プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

912

異世界居酒屋「のぶ」

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)
蝉川 夏哉

宝島社 2016-08-04
売り上げランキング : 10423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルに惹かれて購入。

「ダンジョン飯」という漫画がある。
ゲームにあるダンジョン「魔宮」「洞窟」「森」なんかに
うじゃうじゃ出てくる魔物も、調理すれば美味しく召し上がれます(笑)
というちょっと変わった題材(食材?)の漫画だが
コレはその逆かもしれない。

物語の中のような中世の世界に、なぜかガッツリ日本の居酒屋がある。
屋号は「のぶ」。
トンデモ設定のようだが、ちゃんと(?)
「正面入口は異世界に繋がっており、裏口は現代日本に繋がっている」とあり
ただトンデモではなく、ファンタジーなワケだ。

イメージ的にローマ帝国のようなその国には、
衛兵や貴族、僧侶たちがフツーに生活をしており、
ぼそぼそしたパンやジャガイモといった、それらしい食生活をしている。
が、そこにクチコミで評判の店が。

メシがとにかく美味い。
信じがたいが、生の魚まで食えるという。
店主のことは「タイショ―」と呼ぶんだ。
席に着くと「オトーシ」というモノがでてくるから、こう言え。
「トリアエズナマ!!!」と。

中世の人間の舌に日本の居酒屋が合うのか?とか
そんなこたァどうでもいい。
読んでる自分達がウマいのだ。(笑)
そうそう、おでんにはちょっとカラシをつけてな!
おっ、大根から行くたぁ通だねおにーさん!

そう、カラアゲはそのままもウマいけど、レモンもいいよな!
寒い日のトンジルにアンカケドーフ、
オトーシもエダマメにシオカラにサトイモノニッコロガシと色々。
トリアエズナマにレーシュにアツカン、
それぞれ料理でチョイスすると、またウマいんだよな、と。

実際、居酒屋は外国人にも人気らしい。
こんなに種々雑多な料理と酒があるという細やかさは
日本ならではの文化だろう。
一度ドイツに住む友人の旦那(が、ロシア人)と居酒屋に行ったことがあり、
いろいろな料理があると喜んでいた。

ジャーマンポテトってなに?って言われた時は爆笑したがな!
(※同じようにベーコンと組み合わせた料理があるようだが、別物)

読みながら、何かに似ているなぁと思っていたのだが
よくある「日本文化は素晴らしい!」的なテレビ番組のノリだ。
別に自分もあの手の番組は、キライじゃない。
やはり、日本を褒められるのは悪い気はしない。
細やかさや安全度の高さは、確かに日本人の持つ武器だと思う。

ただあの手の番組は、日本人の自分ですら知らない自国文化があり、
「へー」と思う事もあるからこそだ。
そういう意味では、「居酒屋メニューうまいうまい」になっているのは
ちょっと薄いなという気がなくもない。
「グルメ」というジャンルにしては、少し浅い。

だが「ちょこちょこ頼んで盛りだくさん」な居酒屋スタイルに似ていなくもない。
そういう意味では、確かに「居酒屋小説」なのだろう。
コレが吉牛や和民が舞台だったら、店主と客の独特の距離感は出せない。
その点はうまくできている。
コミカライズでもこの雰囲気は十分イケるだろうし、
テンポ的にはそっちの方があってるかもしれない。

1話1話が短いので、通勤電車でちょこちょこ読むにはイイカンジだが、
ちょっとガッツリ感に足りない辺り、ライトノベルだなあというカンジ。

個人評価:★★★


自分は何かを食べる時、
「コレを始めて食べた人間は、どーゆー流れでコレを食おうとしたのか」とか
「コレを外国人が食べたらどう思うか」とか、結構考えたりする。

そういう意味で日本文化番組は興味あるし、この小説も題材的には好みだと思う。


ホネツイまとめ。お墓買いました篇。

■お盆とは。
20160814-1.jpg

「で、そもそもお盆ってナニ」
「地獄の釜っ蓋が開く日っつーんだけどな」

20160814-2.jpg

「ココから来たんだ!すごい!」
「米しか出ねぇよ、そこは」

っていうかオマエらどこからきたの…。


■お盆とは。その2。
20160814-3.jpg

「で、盆の前には迎え火っつーのを玄関で炊いて、お迎えする」
「へー」

20160814-4.jpg

「もっかい向こうの世界に逝っちまうだろ、ソレ」

ホントは土焼きの皿の上で、おがらという木片を燃やします。
まねしないでね!(できないよ!)


■お盆とは。その3。
20160814-5.jpg

「盆が終わったら、また帰る。大体4日間くらいだな」
「え!そんな短いの!」

20160814-6.jpg

「ウチで飼ってやろうよ」
「そーゆーんじゃねーんだよ」


…野良墓?
その内なんか芸覚えるかもな。鬼火だしたり墓石動かしたり。
すずしいなつにさいてき。(どうだろう)

===============================================

なんか先日の墓ツイに沢山リツイートといいねを頂きました~。
常についったに張り付いてる訳じゃないのでタイミング逃すんだけど
いつもRT&いいね頂いてる方々、ありがとうっ!
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。