プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

879

草枕

草枕 (新潮文庫)草枕 (新潮文庫)
夏目 漱石

新潮社 2005-09
売り上げランキング : 21014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「明治文豪にツッコめ」祭、ええと第3弾かね。

「草枕」──旅先の仮宿のことだ。
その名の通り、ふらりと熊本の温泉街を訪れた画家の
目にしたもの耳にしたものが綴られている。
故に文章も風景描写に筆を尽くしており、
「写真集のような小説」になっている。

そういう意味では「読み辛い」小説であろう。
「眺めて楽しむ」小説はなかなかに珍しい。

画家は絵の題材を捜し求め、ある宿に逗留する。
そこには出戻りで「気狂い」と噂される娘がいた。
彼女の言動になにかと驚かされながらも、
その機知や所作には惹かれるものがある。
だが絵にするには、彼女に「何か」が足りないと画家は思う。

この画家の芸術観が独特だ。
「非人情」──、簡単に言うと固定概念や偏見なく、
ものの在りようを見よということである。
ふと思う。
実はこの主人公は、画家でもなんでもないのではないかと。

実際彼は詩作はひりだすものの、作中ではほとんど絵を描かない。
なんらかを見いだすために旅をしていることは確かだが、
その為に「画家の視点になり切る」ことが肝要なだけではないだろうか。
「吾輩は猫である」が猫だからこそ見える人間観察なら
これは「吾輩は画家である」と言い換えてもいい。

「智に働けば角が立つ 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ 兎角に人の世は住みにくい 」
有名な草枕の冒頭文だが、この住みにくい世の中が
「非人情」に見ることで変わるやもしれぬ──
これは主人公のそんな「自分探し」の旅だったのだと思う。

宿屋の娘に足りない「何か」と、主人公が探し求めるものは
多分だが同じものなのだろう。
多分というのは漱石がそれを積極的に、アピールしていない事による。
ここにテーマをつけて煽ることは、「非人情」に反する。
ひたすら外側から、漱石はストーリーを綴っている。

いずれも鮮烈な冒頭文ではじまる漱石の初期作品。
それはキャンバスのど真ん中に突然、原色の絵の具を置いたかのようだ。
が、出来上がった絵はいずれも1枚の日常画のようで、話筋は平(たいら)かだ。
「決定的瞬間」ではなく、風景画にしててしまうのは
漱石文学の特徴だと個人的に思う。

この「非人情」という芸術観は、在る物を見るという点で
ノボさん(下)で出てきた子規の「写生」俳句に、何処か似ている。
限られた文字数の中で無駄を削ぎ落とし、
余分な情を剥ぎ落とし、ありのままを見る視点。

だがそれは、人を無視することではない。
もし本当にこの「非人情」に子規の芸術観を重ねているのなら
これはとても「人間臭い」作品だ。
角が立ち、流され、窮屈で住みにくい世の中だからこそ、
人は醜くも美しく、また尊い。

ラストで人情を垣間見せた娘に
「それだ!それだ!それが出れば画なりなますよ」と叫んだ主人公は
確かに己の「非人情」を成就し、同時に消失したのではあるまいか。

個人評価:★★★★


何の関係もないけれど。



果物入れて飲みやすくしてるような
甘い野菜ジュース好きじゃないんだけど、コレうんまい。

■でも遊んでみる。
20160609-4.png

「もう駄目だ…」
「オレたち出るモンねーだろ」
まあでもコイツらジュース飲んだらこうなりそうだよね。


■すごいしょーもなものを作ってみた。
20160609-1.jpg

中に3本だけタバコが入っている。
ていうか3本が限界。

■こうなる。
20160609-2.png

「♪北の~酒場通りには~~ 長い~髪の女が似合う~」
「ケンカ売ってんのか」


■毎度お馴染みアニメーション
20160609-5.gif

「ぷはー」
「ミョーなとこから煙吐くなよ…」

ふー、ホネで遊ぶと癒されるぜ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。