プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

859

WJ2016年21・22号

wj


ONE PIEC824 「海賊ごっこ」
革命軍崩壊の報に、大騒ぎする麦わら+ミンク一行。
どうやら今までドラゴンの顔すら見たことがないらしいルフィ。
多少驚いてはいるものの、心配はサボの安否の方にあり
感動の薄い親子対面(紙面上だけど)になっている。

この辺の「親子」関係もかなり気にはなるのだが、
とりまナミさんの「どうして黒ひげが革命軍を狙うの!?」の台詞。
イヤ、ほんとにそうだ。
本来なら対立する理由の無い両者が何故
新聞沙汰になるほどの襲撃事件を起こさねばならなかったのか?

バージェスがサボに一矢報いたかったというのも、なくはないだろう。
が何となく黒ひげは、いっときの私怨で動くような男ではないように思う。
彼が動くときは、何か「得られるもの」があったときだ。
インペルダウンでは捕虜たちを、頂上決戦では白ひげの能力を、
ドレスローザのバージェス派遣もちゃんと書かれていないが、
メラメラの実、もしくは他の悪魔の実回収と思われる節がある。

考えられるのは「武器」だろうか。
ドレスローザの密輸にガサ入れをした革命軍には
大量かつ珍しい武器が集まっていたと思われる。
バージェスの憂さ晴らしついでに、それらを手に入れてもいい──、
もしくは「その中にちょうど欲しいものがあった」ことは考えられる。

コアラちゃんがドラゴンに「酒鉄鉱(きてつこう)」の報告をしている場面もあった。
この場合このレアメタルそのものよりも
産出・生産をしている場所の方が知りたいのかもしれない。
どちらにしろ、黒ひげの進む道はいずれカイドウに繋がりそうだ。
ジョーカーと言う手駒をなくし、失意のカイドウが
黒ひげと結託してなにかを起こす可能性は高いか?

が、恐らくその目的互い異なるだろう。
カイドウは死ねない男であることから、
ただひたすら世界と己の破滅を待つだけのキャラなのかもしれない。
なら黒ひげの目的は何か。

恐らくだが、黒ひげは結構頭がいい。
空白の歴史に繋がる世界の仕組みも、ほぼ見当をつけていると思われる。
彼が望むのはかつての「D」を頂点とした世界であり、
さらに「D」がもっとその上を掴めることを知っているのではないか。
「悪意を持ったD」という、かつてこの世界が恐れて封じた存在ではないか?

これも多分だが、「D」はいわゆるヴァイキングのようなもので
星々に上陸し、彼らの文化をもって開拓する集団だったのではないか。
もしくは母星を失い、月や地球を見いだしたとも考えられる。
「侵略」ではなかったと思われる。
だがその気になれば「侵略」できるだけの、圧倒的な文化があったと考える。

もし黒ひげがそのことを知れば、こう思うのではないだろうか。
「手に入れられるものを手に入れて、何が悪い」と。
場合によっては、カイドウの能力も「欲しい」びではないかと思うが
とりあえず今回はメインの話題に移ろう。

サンジキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
ワタアメ舞うビッグ・マム海賊船上──
こんなトコ立ってたら身体中ベトベトになりそうだが。
こーゆー気候なん?それともビッグ・マムが
自分の好みで菓子だらけになるようにしてるワケ?

電伝虫の念波による「確認」が入るという描写から
本来ルフィたちはここで「ボン!」となるぞってことか。
が、ここにナミがついてきてるのがミソじゃないかなー。
ここいらで「ローラのビブルカード」が出てきそう。

ローラがビッグ・マムの娘ではないかという説があるが
まあ単純に考えてそれっぽい。
今回出てきた35女が「シャーロット・プリン」であり
ビッグ・マムの本名(?)が「シャーロット・リンリン」なら
ローラも「シャーロット・ローラ」みたいな名前なんだろうか。
なんか語呂悪いけど。

さてこのプリンちゃんが初登場…、じゃない?
以前、ビッグ・マムとルフィが魚人等のお菓子騒動をやらかした時に
ちらっと出ていた三つ目少女に激似。

20160426-1.jpg

ローラはママを海賊としてリスペクトしてる感があったが
どうもプリンちゃん、ママになにやら不満がありそうな。
案外こんな名前で、甘いモノキライだったりなw
ひょっとするとサンジの結婚云々は別にしても
「私を連れだして!」なんて展開もくるかもねえ。

それより気になるのはこの「三つ目」だ。
プリンちゃんでないにせよ、ワンピ世界には三つ目という存在が居るのだ。
コレは種族なのか?能力や外科のようなものの結果なのか?
もし種族だとしたら、ビッグ・マムの
「35女」と言うのもちょっと引っ掛かるのである。

ビッグ・マムの配下には、ミンク族であるぺコムズもいる。
カイドウが能力者集めをしているように
ビッグ・マムも「種族集め」をしていたりするのだろうか。
別にコレクションと言う意味ではなくとも
婚姻で世界を結んでしまおう、という野望があるのかもしれんね。

本来、男性ならともかく女性では難しいハズなんだけど
万が一、これが能力だったりしてね。
十月十日を待たず自分と人、もしくは人を人を合成するとか。
いやコレ、半分あるかも?と思ってるんだが
そもそも何歳なんだっつー話なんだよね、ビッグ・マム。

35女が20歳前後の年齢だとしたら
毎年産んでいても、ビッグ・マムは相当の高齢だ。
十月十日なんて時間はかけられないのではないか。
まあ実際に産んでても「ビッグ・マム」の名にはふさわしいが、
少年誌なのに生々しいなヲイ。(笑)

とりあえずマム自身が婚姻するつもりじゃなくてよかったなサンジ。(笑)
いやまてよ、プリンをエサに実は…。
少年誌なのにおぞましい展開やな。
こんな誰も得しない展開きたらどうしよう。(笑笑)

いや実は、ミンクと能力者(ぺコムズと亀とか)って
悪魔の実じゃなくてマムが合成したんかなーとか思ったんだけど
自ら「能力者」と名乗るシーンあった気がするし、違うか。
まあ正解不正解交えて、いろいろ考えるのが楽しいのでヨシとする。


H×H351 「死闘」
場面一転、なんと闘技場!!!!!
クロロとヒソカの対決どんっ!!

ヒソカの苗字って「モロー」なんか。
まあ彼のことだから、本当なのかどうかも分からんが。
クロロさんも髪が伸びた所為で、ホント中二っぽい…。
しかしまぁ、何が可愛そうって
この試合の審判になった人が一番可哀想だよね。(笑)

さてクロロの能力チート化が凄まじい。
元々「他人の能力を盗む」というムチャ技だったが
盗むまでにいくつか段階を踏まなくてはならない事、
そしてなにより、片手で本を具現化していなくてはならないことが
この能力の大きなハンデだったが、それをクリアした。

「しおり」を挟むことで、本を閉じたまま(というより具現化不要?)
で能力を発動させることが可能。
つまりは両手を使う能力も、盗んで使えるようになったのだ。
また本を開いて能力を2つ同時に発動させることも可能。
うっひゃあ。チート過ぎる。

クロロが語るこの新技の弱点は、しおりが1枚であることと、
なんらかの「制約」が増えたらしいこと。
まあ次第明らかになりそうだが、わざわざクロロが
「能力の紹介をしよう」と言うあたり、コレ自体が「制約」の可能性も。
相手に説明したものでないと使えないとかさ。

「番いの破壊者」は確かに両手を使う能力だが
コレって左右を時間差で使えばイケそうな気がすんだけど。
だが「両手を使える」アピールと
「栞の完全無欠感」を出すのによい能力な気がする。(※妄想)
まあもしそうなら、ヒソカであれば気が付くだろうが。

それはそうと、クロロがシャルナークの能力を使っているのは
単純に「借りて」いるのだろうか。
なら返そうと思えば返せるのか、この能力。
それともシャルナークになにかあったのか。

どちらも殺すには惜しいキャラなので
本当にデスマッチになるか疑わしい気もするんだが。
まあそうなるなら、多分勝つのはヒソカかなと思うけど
「試合に負けて勝負に勝った」というか
クロロがただ死ぬだけとは思えないんだなコレが。

暗黒大陸からは離れるけど、コレはコレで楽しみだね!


ナルト外伝~満ちた月が照らす道
映画見てないから分からん。
ソレ繋がりのネタだってのは分かるけど…。
いやうん、大蛇丸好きだからソレだけで読んだけど
なんだろう、このカーチャンみたいなバーチャンみたいな立ち位置は…。(笑)

次号から月イチ連載はじまるけど、作画は岸本先生じゃないのな。
…申し訳ないが、何の意味があるんだろうと思ってしまった。
どうせ読むなら岸本先生の絵がいいんだが。


ヒロアカ:オールフォーワンで盛り上がりそうなトコカンケーないけど
     ジーニストの能力って裸族には効かないの?
     あ、自分が繊維持ってたらそんでいいのか。
ブラクロ:なにこのノリのいい人達(笑)海底だけに?(黙れオヤヂ)
サモナー:あらかわいい新キャラ加護さん。
     左門もなんか名家の出なんだっけ。過去話はいつか来そう。
斉木:代引きでwwゾウwww
暗殺教室:…コミックス調整的な話だったのかねえ。
将棋:こっからがスタートラインってことで、新展開期待。
ゆらぎ荘:今さらだけど露天なの?ココ…。
ワ―トリ:楽しい!楽しいぞ!!(≧▽≦)
    コレだけ手足や首が吹っ飛んでグロを感じさせないって凄いね。
鬼滅:ねずこちゃんのおみあし…、スゲー技だな。(笑)
ニセコイ:今更カギとかで決められた方がハラ立たないか。
ダンス:なぜか金龍院がどれだけヤセるか楽しみにしてる自分がイル。
ブリーチ:うん、なんか日番谷は小さいからこそであって
     デカくなるとなんか無欠のイケメンみたいで面白くないな。
磯兵衛:ああうん、巻末にあるとしっくりするわー。

来週は休刊かー。
きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-04-26 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。