プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

796

カンボジア旅行雑記 その4

4日目は郊外のベンメリアへ。

20160104-1.png

2日目のタブロームと同じく樹木に覆われた遺跡群で、
「天空の城ラピュタ」のモデルと言われる。
ただし車で1時間半ほどかかる。
おっちゃんに聞いてみると、2時間ほどかかるが
トゥクトゥクで連れてってくれるというので、行くことに。

が、さすがに距離があるので、別料金になるという。
これまで4人で1日20ドルを払っていたのだが
今日は1人20ドルを提示。
高いのか妥当なのか、この時点では分からなかった。
コレは後で判明する。

が、この20ドルが各メンバーの持ち金に大きく影響。
残りの食事と土産で、ギリギリかちょっと足りないくらい。
まあいざとなったら日本円換金できるしな、と
朝飯食って、ほぼ時間通りに出発。

========================================================

舗装された市街地を抜けると、赤土の道が延びている。
住宅街らしき家並みを抜けると、一気に視界が開ける。

20160104-2.png

ぽつぽつと高床式の家が見え、生活雑貨を売っているような店もある。
車やバイクも通るが、この辺りは農業や牧畜が主な仕事のようだ。
市街地とはまた違うカンボジアが、ある。
トゥクトゥク遠乗りは楽しみだが、
そろそろBの体力がレッドゾーンをウロウロしており、多少気がかり。

おっちゃんが途中で、生活雑貨の店に停車する。
何だろうと思っていると、ガソリンをいれるという。
……ココで?

■レギュラーハイリマース。(爆)
20160104-3.png

※注:炎天下です。
イヤそんな醤油入れ替えるみたいなカンジでええの?
万一のことがあったら、ハリウッドみたいなことになりそうだけど。
が、店もおっちゃんもさくさくと給油作業を終えた。
すげぇなカンボジア。

■トゥクトゥクの揺れを動画撮影してみた。


道でバウンドするくらいは当たり前。
時におっちゃんは減速せずにコーナリングを披露したりするので
後ろ向きに座ってると結構にアトラクション。(笑)
Bがずっと居眠っておったので、飛び出しそうでそれも怖かった。(笑笑)

■Bのカンボジアファッション
20160104-b1.png

疲れ切った農家のオバチャンのようであった。
(帽子止めがお役立ち。自分は帽子の上にパーカーをかぶってた)

========================================================

■ベンメリア ~みろ、わたしがごみのようだ
20160104-4.jpg

雰囲気は2日目のタブロームと同じなのだが、
こちらの方が規模がデカいのと、
あとこのガレキの上に昇って写真撮ってOKなのがスゴイ。
もうこんな場所でヒャッハーしない筈があろうか…!
(そしてやっぱりAとBとはぐれる)

チケット5ドルを買って、いざ入場!

20160104-5.jpg
20160104-6.jpg
20160104-7.jpg
20160104-8.jpg
20160104-9.jpg


■一休み。
20160104-10.jpg

ここで日本人観光客の会話を小耳にはさむ。
一人はベンメリアに来るのに、往路だけで50ドルかかったという。
また他の人は、往復で45ドルだという。
本当に交渉次第で値段が違うのだ。

それを聞いて、おっちゃんの価格設定が妥当であると判断。
もっと安く済ませた人もいるかもしれんが、
安心度や融通度を考慮して、自分はこれでよいと思った。
あくまでグループで行く場合だが
1人あたり20ドルで済むなら相場だと思う。


■昼飯とおなじみフローズンシェイク。
20160104-11.jpg

ここで4000リエルの1ドルの代わりにしていいかと聞くと、断られた。
昨日の晩メシの店ではOKだったんだけどなあ。
どうも店と言うか、店員によって対応が違うっぽい。

どこのメシ屋でも、コップの水につけたカトラリーや箸が出てくるのだが
これが清潔なのかどうか、ちょっと微妙。
失礼かもしれんが、除菌シートもっていくと安心。
自分の身は自分で守らんといかんのだ。

========================================================

そうしてまた2時間近くかけて、ホテルに戻る。
遠出なので、この日はベンメリアのみの観光。
が、ちょっと勿体ないので近所を歩いてみようと思い立つ。
数日カンボジアを見てみて、明るい内に通りを歩くくらいなら大丈夫と判断。

Bは勿論死んでいるのでホテル待機。
Dは興味無い場所にはついてこない。
Aも行きたい!というので一緒にでることにする。

■プサールーマーケット
20160104-12.png

オールドマーケットと違い、本当に地元のスーパー的市場。
初心者ではとても買い物は出来そうにないが、
見学だけしようぜってんで中に足を踏み入れる。

■なんでもあります。
20160104-12.jpg
20160104-13.jpg

うん、鍋ヤカンからブタの頭までなんでもある。(笑)
オールドマーケットと同じく臭いはあるが、思ってたよりはフツーに歩けた。
が、スゴイのは店がひしめく狭い通路を
バイクや自転車がバンバン通る。
その中で涼しい顔して、生肉にガツンと包丁をいれたり
バーベキューコンロのようなもので惣菜を作っていたりする。

個人的に面白かったのが。

■バナナ屋?
20160104-14.jpg

もちろんフルーツ屋はあったが、バナナオンリーの店。
バナナのみ。で。

■5軒先くらいまでバナナ屋。(笑)
20160104-15.jpg

バナナの需要たけぇな。
カンボジアすげぇ。

■オマケ。ケーキ屋。
20160104-16.jpg


========================================================

ホテルに戻って余談。

20160104-d1.png

20160104-d2.png

20160104-d3.png

20160104-d4.png

20160104-d5.png

1日目も同じことをしたのだが、その時はちゃんと来た。
どうもアルバイト(?)の知識に差があるように思う。

あとバスタブもトラブルがあったのだが
すぐには来てくれるもののの、結局「明日やるね!」ってことになったりで、
まあなんつーか、おおらかなキモチで行くといいよカンボジア。

========================================================

■パブストリート。
20160104-18.jpg

オールドマーケット近くの繁華街。
この辺りはゴハンと土産、二つのミッションがクリアできて便利。
ついでに換金所に連れてってもらい、少しドルを足した。
3000円→23ドル+端数をリエル札に換金。

■カンボジア最後の晩メシ。
20160104-17.jpg

クメール鍋を食す。ショウガ味が効いててんまかった。
メシが食えるとこでは、高確率でぬこやわんこがいる。


マーケット内の商品にはまったく値札がついていない。
商品みてるとすぐ店員が飛んできて、●ドルだと言う。
( ´_ゝ`)フーンって顔してると、ディスカウントできるという。
さあここから交渉の始まりだ…!

常なら提示された金額で買ってもいいのだが
(日本よりは安いし、旅は金を落としに来てるのだと思ってるので)
が、今回はマジに資金がギリ。
職場の40人分の土産を買わなくてはならない上、
6ドルは残しておかないと、明日の昼メシが食えない。(笑)

そんなこんなで手元に8ドル残った。
ここから明日のトゥクトゥク代をひいて5ドル。
(※半日なので少し値引いてもらった)
よし、なんとかイケる…!

========================================================

■夜のマーケット周辺。


この交通量でよく事故が起きないもんだと思ってたら、この帰りに事故見た。(笑)
二人乗りバイクと車が衝突。
が、バイクは起き上がってさっさと走り出し
車も傷がついていないかだけチェックして、フツーに走り去った。

つくづくカンボジアすげぇ。


明日は昼のチェックアウト。夜便でタイ→日本へ。
次の記事で最後ー。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。