プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

851

WJ2016年19号

wj


ONE PIEC822 「下象」
麦わら・光月・ミンク共同戦線は4部隊に。
 ・ゾウに残る者。(イヌアラシ中心 モモの助含む)
 ・マルコ探索。(ネコマムシ中心)
 ・ワノ国出発。(錦えもんたち ゾロ・ロー含む)
 ・サンジ救出。(ルフィたち ぺコムズ・ペドロ含む)

あ、それで前回のカラー表紙にペドロがいたのか。
キャロットもいたけど、リュックにでも潜り込んでるのだろうか。
密かにトリスタンちゃん、チョッパーとフラグ?

いつもは戦闘に関わるのを避けるナミだが
今回はクリマ・タクトがパワーアップリニューアルしたことで
本人もなにやらやる気。期待ですな。
そしてフランキーによる電伝虫の作り方(?)が出てきそうな感じ。
別に本編にはカンケーないだろうが、
野良からどーやって他の電伝虫と連絡とれるようになるのか、ちょと気になる。

今回はさらっと出発の回になったが
今後の伏線となりそうなのは2点かな。

①ぺコムズについていくペドロ
どうやらぺコムズを小さい頃から知っているらしいペドロ。
サンジへの恩義以外に、ぺコムズがなにかを「やらかし」そうで、
同行するつもりであるようにも見受けられる。
恐らくは「月」の件ではないかと思われ。

「今が月夜でなかったことに感謝しろ」とワンダが言ったことがあった。
これが単純に「月」なのか「満月」を意味するのか微妙だが、
恐らくはドラゴンボールのサイヤ人のごとく、
月光を浴びたミンク族が、何らかの変化を遂げると思ってよいだろう。

一番可能性が高いのは制御不能の戦士となる──、
もしくは完全に「獣化」することなどが考えられる。
狼男みたいなカンジ。
というか、コレってチョッパーのランブルボールに近いんじゃないか。
いや、ランブルボールがこの特性を生かしたモノと言うべきか。

まだ妄想の段階だが、ミンク族の存在は
悪魔の実と無関係ではないんじゃないかと思ってる。
ならランブルボールが悪魔の実による変形の波長を狂わせるのなら
月もまた、ミンク族がもつ波長や生体に影響し、
変形を伴うんじゃないかと予想。

が、チョッパーは二部以降、意識を保った状態で変形ができるようになった。
いわばペドロはこの状態に達しているのではないか。
逆にぺコムズは、昔は1部のチョッパーモンスター状態になって
ペドロに抑えてもらったことが何度かあったんじゃないかね。

だとしたらミンク族は月夜はどーしてんのかね。
家でひきこもってるんだろうか。
夜の王を担当しているネコマムシたちは???
暴走を抑えられる者が、夜担当にされているのだろうか。
だとしたら一見温和に見えるイヌアラシの方が、
イザ変化したら大変な存在になったりしてな。(わくわく)

ゾウでは満月が雲に覆われていた云々と言う台詞があったので
ぺコムズと満月の関わりが明かされるとしたら
航海に入ってすぐか、約1か月後ってとこか。

②ゾウは何処へ向かっているのか
ほほーう。なんとなくゾウはログポーズや航路を避けて
「身を隠して」歩いているのかと思っていたが
「何処かに向かって」いるというのは、考えてなかったな。

モモの助によると、「何かの罪」で歩くことしか許されていない象主。
つまりはミンク族たちを「何処かに連れて行くまで」
その罪が贖われることなく、彷徨っているのかもしれない。
しかし1000年も歩いて辿り着けないなど、
ゾロ級の方向音痴でなければ、おかしな話だ。

象主が歩いているのは、「新世界」だ。
つまりはグランドライン後半部分で
前半部分に行こうとしたら、聖地マリージョアを越えなければならない。
そもそもグラインドラインは、カームベルトと海王類の巣に挟まれている。

仮にゾウがカームベルトも自由に行き来できるとしても
レッドラインの所為で、反対側の海には行けない。
普通ならグランドラインは「外に出られない」袋小路だ。
辿り着けないのではなく、目指す場所がここにはないということだろう。
だからゾウはずっと歩き続けているのではないか。

これも妄想だが、もともとこの世界の海は
ちゃんと1つに繋がっていたんじゃないかと思ってる。
真ん中をレッドラインに分断されているなんて、あまりに妙な地形だ。
むしろ途中で隆起したorさせたかして
自由に行き来できなくしたんじゃないかと考えてみたり。

コレがサンジのオールブルーに繋がってると思ってる。
4つの海が再び1つになることが
この物語の終着点の1つなんじゃないのかな、と。
いや妄想だけどね。

これが象主の行き先、またラブーンの行動にも絡んでるんじゃないかな。
レッドラインに身体を叩きつけているラブーンは
「向こう側」に行けること、もしくは行かなくてはならないことを
どっかで覚えてるんじゃないかな。
なので物語に大きく関わりそうなブルックも気になるし、
サンジの今回の話は超注目してるワケですよ!

そして最後にひさしぶりのビビちゃん登場!どんっ!!
これはきっと世界会議の前フリだね。ああ楽しみ~~。


ダンス:(ほぼ)1周年って。(笑) コチラもアニメ化狙ってそうだなあ。
    宮大工、ほんとに「ゾノきゅんさん」って話しかけそう。
    またゾノ君もシアワセそうにオバカでなかなかいい。
    別漫画、こーゆー番外編はいいね!
ヒロアカ:現ヒーローたちの活躍!これは楽しみ!
     爆轟にその意思はないものの、いかにも利用されフラグ。
ブラクロ:なにこのサービス回っ!?さりげないようななくないような…。
     ノエルちゃん、それ水着というより踊り子さん衣裳みたいだが・
暗殺教室:コレわざわざ付け足すほど重要な話なん?
読切:「遊戯王」。いやこの辺ハマってなかったのでよくしらんけど
   コマ内ぎゅうぎゅうな書き込みが昔のジャンプっぽいわ。
ゆらぎ荘:ああ、モノに触れる設定はこのためか。
相撲:うおー、もりあげるねえ。
   相撲取りは身長はともかく眉なくてもいいのか。
銀魂:神威、結局つおいとーちゃん好きなんだな。
サモナー:もはや左門君、召喚無関係のただのゲスに(笑)
将棋:比喩の描写より、将棋の内容キチンと書いて欲しい
食戟:だから女子はそんな風に着替えないというに。(笑)
ワ―トリ:香取隊かませみたいでちょと可哀想だが、玉狛いいねー!
    自信ある千佳ちゃんかっけー!
鬼滅:思ったよりテンションたけぇなこのカラス。
ニセコイ:……(鼻ホジ)
ブリーチ:これほど萌えない天使の羽があったとは。
斉木:世代違うのでトレカはわかんねえ。
   ぺしっと地面に叩きつけそう。(メンコですソレ)
磯兵衛:なんだそのトレカみたいな駒。(笑)
    遊戯王に合わせたネタなのかひょっとして。

遂に来週H×Hか!伝説×再開って書いてるけど
さすがにもう「連載」とは書けないんじゃね。(笑)
ていうかもはや冨樫先生が動くこと自体が伝説…。

きょうはここまでぇーーーーーーーーーーーーーーぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-04-12 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。