プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

936

WJ2016年44号

wj


ONE PIECE841 「東の海へ」
鉄仮面をつけられ、地下牢に閉じ込められたサンジ。
食事以外は仮面の鍵を外すことは許されず、
ひとりの監禁生活は6ヶ月を迎える──

ヒサンな話だ。
また境遇としては非常にロビンちゃんと似ている。
サンジがロビンを「ちゃん」付けで呼ぶのは
どこかに相通じるものを感じているからかもしれんね。
オマケにサンジは「肉親に」疎まれていたのだから。

──が、ちょっと思うところもある。
逆に言えば、食事はきちんとしたものを与えられ、
のぞめば本や道具を差し入れてもOKなのだ。
ジャッジ本人も、わが子を殺すことだけは躊躇ったと言っている。
最悪の父親でありながらも、底辺のクズではないのだ。

そもそも地下牢にいるのに、鉄仮面を付けなくてはならないのは何故だ。
サンジだけではない。
ジャッジ自身も顔を隠している。
「顔を隠す」必要性はどこにあるのか?

甘い期待かもしれないが、ジャッジの中には「情の深さ」があり、
それを自ら禁じている部分もあるんじゃないか、と思ったり。
己の顔を見せない事で
サンジの顔をみないことで
冷徹な国王と言う仮面を保っている──、そんなことを考えた。

今回登場したサンジの母親は、病かなにかで臥せっているらしい。
いかにもやさしげで、子に惜しみない愛情を与える母親に見える。
産後に身体を壊した可能性もなくはないが、
元より病がちな女性だったとしたら、
「冷血な国王」が王妃に選ぶことはないんじゃないか。

イチジとニジとヨンジは「理想」だ。
感情すら捨てた戦闘人間なのだとレイジュは言った。
つまりレイジュとサンジは少なからず、両親の性質を受け継いでいる。
それは母親だけの性質だろうか?
自分はどうも、ジャッジにも分かりにくい「情」が在るように思えたのだ。

もうやっべぇなあ。
これでジャッジが超ツンデレだったら、鼻水飛びでるで。(笑)
ココの真のボスは父じゃなくて、イチジ・ニジじゃないかって気がする。
情の無い、戦闘バイオ人間──
ジャッジやレイジュには恐らくできないだろうが、
彼らはその気になれば、父や姉も排除「できる」ように思えるからだ。

ヨンジはそれ以前に馬鹿の匂いがするので(笑)、除外。
反面、人間臭さの片鱗があるような気がしなくもないし。

にしても、レイジュがやっぱり「捨てきれてない」子なのはよかったね!
保身と言う計算高さはあるものの、
サンジにやさしくしたくても出来ないという葛藤もあったのだ。
「必ずやさしい人たちに会えるから!」と言う台詞は
自分の代わりに誰か、弟にやさしくしてやってくれという叫びなのかもしれない。
レイジュたん…。

いやうん、ここまで全部妄想。
そしてここからも全部妄想。(なんなんだ)

サンジは恐らく、レイジュの内面は察しているだろう。
表立って味方にはなってくれないが、
姉としてのやさしさを秘めているのだということは。
また激マズの料理を満面の笑顔で食べてくれた
母親の深い愛情と強さにも、今は気がついているだろう。

サンジの騎士道精神はここにあるのかもしれない。
弱かった己が女性たちに守られていたことで
女性たちに惜しみない感謝のキモチがあるのやもしれない。
確かにこの頃、母親とレイジュが居なければ
サンジはもっとすさんだ心の持ち主になっていたかもしれないのだ。

まあ、単純に女好きなとこもあるんだろうが。
待てよ、その資質はまさかジャッジから?(笑)
だってヨンジもカワイコさんには興味ありありっぽいしな!(笑)

一方、父親についてはどう思っているのだろう。
それが分からないから、サンジはここに戻ってきたのではないだろうか。
その気になれば地下牢で飢えさせることも
海に放り込むこともできたのに、それをしなかった。
「仮面の鍵を持って逃げる」ことを看過したジャッジは、考えすぎかもしれんが
「ヴィンスモークの名を捨てた方が生きやすい」ことも示唆した。
その真意をサンジも、ずっと疑問に思っていたのではないか、と。

が、結婚を勝手に決めるわ、海上レストランを人質にとるわで
今のトコロ、ジャッジの株価は下がりっぱなしである。
果たして本当にただのクズオヤジなのか、
それともゼフの「クソジジイ」に次ぐ「クソオヤジ」の称号を手に入れるのか。
(恐らくサンジの中での最上尊敬語・笑)

で、サンジに気を取られてたけど、ルフィ戦ってたんだったな!(ヲイ)
ビスケットとはいえ、動く人間型の物を食うとか映倫やで…。
しかしそう考えると、ココならどんな敵と戦っても
基本的には食う事で戦えるんか?(イヤ限界あるだろ)

ところでレイジュはママそっくりやね。
レイジュもサンジのように、たまにママんとこ行ってたのかな。
だからサンジのことは「弟」だと思えていたのかもしれんね。

カーチャンがいい人で、ホントよかったお…。・゚・(ノД`)・゚・。


ハイキュー:なるほどー。影山の間違いを指摘できるように
      日向はゲームを視ることを身に着けたって展開なんだな。うんうん。
ヒロアカ:被災者が的確な指示と採点ポイント言ってるのがおかしいw
     夜嵐くんはエリート嫌いなんかね。
ゆらぎ荘:ツインテに貧乳(でもないが)縞パン…、鉄板やなあ。
ブラクロ:野菜も食えよー、おまいら。
     今回背景真っ白なコマ多いけど、いつもこんなやっけ。
サモナー:ヤーさんって左門気に入ってたとかいう回なかったっけ。
     カス虫すぎてどうでもよくなったのか。
鬼滅:「口利かないから」ってきいてるよ善逸(笑)
ネバーランド:いやフツーにこえーよこのシスター…
   まあ味方つっても、せいぜいイザベラを蹴落とす同志になろうって程度だよね。
銀魂:土方が禁煙…。時代か…。
金未来杯:「バラバルジュラ」。ブリーチとエヴァ足して2で割ったみたいだな。
     女の子がむっちりしてるのは絵柄としてええと思うよ!
     でも骨格がおかしいのはちょっと気になるで。
超能力:相卜さん、黒髪メガネもいいんじゃないかw
    斉木、なんだかんだと自意識過剰な照橋さんイイんだね。
食戟:なんかまたすごい眉毛きたけど。
読切:「ボイス ビー アンビシャス」。うすた先生路線だなあ。
ラブラッシュ:けもみみはともかく、肉球はいいな!
相撲:なんか部長、顔のパーツがスゴイ真ん中にいってないか。
ダンス:金龍院、痩せてた時はタッパもあったのか?
     タテの分がヨコにいっただけなのか!?(笑)
     でもこれまたいいコンビの描き方だよね。いい回想。
閻魔:たくあん、ホントにそのまま大人になってんだけど…。
磯兵衛:お疲れなのか?作者…。

きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-10-04 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。