
自分の作ったマズい飯を食べてくれた母親のように
自分をすべて引き受けてくれた男。

そう思うと、バラティエを去る際のサンジの
「この御恩は一生忘れません!」の言葉が、一層重みを増す。
ホントに一生、サンジはゼフの流儀で生きるつもりなんだな。
血の繋がりはなくとも、ゼフは良い父親だ。
サンジはイイ息子だ。……ぐすっ(´;ω;`)

どうでもいいが、ヴィンスモーク家の馬車…いや猫車?
ジャッジめ、あんな顔でこんなの作りやがって…!
チクショウかわいいじゃねぇか!!!!(ホントどうでもいいな)

また場面は戻って、ルフィがギア4出したりというくだりもあるのだが、
やっぱこの章はサンジのアレコレが気になるので、その話。
自分もゼフとサンジの関係はすごく好きだが、
でもやっぱりジャッジはジャッジとして気になるのだ。
ゼフがよい義父だから、ジャッジがカスでいいとは思わない。

先ほど書いた「腫れだけに効くパック」、
別に何の関連もないアイテムなのかもしれないが、ちょと気になる。
小林●薬とかから出たら(笑)、売れそうじゃん。
とりあえず急場をしのげるという意味ではスゴイのだが
レイジュの言う通り、傷を治さないのでは根本的な解決にはならない。

回想シーンで、「分からねぇ女は蹴ればいい」と言うサンジの台詞に
ちょっとドキッとした。
ヴィンスモーク家では異端なほどやさしい子ではあるが
「力が全て」という考えも、サンジの中に無くはなかったのだ。
ゼフのお蔭で、それは摘み取られたが。

それはヴィンスモーク家の在り方そのものだろう。
力が全て。弱いものはいらない。
ならなぜ兄弟たちの母親は、国の末尾ながら生きながらえていたのか?

腫れを引かせても傷が治せないように、
ジャッジは妻を小康状態に保つことはできても
病気を治療することは出来なかったのではないだろうか。
クローンは作れても、妻は健康体にできない。
疑似生命は生み出しても、病因は取り除けない──

いつか治療できる・したいと言う想いから、
ジャッジは妻を手元に置いていたのではないか、と思ったり。
またヨンジが言いかけていた
「ちゃんと生まれたかのような記憶のあるクローン」も
兵士としては余計な機能と言わざるを得ない。
コスト的にはサイボーグの方が便利がいい。

「エリート」であるイチジやニジならひょっとして
治らない病身の母親など「不要」と考えるのではないか。
少なくともジャッジには、それは出来なかったのだ。
──ジャッジは本当に戦争のためだけにクローンを作ったのか?
いやそこまでベタな話じゃなくてもいいんだが、
なんとなくジャッジには、もう1枚裏があるように思うのだ。

サンジにとって「父」は、やはりゼフだろう。
それはそれでいい。
が、ジャッジをはじめヴィンスモーク家という枷が
サンジから外れる話であって欲しいな。
「倒す」と言う意味だけでなく。

で、来週休載なんだよなー。
しかたないけど早ジャンプの後の休載とか、なげぇわ…。


新連載:「歪のアマルガム」。魔物人外モノかー。
    シリアスな話の割にキャラの顔が可愛いけど、とりま様子見。
ヒロアカ:見た目コワイヒーローってどうなのよ(笑)。個人的には好きだけど。
     「自分で助かれ」ってヒーローもまた潔いがね!!
ハイキュー:旭さん、いろいろ繊細やなあ…。
ブラクロ:アスタの大ゴマはちょっとじんとしたねー。
     さあバネッサ姐さんの活躍期待!!
銀魂:ひさしぶりの空知節が沁みるなぁ…!
   なのに最後イイ感じにまとめちまうんだからもう。
サモナー:人気投票結果ネタはよくみるけど、事前準備とはな!
     むしろトンガリ委託ネタ期待。
相撲:天王寺笑えるのか…!つか笑うと眉毛出るのか…!(驚愕)
食戟:まあ美味いんだろうけど、メンチ苦手やで食指が動かん…。
ネバーランド:ああ、あのメガネの子の伏線はコレか。
       ノーマンが黒くなってくのもまたよし。
ゆらぎ荘:オクテの割には雲雀ちゃん、あるあるな萌えっ娘を掴んでるな 笑
鬼滅:いやあ善逸話面白い。きゅんとしてるじーちゃんがまた(´∀`*)カワエエ
ダンス:もう部長姉が月影先生にしか見えないんだけど。
斉木:さすがにウチの田舎でも小学校までだったぞ、芋掘り。(笑)
ラブラッシュ:うーん、たしかに定番のハーレムモノなんだが、
       どうも主人公が安定し過ぎてていまひとつ…。
ワ―トリ:おお、やっぱA級は違うんだな!
     やっとヒュース入隊!次のランク戦がめっさ楽しみやで!!
磯兵衛:ちょwクラーケンがめっちゃ平面www

きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-10-10 (Mon)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。