プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

71

国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ!

国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ! (ちくま文庫)国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ!
吉田 一郎/筑摩書房





by G-Tools


もうすぐ休暇という事で、旅行の計画でも立てる代わりに
とりあえずこんな本を読んで気を紛らわせてみる。(行けよ)

さて名前の通り、世界各国の雑学本だが
ハワイやフランスなどというメジャーな観光地ではなく
学校で習ったようなそうでないような
記憶の重箱の隅にすら存在が危ぶまれるレベルの
地球儀に目をくっつけて見なくてはならない小国ばかりである。

本書は「東アジアにはいくつの国があるか?」というクイズで始まる。
日本政府の公式見解では「日本・中国・韓国・モンゴル」の4つであるらしいが
台湾政府では「中国(※中華民国)」の1になるらしい。(笑)
つまり、お国の事情で答えが変わってしまうのだ。

ちなみにサッカーW杯に置き換えると
「日本、韓国、北朝鮮、モンゴル、中国、台湾、香港、マカオ」の8か国。
スポーツマンシップに乗っ取ると、随分国際色豊かになるから不思議。
と言う訳で、今回は書評もクイズ形式にて。

~国マニア 初級編
①世界最小の国家は何処か。
 ヒント:正確には市国。イタリア領土内にある、治外法権国家。
②面積は日本の6倍、人口は6万人弱という世界最大の島は?
 ヒント:デンマークの自治政府
③公式での1人当たりの国民所得のトップはルクセンブルク。
 では非公式でそれに肉薄するイギリス海外領土は?
 ヒント:船や飛行機が行方不明になる方が有名

この辺なら、普通に名前は聞いたことがあるかも知れない。
では次に行こう。

~国マニア 中級編
④イギリス沖合にある、面積207㎡・人口数人という
 公式ではどこも国と認めていない国家は?
 ヒント:今年になって元首がお亡くなりになりました
⑤法定通貨として、キティちゃん金貨が使える国は?
 ヒント:日本ではない。基本はニュージーランド$。
⑥アフリカ大陸で、五日間だけ独立を認められた国は?
 ヒント:数年前にどなたかがソマリアに行ったとか
     実はこっちだったとか話題に。

ネットでニュースを見る人なら、結構ご存知かもしれない。
解答は検索したら、ほとんど出てくる。
上級編はハイレベル過ぎる気もするので
書評代わりにちらっとご紹介。

個人的に笑った小国家・ナウル共和国。
場所は南太平洋、パプアニューギニアやソロモン諸島近辺。
面積は東京都くらいで、世界で3番目に小さい国家。
公式の首都がないというのは世界唯一らしい。
無論自分も知らなかった。

何で生計を立てているのかと思いきや、島全体が燐鉱石であるらしい。
元はドイツとイギリスの合併会社が統治していたようだが
独立してからは資源で一気に豊かになり
働いているのは国家議員18人だけと言われるまでになったと言う。

が、燐鉱石は限りある資源。
それが枯渇すると今度は暴動が起こり
大統領官邸にあった1台しかない国際電話機が壊れて
「国ごと音信不通」になったという凄い国である。(爆)

52か国もの情報が250ページほどの本に収められているだけあって
説明は簡潔で分かり易く、また面白い。
日本はこんな政情とは無縁だなあと思いつつ読んでいたら
あとがきで「大宮市がさいたま市になって、浦和の植民地になってる!」
(※この頃は香港で仕事をなさっていたらしい)
と書いてあって、思わず笑った。

楽しいのでいろいろ書きたいが
あんまり書くとネタバレになるのでこの辺で。
雑学と歴史の両方が楽しめる良書である。

個人評価:★★★★


あ、今日ジャンプの発売日か。仕事の前に買わねば。

そうそう、気付くのが遅れましたが
拍手ぽちっと押してくれた方、ありがとうございましたー。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。