プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

799

昭和の犬

昭和の犬 (幻冬舎文庫)昭和の犬 (幻冬舎文庫)
姫野 カオルコ

幻冬舎 2015-12-04
売り上げランキング : 77644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


直木賞受賞作。
この手の賞の評価が割れることはもうお約束なのだが(笑)、
初読の作家さんで、先入観なしに読めたのはよかった。

いびつな家庭に育った少女が、昭和から平成の時代と犬を見つめた人生記。
主人公が馬車に揺られているくだりから、ストーリーは始まる。
今までずっと別居していた両親──、
シベリアで捕虜生活を送り、いつキレるか分からない父と、
そんな父を「アンタのお父さん」と呼び、理解しがたいシーンで主人公を嗤う母と
一緒に暮らすためだった。

家庭内には、喧嘩の会話すらない。
その所為なのか、少女は人に聞き取れないような声でしか、喋れない。
少女の傍に居るのは、犬だ。
と言っても、犬が喋ったり人語を解したりはしない。
父が勝手に飼った犬には、噛まれて大怪我すら負ってしまう。

そんな家庭環境の中で、父は何度も犬を飼う。
どんな大型犬も凶暴な犬も、不思議と父だけには首を垂れる。
さりとて父が「本当はいい人」と言う描写は皆無だ。
動物モノにありがちなファンタジーは一切なく、
少女の幼少時代はただ息苦しく紡がれていく。

これまた分かり易い話ではない。
一体この話のオトシドコロはどこなのだろうと思いながら、
淡々と読んでしまう。そんな感じ。
やがて少女は故郷を離れるが、
時代と土地を変えても、やはり彼女の行く先には必ず犬がいる。

分かりにくい話ではある。
ハッピーエンドという訳でもない。
けれど最後の下りで、ほ、と息をついてしまう。
60にもなった「少女」がみてきたものを
一緒に並んで見つめるような心持ちになる。

家や両親の影響というのは、かなり大きいと自分は感じる。
右の道を選びたいのに、足が勝手に左に進んでしまうような
呪縛にも似た重みが自身に宿る。
だが、それが不幸なのではない。
それに気付けないことが不幸なのだ。

いびつな両親は、それに気づかないで逝ってしまった。
けれど少女は、そのことに気づく。
ハッピーエンドという訳でもはない。
けれど、ほ、と息をついてしまう。
他の者にはどう見えようと、彼女は幸福に辿り着いたのだ。
少なくとも、犬はそれを理解した。

動物物語にありがちなファンタジーをつけなかったのは
ある意味、犬もまた時代の波を生きる者だからではなかろうか。
半野良から鎖に繋がれる生活へ。そして室内犬へ。
少女と一緒に、昭和を歩いてきた。
そして平成を歩いていく。

繰り返すが、感動巨編という訳ではない。
犬だけにわんわん泣ける話かと思うと(オヤヂか)、多分肩透かしを食う。
けれど多分、そうして大きな何かを求めると
人はなかなか幸福になれないのだ、と思う。
たった1つの小さな安堵を吐くために、自分はこの本を読んだのだろう。

それでよいと思った。

個人評価:★★★


旅行前こぼれネタ。

個人旅行なのでホテルも別に取る。
互いにサイトを見ながら、こんなカンジでLINEで相談。

20160107-1.png

12月旅行の航空チケットとホテルの予約をするのは、8月くらい。
オンシーズンにいくので、大体半年前に済ませておくと安心。

20160107-2.png

日本と違って1部屋いくらと書かれているので人数で割るのだが
なぜかBだけが謎のドル相場。
オマケに見るとこが軒並み高い。(笑)
 
20160107-3.png

20160107-4.png

キャンセル不可の物件を予約してしまう。

20160107-5.png

結果から言うと数日後、直接サイトにメールしてキャンセルできた。
でも本来は出来ないと思われるので
(オンシーズンだったから許してもらえたと思われる)
オンライン予約には気を付けませう。


航空チケットも、正月なのでそれなりに高いが
トランジットの多いヤツだと安い。
自分のはバンコクのみを経由するのでフツーだが
中国便で半額以下、30時間かかるというのがあった。

ワシはやだけど(笑)、体力気力に自信ある人はチャレンジしてみてもいいかも。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。