プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

928

死神もたまには間違えるものです。

死神もたまには間違えるものです。 (新潮文庫nex)死神もたまには間違えるものです。 (新潮文庫nex)
榎田 ユウリ

新潮社 2016-08-27
売り上げランキング : 4675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前作のここで死神から残念なお知らせです。
結構面白かったので、続巻も買ってみた。

タイトルにあるからには死神の話なのだが、
レトロタイプの死神ではなく、モデル顔負けのイケメンのなりをしている。
何故と言われれば、ライトノベルだからだろう。(笑)
しかし顔はどうでもいい。
この死神、性格がイイのだ。

ただし「良」い性格ではない。
いわゆる「お前イイ性格してるな」の方である。
だが言っていることは至極真っ当であり、間違っていない。
容赦なく人間の希望を奪い、完膚なきまで絶望を与える。
結果的には「良」い死神かもしれない。

イケメン死神の仕事は、保険員だ。
が、会社や企業にやって来て営業スマイルを振りまいたりはしない。
人間の中にはたまに「死んで」いるのに
「生きて」いるかのように動き続ける者が出るのだ。
その者の肩をポンと叩いて、こう言う。
「ハイ、あなたもう死んでますから。ご愁傷さまー」

動いていても、脈も心拍も止まっている。体温も下がっている。
だが「綺麗なゾンビ」でいられるのは一定期間だけで
放っておくといきなり腐り落ちてしまう。
人間社会にそんなR15のパニックを起こさないための、
彼は処理要員──、すなわち死神だ。
そのサービスの一環として、保険もやっているというワケだ。

今回は接触事故を起こしたバスから、そんな人間が4人も出てしまう。
現実を受け入れられないゾンビたちと、
サクサクと説明してホイホイと処理を遂行する死神。
その温度差がコミカルで──、痛い。

いくらでもハッピーエンドに繋げることが出来そうな流れに
死神は正論を吐いて、その糸をブチブチと断ち切っていく。
酷い。
けれどその正論は動かせない。
「私には生きる理由が出来たんだ!」
「死ぬと分かったらいきなり必死になるパターンですね
 でもそんなルール、ありませんから」
 
よくこんな質問がある。
「あと1日で死ぬとしたら、どうする?」
「世界が滅亡するとしたら、何をしたい?」
心理テストやSNSであるあるな質問だが
この答えをリアルに肌で感じることは、そうないだろう。
死神の言う通り、そう感じた時は既に時間がないだろうから。

思い残すことなく死ぬことは、できない。
自分はそう思っているし、それでいいと思う。
出来ないことが山のようにないと、人生80年も退屈で生き抜けない。
けれど最後に「思い残す」ことがあるのと
「後悔」だらけなのとは少し違う。

ラノベである。
イケメンが出てくるあるあるなタイプである。
けれどほどほどに優しくて適度に強引で病的に気が利くような
都合のいいカレシにはなってくれない。
ひたすら冷たくて強制的で、KYな現実があるばかりだ。

ラノベである。
だがトキメキはない。
けれどふと、己が「今」を生きていることを意識させられる。
確かに自分達は無意識に生きているのだなと思う。
──ん、いや待てよ?

死神のクセに「生きている」ことを実感させるなんて
実はオマエ、「悪」い死神なんじゃねーの?

個人評価:★★★★


ホネツイまとめ。人力車作ったった編。

20160919-1.jpg

「旦那!乗っていきやせんか!」
「…作ったのかよ」


20160919-2.jpg

「まぁイイや、やってくれ」
「へいっ!」


20160919-3.jpg

「…お約束だな、オイ」


イキオイで作ったが、ガチャで人力車があることを
ツイッターで教えてもらったので今度探すぞ!

まあソレはソレとして、百均の工作用紙が(・∀・)イイ!!
ほどほどに硬さがあって加工しやすい。
百均いいよ百均。




ばーちゃんの納骨でしばらく帰っとりました。
帰りに京都タワーを見ながらゴハン。

■逆さ富士ならぬ逆さ京都タワー
20160919-4.jpg

窓越しのテーブルに映った京都タワー。
相変わらずモッサリしてていいよね京都タワー。(褒めてます)


■友人宅への土産
20160919-5.jpg

ラムネわらびもちと言うのが関東限定で売ってて
一時話題になっていたが、興味ないので買わなかった。
が、クッピーは好奇心に負けてしまった。(笑)

わらびもちはフツーにわらびもちで、味がほとんどナイ。
だが添付の粉が間違いなくクッピーラムネ。
口に入れた瞬間わらびもちの存在は消失し、クッピーだけになる。
もうクッピー食ってんのと変わんねえの。

クッピー恐るべし。


■滋賀ジャンクフード土産。
20160919-6.jpg

ポテト多分、仙台でも松坂でも売ってそうな気がする。(笑)
コーヒーはUCCから出てるやつで
京都や神戸を揃えた関西セットみたいなのがあるのだ。

だがふなずしキャラメルは、滋賀作として安全を確かめねばと思った。
昔、芸能人でイカメシが入国審査に引っ掛かったというネタを聞いたことがあるが
ふなずしもかなり危険度高いと思う。

口に入れると、カールのチーズ的な味が広がる。
まあ発酵食品だし、キャラメルだからこんなのもんかと
ソレなりに安全確保されていることを確認。

が、ものすごくよく考えながら食べると、甘味の底に
そこはかとなく生臭さが見え隠れしている。
無心で食べた。(あかんやん)
でも少なくともモノホン食う前に、肩慣らしに食うのにはいいと思う。

滋賀番宣でした。(勧めてねぇよ)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。