プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

764

メビウスゲイト桜田門

メビウスゲイト桜田門メビウスゲイト桜田門
龍道 真一 スカイエマ

大隅書店 2015-10-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


指名献本で頂いた本。
何故なら自分が滋賀枠だから。(笑)

桜田門、と言えば今は警視庁だが
歴史的にはやはり桜田門外の変。
井伊直弼が暗殺された事件のことだ。
ええ、滋賀の彦根藩主の。(さも常識そうに)

日本史の井伊大老と言えば、
日米修好通商条約であり安政の大獄であり、ドチラかと言うと悪名高い。
自分も職場で「滋賀の人は井伊直弼をどう思ってるんですか」という
人生初の質問を受けたことがある。(笑)
いや別に、大老を想ってドキドキしたり胸を焦がしたコトはねぇけど。

不利な条約を結んでしまったことは確かに失策だが、
同時に幕府の過渡期だったのだから仕方ない。
が、それは現代にある自分達の目線だからこそ
開国・倒幕のターニングポイントとなった井伊大老の悪行を
「歴史」として納得することが出来るのだ。

話が長くなったが、本書はタイムスリップを軸にしたSF歴史ノベルだ。
宇宙物理を専攻する学生と教授は何の因果か、
黒船が来航した幕末にタイムスリップしてしまう。
そこに居合わせたのが、大老の井伊直弼。
教授のアドバイスで、大老は開国を決意するのだが──。

ここまでならあるあるなタイムトラベル物だが、
次にこの二人は2030年の近未来に飛ばされてしまうのだ。
そこではなんと某大国が巨大な軍事力を背景に、
海域条約の改正を迫っているという、一触即発の事態が起こっていた。
しかも時の総理は、教授の元教え子だった。

──戦争か、条約改正を飲むか。
国民や識者から非難ごうごうの総理に、教授はアドバイスを──
うん?この展開どっかで見たことねぇ?
そう、これは現代版「井伊直弼」と「黒船来航」なのだ。
いや、このアイディアは面白い。

歴史人が善人か悪人かという問いに
私達は恐らく、「是」という回答を述べるだろう。
自分達が立っている足元は、それらが土台となっているからだ。
が、現実や未来になった途端、恐らく解答は割れるだろう。

正直なところ、歴史と国家の説明はややライトだ。
(反してタイムスリップの説明は何故か細かい・笑)
が、現代の日本に「黒船」が来航したら、
ちょうど時事問題もあいまって、「戦争」という言葉がリアルな現実問題となる。
──不利な条約を飲むか、開戦か。

そこで初めて読者は、井伊直弼が立っていた場所が
いかに最悪な状況だったかという事を知る。
や、自分も大老を想って胸を焦がしたのはコレが初めてだよ!

確かに、最善の一手ではなかった。
けれど大老は「開戦」という最悪の事態だけは回避したのだ。
滋賀作だからと言って、「名君だった」と言う面だけをプッシュはしない。
その「独断」のために大老は歴史に選ばれ、そして暗殺された。
歴史のターニングポイントとして、大老は重要な一点だったのだ。

そういう意味で、大老を善人に描く必要は無い気もしたが、
微妙な桜田門外の変という歴史イベントを
面白い形で題材にした点を評価したい。
なにより滋賀の名跡と近江牛の番宣やよし。
滋賀褒メテクレルヒト、ミンナイイヒト。(宇宙人か)

実は今年は、井伊直弼公生誕200年祭。
お膝元の彦根では今年の7月から12月まで、
なんと167日間にも渡って大老をはぴばしているらしい。
悪名の方が高いのに、コレだけ愛されている歴史人は
なかなか居ないと思う。

さあ!君もこのちょいワル親父に胸を焦がすがいい!!
ついでに滋賀におこしやすがいい!
心の底からおもてなしてくれるわ!!

個人評価:★★★


ホネホネ荘進捗状況。

■台所に棚を作ってやる。
20151104-3.jpg

出来れば換気扇と湯沸かし器を付けたいところだが
シリコンや樹脂に手を出したら、もう戻ってこれない気がする…。


■カレンダーとティッシュボックスを作ってやる。
20151104-5.jpg

ちゃんと来年分まであります。(笑)


■玄関開けたら2秒で生活感。
20151101-6.jpeg

写り切らなかったけど、押入れの隣はトイレ。


■そんな生活感の一部。
20151104-4.jpg
「掃除すんだからどけよ!」
「いまようつべを…」
「ああ!?」

コイツラなんでこんなに愛らしいんだろう。(真顔)


■オマケ。
20151104-1.jpg
「チャーハンつくるよ!」
「す、すげえ!アオリまで…!」


■チャーハンつくるよ! その2。
20151104-2.jpg
「まあ出来上がりもアオったままなんですがね」
「すげえ」


半纏とか作ってやりたいが、裁縫関係は不得手。
しかしコイツらのサイズにあう服なんて、作るしかない。
なんかいい方法ないかな…。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。