プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

905

WJ2016年35号

wj


ONE PIECE834 「おれの夢」
あー…、なんか今回もイヤな妄想をしてしまった。
当たらない方がいいなあっていうね。

爆弾ブレスレットを仕掛けられたサンジの両腕。
ネタとしては、ロビンちゃん救出ときの海楼石の手錠に似ている。
まあそれでなんとなく、ルフィたちがカギを捜して
メデタシメデタシ…となるようなイメージがあるんだが
大丈夫かなあという心配も少々。

無論、サンジも両腕が無くなることは避けたいだろう。
まさに料理人の命であり、サンジが麦わら海賊団に居る理由そのものなのだから。
が、囚われの自分がそれこそルフィたちの「枷」になっているという
その重みも結構パネェと思ったりもする。
その辺がロビンちゃんとは立場が違う。

他のメンバーなら、「ルフィが助けに来てくれる!」と言える。
が、ゾロとサンジは仲間を信じることとは別に、
海賊団の双璧だという自負もある気がする。
仲間たちの足を引っ張るのではなく、自身が突破口にならなくてはならない。
そんなキモチがあるんじゃないかとふと思ったのだ。

加えてサンジには、ゼフと言う生き様の見本がある。
自分の為に右足を失ったゼフ。
恐らくそのゼフに言われて、手を大事にすることを──、
喧嘩のようなくだらないことで手を傷つけない、というポリシーになったのだろう。
が。

「くだらないこと」でなければどうだろう?
ゼフのように、仲間を助けるためなら腕の1本くらい…、
そんな思いもサンジの中に無きにしも非ズなんじゃねーかとか。
サンジの「クッソォ~~!」という叫びは苛立ちより
「葛藤」ではないかと、イヤーなカンジに聞こえてしまったのだ。

いやうん、当たらない方がいいが。

さてジンベエ親分のこともちらっと。
当然、マムにビビって取り下げたということはなかろう。
ダーツゲームの結果、半死半生になったか
マムの能力で思うままにならない状態に陥ったのだろう。
しかし普段コマのすみっこにいるブルックがクローズアップされてるのが嬉しいな!

ココで気になるのがやはり、マムの能力だ。
 ①息子の寿命を縮めた
 ②無機物や有機物が意志をもって動いている
 ③子供が異常な数いる
 ④お菓子が死ぬほど好き
 ⑤差別のない平等な世界を目指している
 ⑥もの凄い情報通である
あと今回気になったの、ぺコムズの「てめぇママをナメ過ぎ」という台詞。

ベッジがぺコムズを消そうとするのは、フツーっちゃフツーに思える。
が、タマゴ男爵はよしみでマムに助命を乞うつもりだったと言っている。
なら多分、まだぺコムズに「絶対命令」は出ていないのだ。
つまりベッジは私刑的にぺコムズを消そうとしている。
これが「ナメている」という話なんじゃね。

この国で「命」に関わることは、全てマムの支配下にあるのかも。
マム以外は出産もできねーんじゃね?
そう言う意味で何十人もの子供たちも、マムが「産んだ」のではないのかも。
まさに「生んだ」のだ。
ならひょっとして逆に、マム以外に「殺す」ことも出来ないとかさ。

たがるフツーに「命・魂を操る」能力かなあ。
タマタマの実的な。(笑)
「思い通りの世界を作る」能力可とも思ったんだが、
今回シーザーにマムは「おれの夢」を語ったので、ちょっと違うかなと。

マムの夢は「世界中が家族になって、同じ目線で食卓を囲む」こと。
つまり世界が「巨人」になること!!!(ちーーーーん)
いやwwwおまwwちげーよそれwwww
平和的な意味じゃなくて物理的な話なのかよwwww
おいシーザー、マムを縮めれば済む話じゃね?

が、それを科学に頼るというコトは、マムには「できない」のだ。
ならやはり魂を自由に移動させるという能力かなと。
命のロウソク的な童話があるが、そんなカンジ。
マムは魂を人から人へ、有機物へ無機物へ移動できるのだ。
…という妄想。

が、「食いわずらい」の時みたいに、定着させない魂もあるのかもしれん。
どこかに定着させなければ、また戻せば助かる?のか??
「誘惑の森」でナミたちが山ほどできていた。
鏡面像はあの八女の能力かもしれんが、中に宿っているのは動物の魂っぽい。
マムがほったらかしにした魂で「遊んでいる」のかも??

また無機物に命を与えられるなら、この島の情報が
全てマムに筒抜けなのも頷ける。
シーザーみたいなのを全面的に信用している辺り
恐ろしいんだかピュアなんだか、色んな意味で子供みたいだな。マム。
使いようによっては、力になってくれそうではあるがな。

まあそんな訳で、サンジとマムが気になる回ですた。


新連載:「約束のネバーランド」。雰囲気あって綺麗な作画だなあ!!
    ジャンプには珍しい路線だけど、コレは最後まで読みたいね!
ヒロアカ:手よりは足の方が負荷に耐えられるってことなのかな。
     飯田君とカブりそうとか、なぜオールマイトは使わなかったとか
     ちょっとギモンはあるけど、期待期待。
ブラクロ:桑原の次元刀じゃねーか。(by幽白)
     団長、そんな簡単に限界超えちゃったの。
銀魂:今回で真選組も帰って来て大団円的な流れかな。
斉木:そんなにネタに困っているのか?
食戟:ちゃんと評価する当たり意外にイイオッサン。
ワ―トリ:読み合い合戦かー!いいね!
     生駒がどんだけギャグをブッこんで来るかも期待。
ゆらぎ荘:どんだけエロの黄金パターンが出てくるかという挑戦だな
     この漫画は。
鬼滅:なんだろうなあ。グダっとしてるのにどこかクセになるカンジ。
相撲:最近ちょっとココロ的な話だけど、コレはコレで成程なあと面白し。
ダンス:好きだな~。誰のダンス読んでても楽しい。
サモナー:てっしー若干性格変わっとるがな。
ニセコイ:何がピンと来ないのか分かった。千棘が途中から
     ツンデレ路線からフェードアウトしちゃったからだ。
     ツンデレにはツンデレの様式美があるんだよ!ただの素直じゃなくて!
ブリーチ:誰か3行で説明して。
磯兵衛:じゃあ大名じゃないじゃん(笑)


昼からワンピ映画見てくる。
きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-08-02 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。