プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

920

WJ2016年39号

wj


ONE PIECE837 「ルフィvs将星クラッカー」
今回はストーリーに大きく絡んで気になるところはなかったので
細かいとこを2つほど整理しようかね。

1つ目はクラッカーの能力。
先週は気が付かなかったけどクラッカー、
手だけじゃなくて足も4本に増えとるんだな。
叩いたらどこでも増えるのか。
ぱっと見はロビンのハナハナの実の能力に似ている。

まだよく分からないが、違うのは
「持っている武器も増えている」という点か。
ハナハナの能力は身体細胞を瞬時に増やしてうんぬんであるらしいが
クラッカーは持っているものまで複製できるか
もしくはそっくり「コピー」している訳だ。

 ハナハナの実と同等or上位変換 
 コピー能力


今回のラストはいったんルフィが優位に立ったが
懸賞金8億ともなれば、雑魚ではなかろう。
やりこめられたからこそ、クラッカーが「真の力」を出す可能性もある。
例えば更に体の部品や数を増やすといったような。
しかし「どこまで」増やせるのだろうか?

ハナハナの実の能力は、視認できる場所にまで身体のコピーを作れるし、
最近ではロビン自身の分身まで作れる。
制限があるとしたら「自分の身体」のみと言う点だ。
(※分身も服を着ていたが、コレはまあ少年漫画の措置であろうと・笑)
ロビンが体を鍛えてムキムキマッスルボディーになったら
相当な能力者になると思うね!イヤだけどね!そんなロビンちゃん!

さてクラッカーに話を戻すが、今の時点では
己自身からしか身体を増やしていない。
 ・身体もしくはそれに付随するものが何でも複製できる
という制限があるとしたら、千手という異名も納得だ。
まさに手足を無数に増やして、力押しの攻撃が出来る。

だがロビンのように多少の近距離までコピーが可能なら、ちょっと厄介だ。
槍や弓といった中距離攻撃が可能になる。
また己の分身などが作れると、更に厄介になる。
一人でクラッカー小隊みたいなの作れたりとか。
8億という値を考えると、無いとも言いきれない。

クラッカーの能力=コピー系能力?という予想が強いのだが
またはそういう「モデル」のヒトヒトの実能力の可能性もなくはない。
異名からつい千手観音を想像するが
足が増えている事から、どちらかというと阿修羅かとも思ったり。
阿修羅といえば三面六臂のイメージが強いが
いろいろバージョンがあり、顔やら手足がすごい数の怪獣みたいのもあるようだ。(笑)

だが千手観音にしろ阿修羅にしろ、
非実在の生物の悪魔の実は不思議なシロモノである。
戦国の大仏モデル、マルコの不死鳥などだ。
古代種はまだ「存在」はしていたのだからいいとして
「いないもの」から能力の実なんてできるのか?

幻獣種は、人工悪魔の実の原型なんじゃないだろうかと思ったり。
「いないもの」の実すら生まれるのであれば
人工的に悪魔の実が作れるんじゃないか。
この発想がSMILEのもとになったんじゃないか──?、と妄想。

以前の空島で鳥のピーエルがウマウマの実を食べて
ペガサス──のようなモノ(笑)になっていたが
ピエールから「ペガサスモデル」のウマウマの実を
作れる可能性があるのかもしれない。

そもそも悪魔の実自身がどーやって生まれるのかがナゾなので
まだまだ妄想の域を出ないのだが
名前の如く、そもそもの悪魔の実自体も
いいモノなんだか悪いモノなんだかビミョーなラインなんじゃないかと
予想したりするんだけどね。

クラッカーの能力妄想はこの辺にしておいて、
ブリュレの語った「迷い込んできた輩」のことだ。
時系列整理として描いておく。

キャプテン・キッド、アプー、ウルージがここへ来たという。
ギャング・ベッジもそうだったが、今はマムの傘下になっている。
本編ではキッド・アプー・ホーキンスの3人が
シャンクスを倒すことで同盟を結び、
そこにカイドウが立ちはだかった──、という展開があった。

この面子は、いつマムのナワバリに入ったのだろう?
ルフィが人魚島にいたころ、こんなシーンがあった。

■651話
20160830-1.gif

で、793話でキッド・アプー・ホーキンスは同盟を結んでいる。
恐らくはこの間だろう。
マムを女と舐めていたか、ナワバリが分かっていたからか、
とりあえずキッドは強気に攻めたと思われる。
だがブリュレの言う通り返り討ちにされて同盟を思い立ち
標的をシャンクスに変えたというのは、理屈が通る。

ホーキンスはまだ所在が不明だが
キッドは囚われてボロボロに、アプーは恐らくカイドウの手下に。
これが現在の状態というところだろう。
ついでにウルージが空島で「傷を癒していた」のは
マムの四将とやらと戦った傷だったのか。なるほど。

20160830-2.gif

まあ恐らくビブルカードのお蔭で
森を脱出することは可能になるだろう。
しかしクラッカー同等レベルの将軍がまだ2人いることは
ココを切り抜けたとしても大きな障壁だ。

マムは倒すというより、偏見を解いて
「少なくともルフィたちに手出しをしない」という
間柄になることが、個人的には理想だなあと。
コレで四皇の一角が落ちたら、却って力関係ややこしくなりそうだしね。

今回はそんなまとめで終わっとく。


新連載:「レッドスプライト」。特別な子供たちが狙われて
    孤児院で…って、そこはかとなく「約束のネバーランド」とカブってんな。
    ジャンプって似たような話で連載やって、片っぽコケること多いけど
    コレもそのパターンじゃない事を祈る。
ヒロアカ:グラグラの実が。(笑)
     しかし破壊なくしてヒーローはありえないんだろうか…。
ゆらぎ荘:ほとんどのページ半裸で、どこからサービスかわからんのうw
ブラクロ:妖精ちゃんとチャーミーパイセンの恋バトル…?
ラブラッシュ:なんかもう2話目でオチみえてね。
ワ―トリ:ちかちゃんがそんなコスい戦法を!!(笑)
    や、人は撃てないとはいえ、ちかちゃんの成長は嬉しいねえ。
相撲:デブをかくもカッコいい才能にした冒頭は素晴らしい。
ネバーランド:お、やっとレイが仲間入りか。
       ママの探知機、どうみてもドラゴンレーダーに見える…。
食戟:クマなー、一回食べたことあって、煮込んでたから匂いは然程気にならんかったが
   美味しいかっつーと、別にリピしたくなる味ではなかったなあ。
斉木:動物描きのアシさんでもいるんかな。なかなかしっかり描いてる。
鬼滅:なんかギャグ路線になってきたけどwそれはそれでww
ダンス:金龍院の背丈が不思議。
サモナー:しばらくてっしーのアイドル話でも面白そうだけどなw
     つーか主にネビさんのヲタクライフが。
銀魂:もう実写化ネタだけでやってくれw
磯兵衛:…団子屋の娘さん、結構激しいな…。

きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-08-30 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。