プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

817

WJ2016年10号

wj


ONE PIECE815 「おれも連れてけ!!」
ヴィンスモーク家の説明 byペコマムシ。もといペコムズ。
「戦争屋」という表現がでてきたが、
はてさて何をもって「戦争屋」なのかってハナシだな。

今までで言うとドフラやってたコトがまさに「戦争屋」っぽいが
それより規模が大きいと見るべきか。
っつーよりドフラもヴィンスモーク家の真似事、もしくは
その組織の一端みたいなカンジなのかね。
ドフラより規模大きいってどんだけー。

「戦争屋」という名のイメージ的には
 ・戦争による需要と供給を満たす
 ・戦争を人工的に起こすor作るor扇動する
 ・↑の両方
という感じだろうか。

戦争で動く金はデカい。多分。
最低でも2つの国家や団体のどちらにも
武器と兵が大量に必要となる。
それに伴って燃料源・食料・医療・科学諸々が必要となる。
大から小まで「需要」がある。

また政治的にも大きな意味を持つ。
例えばアラバスタでの紛争は国王の信頼を低下させ
クロコダイルが国を手に入れる寸前までの事態になった。
善悪とは無関係に国民を団結させ、
もしくは意図的に「不満」の方向を変えることが出来る。

頂上決戦も報道次第では
海賊の悪評・海軍の信頼向上に繋がったろう。
なにより白ひげという四皇の一角を落としたのは、デカい。
万一アレが最初から、白ひげを落とすために仕組まれたものだとしたら
その周到さが恐ろしい。

や、↑はただの妄想なんだけど
戦争屋というものがあれば、その成果は金だけでなく
国や軍隊が欲しがるものすら手に入れさせることが可能なんじゃないか。
つまりは軍や政府からも
「暗黙の了解」を取り付けている組織なんじゃないかと。

──何も知らない国民や人員の命が大量に失われる事も前提で。
そういう意味での「殺人一家」ってことなのかね。
が、その存在は表立って知られてはいない。
海軍ですらヴィンスモーク家の「仕事」を知っている者は
ほとんどいないのではないか。

いつぞやのコラさんの「ノースの闇」がこのことだとしたら
センゴクですら実情を知らなかった事になる。
「正義」を守りながら、その「敵」が上層部の作ったモノだとしたら
その者の正義はどうなるだろう?
それを「悪」と思うだろうか。
もしくは「必要悪」だと思えるだろうか。

否、既にその先端は割れたのではないだろうか。
クザンとサカズキのように。
海軍内部はそれを「黒」と見切りをつけたもの、
「白」と断じるもの、そして
「グレー」だと黙している者に分かれているのではなかろうか。

ともあれこの話は海軍だけでない
ドフラの言う「もっと上」に広がるんじゃないかね。

ドフラが戦争屋の一端かどうかはまだワカランけど
ヴィンスモーク家は当然、火器を中心とした
兵器・兵員の売買や輸送にも携わっていただろうから
人間兵器、すなわち能力者や異人種(巨人やミンクのような)の
取引も含まれていたのではないかな。

恐らく高値がつくであろう能力者が
確実な能力判明で手に入り、供給できるなら
この世界では千金に値するだろう。
「人工悪魔の実」という考えが出るのも頷ける。

SMILEがドフラから生まれた発想とは考えにくいのだ。
シーザーは根っからのドフラファミリーではないのだから
どこからか委託された業務のようなカンジがある。
ドフラが知ってか知らずか
新規事業という形で一端になっていた可能性はある?か???

が、ドフラは何となくカイドウ側っぽい繋がりがあった。
しかし今回、ビッグ・マムと婚姻を結ぶという。
ヴィンスモーク家の狙いはなんなんだろうな。
四皇なら誰でもいいから渡りをつけたいのかね。
それともカイドウを怒らせたことすらも、何かの思惑なのか。

本誌に話を戻すが、
ビッグ・マムは麦わら海賊団に興味はないのだという。
あー、成程。
ならサンジが一人犠牲になる懸念があるのも分かる。
がそれなら尚のコト、サンジは自分を追ってこないよう
あとくされの無い出て行き方をするだろう。

ふと思ったが、今までにもチョイチョイ
サンジが窮地で機転を利かせる場面があったが
アレも「戦争屋」の家で育ったが故の教育だったのかね。
「悪魔の実辞典」があったというのも
特殊な家であったという布石だったと思える。

単純に麦わら海賊団の双璧だったサンジだが
ひょっとして「軍師」という役割も担っていくのかもしれんね。
以降気になるのは
 ・サンジの真意
 ・ヴィンスモーク家の実体
 ・サンジはなぜコック見習いをしていたのか

一方、SMILEとミンク族が繋がるのかも気になる。
 ・何故カイドウ側が「雷ぞう」を狙っているのか
   →→→錦えもんたちが「ゾウ」を目指した理由と重なる?
と、ここで錦えもんたち登場っ!どんっ!!
来週モロバレの気配濃厚。

対カイドウと対ビッグ・マムの話が同時進行ってのも凄いな。
が、結局はどちらもヴィンスモーク家で繋がってんのかね。
ローから持ち上がった「四皇崩し」だが、案外
「もっと上の存在」が敷いたレールだったりしてなー。
ワノ国まで結構長い話なりそう。

それにしてもアダルト組の頼りなさというか
ヌケてるロビンちゃんがカワユス溜まらん…!


新連載:「ゆらぎ荘の幽奈さん」。ほほう、お色気系ひさしぶりかな。
    ニセコイがもうすぐ終わる準備かと勘繰ったり。
ハイキュー:おー、音駒の試合も面白そうじゃのう。
     でもまさか前の話ほど長くはならない…よな…?
食戟:これほどの学校で調理と製菓分けてねぇってアンタ。
ワートリ:ガロプラの遠隔操作的な戦闘はなかなかユニークだ。
     「仕掛け」という頭脳戦略ではオサムにも向いてそうな。
暗殺教室:………うーん。ネウロと比べなくてもいいんだけど、
     暗殺教室は引き伸ばし感と切り上げ感が雑というか
     どうも引き込まれないんだよなぁ。
ヒロアカ:デクに「応援したくなる弱さ」も必要なのはわかるんだが
     ヒーローものだけに、もっと「成長」を感じたい部分もあるなー。
将棋:真っ向勝負受けるなんて、扇子君いい奴やんか…。
   成程、初心者が主人公ってのは結構ハードルあるんやなあ。
   ふとヒカ碁の設定ってよう出来てたんやなと思ったり。
サモナー:前半はベタの面白さと別モンやん…。
     各キャラは面白いのに、ストーリーのバランスがテキトーで惜しい。
ダンス:間違いなくつっちーたちが主役の回だったんだが
    一番株を上げたのは宮大工なんじゃねっていう。
火ノ丸:部活の枠を超えると、やっぱ生々しいよなあ。
    このプロ展開が吉と出るか…。
ブラクロ:団長がいい遊び部分になってんな。
     修行を軽く終わらせると話はサクサク進むけど
     次々にバトル→パワーインフレって展開多いから
     適度に遊びながらやってほしいね。
ニセコイ:もうつぐみちゃんルートは終わったモンだとばかり。
     今更盛り上がらないことこの上ないわ。
     もういっそ千棘ルートも小野寺ちゃんルートも
     バッドエンドで終わったらいんでないかい。(笑)
斉木:ええっ、まさか斉木がデレるのかオッフるのか!?
こち亀:両さんの過去話がでると、そろそろタイムラグが気になる(笑)
    長期連載だから仕方ないが、両さん何歳なんだよ…。
BLEACH:直訳「俺たちは脇役だ」ってことでおk?
野球:最終回。ジャンプだから仕方ないけど
   いつもながら打ち切りってかわいそうな終わり方だよね。
磯兵衛:この漫画で大奥ってどう説明するんやと思ってたけど
    さらっとシュールやった。てかこのヤンデレ姫こわい…。


昨日まで私用で帰省してて、あぷが遅くなったお。
今日はここまでええぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーぃぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-02-10 (Wed)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。