プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. -

    2016-09-30 (Fri) 21:26

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2. はるほん

    はるほん

    2016-10-03 (Mon) 07:30

    多分人違いだと思います~。
    見つかるといいですね!(´∀`*)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

934

女官 明治宮中出仕の記

女官 明治宮中出仕の記 (講談社学術文庫)女官 明治宮中出仕の記 (講談社学術文庫)
山川 三千子

講談社 2016-07-12
売り上げランキング : 18814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小説ではなく、実録手記の類である。

女官、すなわち宮中に仕える女性職だが
女官は宮中内でのことを親兄弟にも漏らさぬよう躾けられていたため、
長きに渡ってグレーゾーンであったらしい。
昭和35年、明治天皇の皇后に仕えた久世三千子の記録が出版され
宮中内部が初めて明らかにされたという。

歴史的興味から手に取ったのだが、歴史小説を読んでいるように錯覚する。
鎖国も解かれ、文明開化という言葉も遠くなった明治末期である筈なの
そこにまだ平安京がうすらぼんやり残っているかのようだ。
いや、恐らくそうなのだろう。
幕府と言う武士の時代にも、京の宮家や公家たちは
時流に逆らい、こうしてしずしずと生き抜いてきたのやもしれない。

華族出のお嬢様らしく、本文は公家ことばも交えて
徹底した尊敬・謙譲・丁寧語で書かれている。
ある意味、専門用語満載の専門書のような読み辛さもあるが(笑)
その浮世離れ感が味にもなっている。
時折皮肉とも悪口とも思えるような事柄も書かれているのだが
お上品過ぎてそうと聞こえない。(笑)

女官には位があり、女官長典侍を筆頭に
典侍・権典侍・掌侍・権掌侍・命婦・権命婦…と続き
それぞれは本名でなく、いわゆる「源氏名」で呼ばれる。
まさに源氏物語絵巻の世界のようだ。

明治天皇の時代には、側室が公的に存在した。
上の「典侍」がこれにあたる。
明治天皇と皇后の間には子が出来なかったため、
典侍の生んだ皇太子が、のちに大正天皇となる。
三千子はその典侍の世話で、宮中に入ったのだった。

つまりは結構な後ろ盾があった訳だが、
女性社会なりのイヤミやイジメは割にあったらしい。
そもそも女官がほぼ華族や士族出に限られていたうえ(※絶対ではない)
それによってお役目が決められる。
下の身分になると、宮中にあっても天皇に会う事すらない。
「格差」が出るのも、まま当然と言えば当然だろう。

また「次清」(※不浄とお清め)と言う区別があり、
腰から下に触れた手で、腰から上のものを触ってはいけない。
つまりはポケットに手を入れると、もう日常作業はできないのである。
更に神事が関わると、風呂から入りなおさねばならなかったり、
その行事自体に参加できなくなったりする。

今でも宮中祭祀には潔斎があり、今も「血の穢れ」という考えがあるときく。
ふと思ったが、女性には月の障りがあることから
「女性天皇」になった場合、行事にも差し障りがでるのではないかしらん。
男女差別と言う思想もなくはないのだろうが、単純に
男性の方がシンプルに済むというメリットがあるんじゃないかと思ったり。

この頃はまだ「開かれた皇室」よりずっと以前だから
天皇と皇后、また皇太子も別々に住まいがある。
それぞれに仕える女官は正に「身の回りの世話」で毎日が忙しい。
また神事を含む年中行事もある。

普段は丸袖に袴(恐らくハイカラさんのような格好)や
丈の長い洋装であったと書かれていたが
神事には桂と袴をつけて立ち働いたとあるから、
女官たちは動きづらかったろうが、さぞかし壮観であったろう。
時が止められたような宮中の典雅さに、ほうとなる。

そもそもはグレイゾーン過ぎたため、
世間や小説で好き勝手に想像される皇室を
「そうではありませんのよ」と書かれたものであるようだ。
「開かれた皇室」の時代と共に、そういう歴史が紐解かれることは
歴史ファンとしては純粋にうれしい。

が、最後に某教授が「宮中の闇」というあとがきを寄せていて
なにがなんでもゴシップ的な暴露本の位置づけにしたいのかと
個人的にちょっと興ざめする部分があった。
とはいえ恐らく、結構な推敲や検閲があったろうとは思う。
それはプライバシーとロイヤリティもあり、やむないことだろう。

ともあれ明治宮中の一級資料という位置づけは、納得である。

個人評価:★★★★


ひさしぶりにバカゲーアプリ。

■ダニエル!!今はフリーキック中よ!
20160929-1.png  

リンク先はiOS用だが、Androidにもある。
もうホントにタイトル通り、ダニエルーーーッ!ってカンジ。(笑)

20160929-2.png

基本的にはフリーキックゲーム。
ゴール内の的にボールを当てればクリアなのだが
この筋肉ダルマ・ダニエルの執拗なディフェンスがスゴイ。

20160929-3.png

審判にあてるとレッドカード、ゲームオーバーである。
ダニエルよりむしろ審判の方がジャマ。

20160929-4.png

イヤもう審判、絶対仕事してねぇ。
こんなヤツあてられて当然なのにカード喰らう理不尽。(笑)

20160929-5.png

審判!この人数ルール違反やろ!仕事しろよ!!(大笑)

20160929-6.png

※銀のダニエルがいる 稀に金のダニエルも出てくる
もうこの辺りになると、故意に審判にぶちあてたくなる。

20160929-7.png

ワケ分からんのだが、コレがハマる。
ヒマがあったらやってしまう。

フリーキックっつーよりフリーダムキックだけど
このバカさに興味のある人はどじょ!

関連記事
スポンサーサイト
2

Comment

  1. -

    2016-09-30 (Fri) 21:26

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2. はるほん

    はるほん

    2016-10-03 (Mon) 07:30

    多分人違いだと思います~。
    見つかるといいですね!(´∀`*)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。