プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

710

盤上の夜

盤上の夜 (創元SF文庫)盤上の夜 (創元SF文庫)
宮内 悠介

東京創元社 2014-04-12
売り上げランキング : 27605

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャンル付けが難しい。
SFと言うとそうであるようなないような、
さりとてほかのジャンルに入れるとどれも違う気がする。

様々なボードゲームを主体にした短編集。
が中身はライトノベルではなく、
むしろ予想外に重さにオロオロしたりワクワクしたり、
コレも一口に語れない読後感だ。

全て記者が取材をしているような形で、ストーリーが進む。
盤上の夜 ゲーム:「碁」
 四肢を失った女性棋士の、余りに異色な過去
 元タイトルホルダーの棋士が、その代打を務める異色な対局
人間の王 ゲーム:「チェッカー」
 コンピューターによって「完全解」を見つけられてしまった
 チェッカーと言うゲームの元王者への取材
清められた卓 ゲーム:「麻雀」
 プロ・宗教家教祖・医者・9歳の少年で行われた
 誰も見ることのなかった麻雀のタイトル戦、

象を飛ばした王子 ゲーム:「チャトランガ」
 釈迦が出家した後の息子・ラーフラのその後の苦悩
 チャトランガとはチェスや将棋の起源といわれる
千年の虚空 ゲーム:「将棋」
 棋士を目指した兄・その才能を凌駕して棋士となった弟、
 そしてその二人の運命の傍らにあった女性の話。
原爆の局 ゲーム:「碁」
 広島に原爆が落ちた時に碁のタイトル戦があったと言う実話を元にし
 表題「盤上の夜」を含むすべての話の総括となる。

割と詳しい描写を用いているので、碁と麻雀に関しては
多少の基礎知識があったほうがいいかもしれない。
自分は「ヒカルの碁」と「アカギ」を嗜んでいる(?)程度で
まあなんとか食らいつけたか、少し分かってないかもというレベル。
以上、ヲタクの判断基準。(笑)

本書の面白いトコロはボードゲームと言う、言ってしまえばただの遊戯から
こんなにも縦横無尽に広がるのかという世界だろう。
以下、掲載順の感想。

碁と言う19路盤の世界から始まる世界。
碁はいまだコンピューターでも、人間に勝てないとも言われる。
そこから「完全解」を見いだされてしまったゲームの話へと続き、
「人」がゲームをする意義というものが問われる。

そして知力と気力を尽くすボードゲーム中でも
「運」と「ギャンブル」要素の高い麻雀。
ゲームは果たして、聖なるものなのか非なるものなのか。
だが「運」というものに全てを委ねるのなら
それは違う意味で「神の領域」にあるのかもしれない。

話の座標軸は、過去へとさかのぼる。
ゲームが生まれたそれを、釈迦のその息子になぞらえる。
史実でラーフラがゲームを生み出した訳ではないのだが、
コレは本当に神がかっている。
本書の中で一番これが好きだ。

以下2作は単行本化された際の書き下ろしらしい。

四肢を失った女性が主人公の「碁」と対をなした「将棋」は、
精神を病んだ男が主人公だ。
別世界の話だが、どこか似通っている。
ゲームを超えた違う世界を見る者たち──
ゲームという世界は一体、どこへ通じているのだろう?

最終話の元ネタは、実話であるらしい。
原爆の落ちた8月6日、広島で本因坊戦第2局がおこなれた。
一度は爆風で吹き飛んだ石を拾い、対局を続行したのだとか。
3局目は戦後、国内状況も食糧事情も最悪だった中、
非常なハードスケジュールで敢行された──

各々の話の背景に、思わず圧倒される。
総括である最終話は、余りにも壮大だ。
何度も何度も読み返して、いつか
ああ、と腑に落ちるときが来るのかもしれない。

本書によって受ける印象は、恐らく人それぞれだろう。
茫漠と凄いものを読んだと言う気もするし、
とてつもなく恐ろしいものを見たような気もする。
ボードゲームというものを通して
非常な高次元からこの世界を見下ろしたような。

全てを理解したとは言えないかもしれない。
──人類というあまりに広い盤上に在る、私達もその駒のひとつ
今の自分が言える感想は、これだけだ。

個人評価:★★★★


夏らしい話でも。





電車で行くとこだったから。







オバチャン数十人で漕ぐ波はパねぇらしい。
妹によるとヘリにつかまっても容赦なく流されるレベル。

夏らしい話。(どこが)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。