プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

791

文藝春秋 「火花」

文藝春秋 2015年 09 月号 [雑誌]文藝春秋 2015年 09 月号 [雑誌]

文藝春秋 2015-08-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本棚の都合で受賞作品とかは
いつも文庫になってからしか読まないのだが
今回は話題になっただけあって、職場に買った人がいたので
借りることが出来た。やっほい。

とりあえず注目の芥川賞受賞2作品だけ書きとめとく。

「火花」/又吉直樹
彼の著作を、いままで拝読したことがない。

別に避けていた訳ではないのだが、
自分は基本、芸能人が出したエッセイ作品などを読まない。
単純に他に読みたいものが沢山あるので、そこまで手が伸びないのだ。
が、又吉氏が作家としてこれからも活動されるのであれば
喜んで読ませていただく。

まずは読んだ印象。
太宰っぽいな、と思った。
真顔で面白いこと言っちゃう感じがすごく。
「芸人」という職業を題材に選んだのは
彼の本職だからというだけでなく、面白いと思う。

「新人」とも言えない妙齢で、
「売れている」とはとても言えない芸人が主人公。
花火大会の催しの1つとして、誰も聞いてもいない漫才を終え、
はじめて「師匠」と思える先輩芸人に出会う。

先輩芸人は、滅茶苦茶だ。
金が無くても意地で後輩にオゴり、
売れてなかろうが、周囲に合わせようなどと考えもしない。
笑われなくても己が面白いと思うことだけをやる。
それは気弱な主人公に、眩しいばかりの存在だった──

よく考えて構成された作品だと思う。
個人的にこの手の受賞作品は
「とるに足らない事」「見逃しそうなこと」「普通に見えること」から
「人間」という千差万別の物語を
掘り下げる角度が好まれるのだと思っている。

ぶっちゃけいえば、「ちょっと分からない」部分を含んでこそ
この賞なんだと思う。
又吉氏のフィールドでありながら「人間」というドラマでもあり、
小難しい理屈と分かり易い感動の塩梅やら
なかなか「計算高い」作品であると感じた。

嫌味で言うのではなく、又吉氏はちゃんと
真剣に文学賞に挑んだことを評価したい。

コンビ同士の話なら、もっと分かり易い話だったろう。
が、事務所も違う「私的な尊敬」という損得も義務もない間柄だ。
その上主人公は少しばかり、地道な努力が実を結び始める。
が、師匠は底辺芸人のままだ。
彼らの関係を縛るものは、主人公の心だけなのだ。
なのに師匠は、なおも底辺から下落する穴を掘り続ける。

とるに足らないことであり、同時にとても人間臭さがある。
が、自分がこの物語をいいと思ったのは
「笑い」への探求心が描かれているところだ。

芸人は、ただ面白い話をするだけではない。
考えているのだ。
なぜこれが面白いのか。面白くないのか。
面白い筈の世界がつまらない理由を。
つまらない世界が面白くなる道を。意味を。

ただ面白いだけでは、笑いは生まれないと思う。
むしろ哲学者のようにあれこれ考えてしまう人間の方が
面白世界の真理を知っているのではないか。
文学世界に挑みながらも、又吉氏の本職としての
もがき、答え、疑問、そして歩いていく方向が描かれている。

自分は個人的に、「決めの言葉」のようなもので
ウケや流行語を取る最近のお笑いは好きでない。
あ、でも安心してください。使いますよ?(使うんかい)
ソレはソレとして、ボケとツッコミが好きなのだ。
芸人たちの哲学が。

確かに、又吉氏が芸人であるからこそ
この小説が深い意味を持って受賞したという点はあろう。
が、多分何を書いても彼が「名の売れた芸人」であることは
引き合いに出されたろうと思う。
そこを真っ向勝負したのだと思えば、潔い。

敢えて難を付けるなら、このネタは彼がもっと芸人として熟成してからの方が
もっと深味が出ただろうとは思う。
「名刺代わりの一作」としてはうってつけながら
少し功を急いだかなという感じもある。
また又吉氏と言う色が色濃く出ているだけに
やはり「そうでない」作品を出すまでは真価は問われるだろう。

だがそのハードルを越え、次作にどんな題材が選ぶか、期待したい。

個人評価:★★★★


別記事として「スクラップ・アンド・ビルド」も書きたい。


LED活用できるかな。

■そして輝くクリスマス!\ハーイ/
20151225-1.jpg


■コレもホワイトクリスマス。
20151225-2.jpg

「便器とLED、案外美しくね?」
「…3日くらい出てない苦悩が伝わって来るな」


■ホワイトクリスマス その2
20151225-6.jpg

「幻想的だろ?」
「確かに異世界に通じてそうだな、この便器」


うむ。いっそホラーに徹した方があうのかもしんない。


■大掃除はお済みですか。
20151225-3.jpg

「いいじゃん、年末っぽいよ!ホラー感もあるし!」
「ドッチっつーと、お前の方が退治される方みたいだぞ」

いや、テーマはクリスマスキャンドルだった気がする。
じゃあコレだ。


■シングル鈴(りん)、シングル鈴(りん)、鈴(りん)が鳴るー♪
20151225-5.jpg

「これが枕元に立って…」
「お迎え来ちゃってるじゃねーか」


皆様、よいクリスマスを。(迎えられるかい)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。