プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

770

WJ2015年51号

wj


ONE PIECE休載だけど、後でちょっと付け足す。

新連載:「バディストライク」。野球漫画。
    クロス・マネジの人だよね。絵も話もよさげなんだけど
    野球漫画だと言う1点だけが心配。何故かジャンプって
    野球とかサッカーのメジャースポーツがイマイチ続かないんだよな。
    キャッチャーに焦点を置いていると言う珍しさに期待するカンジか。
暗殺教室:おお、クライマックスか…!
     やはり宇宙ステーション、また関わって来るかな。
ヒロアカ:砂糖くんて「1粒300メートル」を地で行く人なのか(笑)
     峰田はある意味、デク以上に「凡ヒーロー」の象徴でもあるよね。
食戟:いや勝負すんのかい!素直かお前!(笑)
相撲:いやまさか部長がウィンクしながら握手を求めるキャラになろうとわ。
斉木:ギャグとして笑っていいのかコレ笑
   編集で駄目になった漫画があるって深読みしちゃうぞ。
ダンス:いや、見慣れないしインパクトも薄れないよ部長…。
魔法:遊び章は1話で終わりか。ってかノエルちゃん、変装くらいしなさいよ
将棋:ドンッて(笑)。駒からすげぇ音でてんぞ、
   ヒカ碁を思い出すけど、ゲーマー君との勝負はなかなか面白かった。
こち亀:分冊なー。たまに興味惹かれるけど、
    途中で廃刊になったのもあるって聞いて、怖くて手を出せん。
サモナー:左門、更にキャラが壊れる(笑)
ワ―トリ:木虎ちゃんの過去話ではなかったのか~。
     オサムとしては縁の下のリーダーが更にレベルアップってとこか。
ニセコイ:万里花ちゃんでええやんもう!!
     結局万里花ママのことは最後までようワカランかったな。
ブリーチ:ああ、伊勢ってそういう意味で。
     じゃあいままで七緒ちゃんてどうやって戦ってたの?
磯兵衛:奥に引っ込んでへん大奥やなあ(笑)

ココより後ろって、もう完全な終了フラグゾーン?
カガミカミはなんかイロイロ残念。


で、前回違うこと書いてサンジの危機には触れなかったので
今回でワンピつけたし。

サンジ死亡説。
──はまぁ、無いだろうと思う。
が、だいぶん切迫した状況ではありそう。

取り敢えず前回までで確定しているのは
 ・ワンダ達が「仲間の死体」という表現を使っている
 ・ナミとチョッパー以外の姿が見えない
 ・ミンク族を助けるために、その「結果」になってしまった
 ・少なくともルフィが来るまでナミは寝ており、
  ルフィたちが到着したことで笑顔になるくらいのテンションは保っている

正直なとこ、あんまり伏線が書かれていないので
尾田先生の筆ひとつで大いに変わる可能性は高いのだが
とりあえずこの時点での予想。

予想1/ジャックの手下に連れ去られた?
無くはない。が、ワンダの「死体」という言葉からして全員ではない。
一番最悪なのはモモの助とシーザーが向こうの手に渡るパターンだが
モモの助が連れ去られて、ナミさんがのうのうと寝てるのも考えにくい。
可能性があるとしたら、シーザーを取り返されたくらいかな。

予想2/サンジたちが動けない?
シーザーのガスなのかジャック側の攻撃によるものなのかはワカランが、
サンジたちがまとめて動けない状況になっている、という事は考えられる。
  動けない説 ①
 当たり前に考えられるのは瀕死状態・重度のケガだが、
 それならチョッパーが王様のように着飾ってウロウロしてないだろう。
 ならチョッパーの医術ではどうにもできないということになる。
  動けない説 ②
 仮死状態。ココで疑問となるのがブルックだ。
 ヨミヨミの能力者であるブルックは「仮死状態」になれるのか?
 単純にサンジたちの「死体」を看ている可能性もあるが
 ルフィたちが来ても現れないなら、島にいる残りのメンバーはやはり
 「医術の範疇にない仮死状態」になっているのではないか?

 「医術の範疇にない仮死状態」とはなにか。
自分がふと考えついたのは2つ。

 A シーザーのシノクニ
が、これは例の蝋人形のような状態から出してやれば
助かることを全員知っている筈だから、1週間放置したとは考えにくい。
だがもし改良版や、何か最悪の事態が起こった場合はどうなるか分からない。
 B ゾウ特有の現象?
ワンダの言う「死体」が、地上と意味が異なると言う事も考えられる。
生命を失ったと言う意味の「死体」ではなく、
サンジたちは「何か」に変わってしまった──、とか。
それでチョッパーの手の施しようがないのでは?という予想。

自分が好きなせいで、どうしても「悪魔の実」と繋げたくなるもんだから
偏った妄想になるのだが、まあ予想だからイイじゃん。

ふと思ったのだ。
ゾウでは「死体」はどうするのだろうと。
ゾウの上では死体は土にかえることが出来ない。
まあ短絡的に考えれば水葬かなと言う気もするのだが
そもそも土の無いこの場所で、植物はどうやって育っておるのか。

それが先週ウダウダ書いてた「パイロブロイン」云々に繋がったのだが
ヴァースと一体化してスーパー土壌になるように、
植物や動物と一緒になることでも、「パイロブロイン」は命を育めるんじゃないか。
ボーイン列島がその一例?か???
妄想だが、ゾウの島では悪魔の実に近いものが育つんじゃないかなあとか。

ミンクの実とでも言った方が近いかもしれない。
生まれ変わりの実とか。
いやうん、細かいことが考えるとやっぱ違うかなって点も多々あるのだが、
サンジたちが「実になった」らどうかなと妄想したワケだ。
命を受け継ぐようなシステムが、この島にあったんじゃないか、と。
そもそもゾウが1000年生きてる事も謎だし。

これを応用したのが「悪魔の実」だったとしたら、どうだろう。
ゾオン系というこの漫画の造語も気になっていたのだが
ひょっとして「ゾウ」という言葉が語源になっているのかもしれん。
パラミシアは英語で調べると「ゾウリムシ」になるが、
要は細胞を変化させて得た特質的な意なんではないかな。

ロギアはようわからん。
「神」的な意味があるんじゃないかなーと予想してるんだが。
まあ語源の話はおいといて、
ワンダたちは悪魔の実ではない、
純粋な動物の「能力者」と考えていいんじゃないかなと言う話。
いわば悪魔の実の源泉に近い存在なんじゃないかなあと。

ゾウを考える材料がまだ全然ないのでハンパになるが
モモの助・ブルック・シーザーが「能力者」であるのと
サンジが普通の「人間」であるのとで
何か問題が生じているんだろうかと思ったりしたワケ。
いや、半端で終わるけど予想だから妄想だから。

別に
予想3/サンジのみ連れ去られた?
モモの助以下3人は「死体」という仮死状態に近い状態になって、
サンジはジャックに連れ去られたと言うパターンもあるかもしれない。
手配書もまわってるんだし。

だとすればナミが「サンジ君が…!」と
サンジのことだけを詫びているのも理屈が通る。
また「生捕り」が条件だったので
少なくとも生命の心配はしなくていいことになる。

ンマー、1週空く間にこうして考えを整理してもいいんだけど
イイトコで終わられると消化不良がハンパねえわ!

きょうはここまでーーーーーーーーーーーーーーぃぃい。



関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2015-11-17 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。