プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

901

本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)本屋さんのダイアナ (新潮文庫)
柚木 麻子

新潮社 2016-06-26
売り上げランキング : 4497

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その名を聞けばやはり「赤毛のアン」の憧れであり友である、
緑の黒髪とふっくらした頬を持つあの少女が浮かぶ。
が、本書の「ダイアナ」はキンキンの茶髪の痩せた少女で
それもなんと「大穴」と書く。
いわゆるドキュンネームである。

対して彩子は少し年のいった両親と
趣味のよい家と手作りの食事と多くの本に囲まれて
大切な箱入り娘として育てられてきた。
だが二人は大好きな本で意気投合し、
互いに憧れ、賞賛し──時には羨みながら成長する。

まさに現代版「赤毛のアン」だ。
どちらもがアンであり、同時にダイアナであり、
またキラキラしたものだけではない「女の友情」を描いている。
本書でも少しそのことに触れているが
「赤毛のアン」をダイアナからみると、原作はまた違う印象を持つのかもしれない。

原作のダイアナはちゃんと「持っている」のだ。
人にも羨まれるだけの美しい資質を。
だが一人で強く羽ばたけるアンの才は、きっと彼女に眩しかったろう。
「隣の芝生は青く見える」的に言えば、「隣のあの子の髪は赤い(黒い)」だ。
この格言は他人が良く見えるという意味でなく、
自分を不幸に思いがちという意味じゃないかと思ったりする

ドキュンネームに絶望し、彩子の名に憧れる大穴。
厳格な家に辟易し、大穴と母の関係に憧れる彩子。
どちらも「持っている」のだ。
でも人は自分の不幸の数は数えられても
幸福の数にはなかなか気付かない。

原作のアンも、小さい頃は夢見がちで空想壁のある少女だった。
けれどそれが、現実の中にある幸福を見つめるようになる。
今思えば、「赤毛のアン」は児童文学ではないのかもしれない、と思う。
本書にあった通り、自分も
アンの成長後のストーリーはイマイチ心に残っていないのだが
今読むと違う視点で読むことが出来るのかもしれない、と思ったりした。

それこそが、本書の「ダイアナ」というタイトルなのだ。
もう1つの「赤毛のアン」の読み方であり、
あのダイアナは何を考えていたのだろう、という視点をくれる。

そしてタイトル通り、本好きな二人の好みも面白い。
強い女性を描いた翻訳本が好きな彩子と
父親の影響を受けた娘の日本文学を好む大穴。
恐らく互いに好きな本を貸したら「えー」「ソレってどうなの」
という微妙な感想を言い合う事になりそうだが(笑)
けれどツボにはまれば、自分が考えもしなかった「気づき」をくれそうだ。

それこそが「新しい世界」だ。
自分の当たり前が、誰かの違う世界になることもある。
アンとダイアナのもう一つの世界が、大穴と彩子なのかもしれない。

余談だが、原作でマシューがダイアナの名前に対して、
キリスト教っぽくないとぼそっと言うシーンがあったのを思い出した。
原作のダイアナも当時のドキュンネームだったのか。
そう考えるとこの本の題材、なかなか鋭い。

個人評価:★★★★


ホネツイまとめ。ドラム缶を作ってみた。(需要ない)

■ドラム缶の作り方(需要ない)
20160724-4.png


20160724-5.png

とゆーワケで。

20160724-1.jpg

「ドラム缶拾ってきたから、風呂つくろーぜ!」
「…どこで拾って来たんだよ」


20160724-2.jpg

「実は憧れてたんだよなー。男らしくてイイよな。
 アイツもたまにはやるじゃねーか。


20160724-3.jpg

「…ホントにオマエにはがっかりだよ」



■風呂にゃやっぱコレだな!
20160724-4.jpg

入るときと上がるときが大変そうだが
やっぱ1回入ってみたいよな、ドラム缶風呂。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。