プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

809

WJ2016年8号

wj


ONE PIECE813 「お茶会の招待状」
遂に出たサンジ拉致の詳細ッッッ!!!
この後、錦えもんとかに話が移って
しばらく放置されそうなヨカンがし過ぎるけど(笑)
とりま今回は全力でサンジを考える。

サンジの結婚という話に驚くクルーたち。
サンジも驚いてはいるものの、そのからくりは理解しているモヨウ。
「なぜ今更」と言うギモンはあっても、
政略(?)結婚をさせられるような家庭であることは
十二分に分かっていたということだろう。

謎はヴィンスモーク家ってなんやねんということだが、
まずはノースブルーの整理をしておこう。

この世界では東西南北に海があり、
レッドラインもしくはグランドラインで隔てられている。
つまり違う海域に行く場合は、ソレなりに大冒険をせねばならない。
クルーはほとんどが東の膿の出身だが、
現時点で少なくとも2人、違う海域の人間がいる。

サンジとロビンちゃんだ。
西海にあったオハラから、グラインドラインに乗り込んでいる。
ま、グランドライン自体は他にも海賊が来ているのだし
ロビンちゃんには通る手立てがいくらでも考えられる。
実際、ルフィたちもリヴァースマウンテンを超えてきたのだから。

が、もうひとつのレッドラインは、これまで経路から対象外だった。
天を突くような絶壁であり、人が立ち入れる場所は
聖地・マリージョアのみという書き方になっていた。
世界貴族と世界政府の象徴であるそこは当然、海賊では入れない。
故にその地底の魚人島コースを、ルフィたちも選んだワケだ。

ならばサンジが北海から東海へ渡ったというのは
とりま設定にイレギュラーな事態をヌキにして考えると
「聖地・マリージョア」を通ったということになる。
「シモジモの人間」には成せない引っ越しだ。

無論、サンジもリヴァースマウンテンを超えた可能性が0ではないが、
コミックスのリヴァースマウンテンの話(12巻)を見る限り、
サンジが「経験済み」でココに挑んだようには見えない。
サンジがマリージョアを通って東海に渡ったするなら
世界貴族か天竜人、政府要人の関係者という仮定が成り立つ。

しかもヴィンスモーク家と言う名を聞いて
ブルックが「背筋がゾッとする名前」だと言っている。
恐らくこの中で、一番世情に長けているナミですら、知らない。
海賊稼業の一番長いブルックだからこそ知っている。
ということは、「海賊がらみの悪名」が高いのかもしれない。

ロビンちゃんなら知ってるかもしれない。
クルーではないが、北海出身のローも知ってるんじゃないかね。
拉致時点でこの二人を入れておかないという、細かな設定が泣かせるね!

さて現時点で北海だと分かっている国に
ルブニール王国(ノーランドがいた国、またコラさんが潜入したと思われる)と
フレバンス王国(ローの生まれ故郷・滅亡したっぽい)がある。
ドエレーナ王国という名前も、コアラちゃんから出ている。
他にもドフラが育った国や、ベラミーの故郷もあるハズだ。

まあ全部の国が出た訳ではないので、断定はできないが
貴族と近い場所に住むところほど、差別が酷いようだ。
フーシャ村はのほほんとしているが、山を越えると
ゴア王国の貴族階級が急に表面化する。
そう考えるとエピソード的に北海は、貴族階級が多く住む地域なのやもしれない。

それだけに、富や学問が集結する場所とも考えられる。
コラさんがローを連れて医者を巡ったのはひょっとして
北海に優秀な医者が集まっているからなのかもしれない。
ドラム王国でワポルが医者を独占したというのも
ひょっとしてそういう背景から考え付いた悪行だった可能性もある?か???

話を戻そう。「格差」が当然の国だとすると
嫡男とそれ以下、正妻と側室の子などでも
地味に「格差」が当たり前なんじゃないだろうか、と妄想。
サボですら、微妙な家庭環境で育っている。

が、多分サンジはそんじょそこらの「貴族」の家ではないと思う。
自分の命を盾にする価値があると、サンジは分かってやっている。
「丁重に扱わないと、ビッグ・マムの指令下ですらヤバい」レベルだ。
それが天竜人なのか政府要人なのかはワカランが、
それをサンジが「仲間を騙したつもり」はなく、
本当に縁が切れたと思い込んでいたというのが気になる。

サンジは現ヴィンスモーク家からみて、正当な血統ではないんじゃなかろうか。
例えば妾腹・後妻・前当主の子・分家の養子とか。
妾とかワンピースでそんな設定でるかなあとは思うんだが、
母親と共に酷い扱いを受けていたとすると
サンジの異様なまでのレディーファーストも頷ける気がするのだ。

だがサンジには、政治的価値がある。
「北の闇」に関わることかもしれないし、もしくは単純に
ルフィが5億の男になったことが原因かもしれない。
シーザーの言う通り、ビッグ・マムの傘下にしてしまえば
簡単に取り込めるのだ。(ま、ルフィはそうならないだろうが)

本来はどうでもいい「三男サンジ」だが
海賊と絆を結ぶコマとしては使える、と言うのが「元凶」の思惑か。
それも「駄目なら殺してしまえ」程度ではない。
生捕りと言う手配書を徹底する程に、
なんとしてもビッグ・マムと繋がりを持ちたいのだ。

ゆくゆくは「四皇」からシャンクスをのぞいた
三つ巴の戦いに繋がるんではないかなあと思ったり。
SMILEで兵を揃えるカイドウ。(ワノ国繋がりか?)
武器を密輸しているらしい北海と繋がるビッグ・マム。
そしてDの血と能力を合わもつ黒ひげ。
そこに何にも属さないルフィが新勢力となる、的な。

多少の対決はあるだろうが
最終的にビッグ・マムはルフィとは敵対しないかも。
ローラのこともあるし(まあ何十人もいる娘の一人だから
この辺はビッグ・マムの情にもかかっているが)
上手くひっくり返れば、サンジの立ち位置はすごい力に化ける。

が、もう一つ気になったのが今回のサンジの手紙だ。
「女」という言い方は、どうにもサンジらしくない。
まあ「女の涙」っつー名言はあるけどさ!(笑)
結婚相手を差すのか、結婚を決めた元凶なのかは知らんが、
普段のサンジが言う「レディー」と別物の扱いを感じるのである。

祖父だか父だかサンジが「元凶」を嫌ってるのが
一番すんなりストーリーが進むのだが
これが「祖母や継母」だったりすると、ちょっとややこしそう。
が、ひょっとしてサンジが女と敵対するという
すごいシチュになる可能性も捨てきれない。

ウォーターセブンでナミだけへの手紙を書いたのと対照的に
「野郎共へ」と書いているのも感慨深い。
半分以上が無駄な愛の言葉と割愛されたのと逆に
3行と言う用件のみの手紙だ。
ならば「必ず戻る」というそれは、少なくとも本意だろう。

ところでカポネは、身体の中からの攻撃には弱そうだな。
身体から兵を出す分にはチートだが
成程、この辺が弱点と言えば弱点か。


暗殺教室:案外、弟子は殺せんせーの愛でオチたりしてな。
ブラクロ:ラスボスは小林幸子みたくなんの?
ハイキュー:春高バレー出場枠って3校?
ヒロアカ:特訓はデクの成長に繋がっているのか。
    仲間に助けられる展開もそれなりによいのだけど
    やっぱデクが強くなるトコが見たいよな。
読切:「恋愛配達人ぽすお」。絵柄は可愛らしいけど
   ぽすおが万能過ぎてイマイチ微妙だなあ。
将棋:セオリーで行くとジッポ負けそうだけど
   ソレはソレでジッポにいい友達フラグできそうだよねー。
斉木:照橋さんがフツーの人だったら斉木と上手くいくのか?
火ノ丸:うんうん、やっぱ火の丸はこうあって欲しいよな。
   この漫画に恋愛フラグて立つのかと思ったが
   案外さりげなく馴染んでる気がする。
サモナー:悪魔たちピュアすぎる。左門君黒すぎる。(笑)
ブリーチ:……あ、主人公だ。(笑)
読切2:「あの娘はヤリマン」。タイトル出オチそのまんまやな。
ダンス:はっはっは!宮大工面白いな!!
    いやしかし、確かにつっちー達はスゴイのかもしんない。
食戟:えりなパパ、キツいのか甘いのかわかんねーな。(笑)
ワートリ:アタッカー4人の連携が楽しいなあ!
     またガロプラ、あんま悪い奴らにも見えないんだよな。
     ヒュースが玉狛に入る話は多分来るような気がするので
     こっからの展開も注目だなー。
     早くアニメも本編に戻らんかなあ。
ニセコイ:春ちゃんはどーやっても大好きなおねーちゃんの
     ライバルにはならんと分かってるからなあ。
     千棘・小野寺ちゃん選択の時間稼ぎにしか思えん。、
野球:野球しないまま終わりそうだなあ。(笑)
   クロスマネジよかったから応援してたんだけど。
磯兵衛:匠の技と十人の思惑が一致した珍しい例か。(笑)


これから出かけて風呂はいってくる。
今日はここまでぇぇーーーーーーーーーーーーーーーいぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2016-01-26 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。