プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

823

初陣物語

初陣物語 (実業之日本社文庫)初陣物語 (実業之日本社文庫)
東郷 隆

実業之日本社 2015-12-03
売り上げランキング : 108032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトル通り、様々な武将たちの初陣を綴った短編集。

桶狭間や川中島など名の通った合戦はいくつもあるが、
初陣というと確かに派手さは劣る。
だがすべての戦にはなんらかの因果があり、
その戦は名もなき士の初陣、
または終幕であったやもしれないのだ

その戦から初めて飛び立った雛鳥はあくまで象徴であり、
戦というものの無常を描いた作品と見ていいかもしれない。
結構にマイナーな歴史も取り扱っていることから
小説というよりは、史料の物語化という方が近い。
そういう意味では少々読み辛いかもしれないが、
小さな歴史の穴埋めとして、なかなかに興味深かった。

以下、自分の覚書としてのあらすじ。

「大浜焼き」
織田信長の初陣、三河大浜を攻めた時の話。
初陣は取り立てて大きな功績はなかったと聞いているので
話中のような資料が本当にあるのか分からないが
傾奇(かぶき)者の信長のキャラを生かしたストーリーとなっている。
「百足椀」
長宗我部元親の初陣。こちらは「姫吾子」と呼ばれるほどに、
大人しかった元親の脱イメージエピソードとして、割と有名だ。
タイトルの「百足碗」は後に元親が奉納したとされる碗のこと。
百足は古来、「後に引かぬ」という勇猛の象徴であったとか。
「嫁取り功名」
蒲生氏郷の初陣。幼少時は人質として信長に仕えたが
信長がその器量を見いだし、娘・冬姫との婚姻を許したという。
初陣を飾った後、冬姫を娶った。

「高麗討ち」
秀吉の朝鮮出兵で戦績をあげた、島津義弘の話。
が義弘ではなく、そこに駆り出された農民兵の初陣となっている。
島津義久との兄弟仲にも触れており、朝鮮出兵を
個人の視点から見ているのが面白い。本書ではコレが一番好きかな。
「還俗初陣」
まだド田舎であった江戸に任地された家康が
ある法師に土地話などを所望し、国府台城の合戦を聞く。
それは法師の初陣であり、太田道灌が開いた城から
北条・里見の戦いに繋がる戦話であった。
「三州寺部城」
徳川家慶の初陣。というより、不遇の松平家の復興を願う
三河武士たちの戦いと言うべきか。
三河武士は勇猛かつ義理堅く、
そして面倒くさい(笑)と言われる根っこの話かもしれない。

「修羅の励み」
柳川城攻め。後に立花宗茂の城となるが、
こちらは蒲池氏が築城した当時の話で、難攻不落の城とも言われた。
初陣としては攻め手側の小姓なのだが、その背景の骨肉の争いを描く。
「板垣信形の馬」
武田二代に仕えた板垣信形。──の愛馬が敵方へ逃げ、
その轡を取った少年が初陣で武田勢を迎え撃つ。
老いと権力に周囲が見えなくなる信形と、対比させている。

「初陣物語」
この物語の総括となるにふさわしい話だろう。
家康の十男・頼宜に仕えた贄掃部の戦語り。
贄掃部は関ヶ原出陣の際、真田と秀忠との合戦でヘタをやらかし、
死罪になるところを頼宜の御伽衆的な身になったとか。

ここでは贄掃部が刀を無くした云々のくだりがでてくるが、
史実なのか創作なのかはよく分からない。
だがその贄掃部の昔語りを聞いていると
戦国という武士の世が、ひとつ終わりを告げことが感じられる。

「初陣物語」と名を打ちながらも、
太平の江戸時代の始まりと共に、それらは終わったのだ。
短編集ながらも、1つの時代をみる作品である。

個人評価:★★★


~合戦豆知識
初陣はいわばお誕生日会のようなもので
本人に花を持たせることが大事なのだ。
故に介添え人という役が付き、あれこれセッティングする。
ほれ敵ですぞ討たれませい、ほれ今がチャンスですぞ!
ふおー!若様ナイスショッ!…みたいな?(笑)

出陣の際には「うち鮑・かち栗・昆布」を口にする風習があったという。
「(勝負に)うちかち、よろこぶ」というゲン担ぎだ。
で、勝って帰ってくると今度は「栗・鮑・昆布」の順になるんだと。
「勝ってうち(家)でよろこぶ」という意味だとかで
戦国時代はオヤジしかおらんのかいとツッコミ。


ばーちゃん葬儀ネタは続く。



一昨年に義母の葬儀でも聞いているのだが
個人的にこーゆー話を聞くのが好きだ。





リアルで「えっ」という納棺夫さん。(笑)



おかんは主語から述語が離れると、
その間を自己解決をしてしまうやっかいな変換機である。
ホントこの時、そばに居てよかった。



いや笑顔で見送るのはやぶさかではないが
爆笑で見送るとかちょっとアレやん。
今思うとこのへん、ばーちゃんがあの世から
ネタ振ってたようにしか思えないの。

続くよ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。