プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

706

WJ2015年34号

wj


ONE PIECE794 「サボの冒険」
わはは!表紙絵いいね!( ´∀`)bグッ!
やっぱドフラの顔は秘密で終わるんかいの。
まぁソレはソレでいいけどさ。

伏線満載だった前回と比べると、今回はスピードダウンというか
何かこう番外編を読んだような別空気感。
疲労困ぱいして爆睡しているルフィたちの姿は
やっぱりアラバスタ編を思い出させる。
しかしキュロスとローばかりか、ベラミーが寝とる!!!

いや多分今回のメインはサボが
「長い間記憶喪失あった為にエースとルフィと関わりを持たなかった」
というネタばらしだったんだろうが
なんというか個人的に「うーん」ってカンジだった。
その辺は別にぼかしといてもよかったなあと。

多分、サボは後付けキャラだ。
別にサボのことはキライではないが、いまだ自分の中で、
「60巻もの後出しじゃんけん」をするほどの
必要性を考え中のキャラ、というのが正直な印象。
や、クドいけど決してキライとかじゃねんだよ?

エースも最初は、後付けキャラだなあと思ってた。
約20巻の後出しだったが、それは読んでいる内に
ルフィ・白ひげ・黒ひげを結ぶ線であり、
ゴールド・ロジャーの欠片であり、頂上決戦を生むと言う
十二分に後出しする価値のあるキャラだったのだと納得した。
だからこそ、サボにも意味があるんだろうと勘ぐってしまうのだ。

予想の1つとして、ワンピースの世界を繋ぐものは
「肉親のそれ」ではないというのがあるのかなと思ったり。
本来、革命軍にはドラゴンがいる。
だがルフィを動かし、または手を組む理由は親子の絆ではなく
信頼という不確かで確かなモノなのだろう。
そういう意味で革命軍に「ルフィとの絆」が必要なのだろうとは思う。

アラバスタ編でひょいと出てきたエース。
そしてドレスローザ編でひょいと出てきたサボ。(伏線はその前からあったが)
むしろここまでこの2編をシンクロさせていることが気になる。
アラバスタで「海軍の功績」として葬られたルフィたちの活躍。
そして、
ドレスローザでひれ伏した海軍と、明るみに出た「海賊の功績」。

その前後もちょっと興味を惹かれる。
ドラム王国→アラバスタ→(ジャヤ)→空島という流れだったことを思い出すと
パンクハザード→ドレスローザという流れが
「新たに医師を船に乗せる」という部分がシンクロしている。
そう、ローのことだ。

またジャヤで初めてベラミーに会った事を考えると
このドレスローザが終わった時点でベラミーが同じ部屋で寝ていることも、
なにやら含むものがあるような気がする。
ベラミーは空島を全否定した上で、ルフィたちを空島に送った伏線とも言える。

ストーリーとしてはゾウと言う島にいくであろうし、
その後にワノ国編が控えているだろうとは思うのだが
彼はまた、空島と話を繋ぐために再登場したんじゃないだろうかとか。
前回のウルージさんの伏線もあるし。
実はゾウが空に在る…ってことはないか。(ぶつぶつ)

アラバスタとドレスローザのリンクについては
来週の休載を使ってまとめるとしておいとく。
とりま伏線を非常に考慮して動いているこの漫画で
「60巻ものあとだし」というのが、すごく気になるんである。
その割に「記憶喪失」と「理想のお兄ちゃん」であるサボの設定が
若干セオリー過ぎて雑というか、そんな観が拭えない。

そして最後にカラスに乗って(?)移動するサボが
どうやらカラスと話しているシーンがあるのも気になる。
ワンピは案外に、細かい設定を順守している。
例外としてメリー号が喋るという(一応あれは妖精がやったのだが)設定はあったが
基本的にその手のファンタジーは使われない。
ドレスローザでオモチャが動いていた様子にも
「喋っとる!!!!!」とルフィたちが驚いていたくらいだ。

つまりただの「カラス」が喋る筈はないのだ。
カラスは心話のようなものではなく、はっきりフキダシで喋っている。
ならば
①カラスモデルの能力者
②見えないがカラスを使う小人かなんかがいる?
うーん、まあ無難に考えて①だろうかなあ。

だが1羽でないあたり、これも「覚醒」した能力なんだろうか。
パラミシアはドフラが言っていた通り、
己だけでなく周囲にも影響を及ぼせるらしいが
ゾオン系も力の強化だけでなく、同種生物を操れるような能力を
身につけるようなことがあるんだろうか????

いや、なんかそれもヘンな気がする。
悪魔の実の話や見聞色に繋がるようなハナシならいいのだが
今回みたいに記憶喪失的なオチみたいに
サボ後付け故の雑な設定が入り込んでるんじゃないかと
ちょっとヒヤヒヤして見てしまうのだ。

800話でキリのいい出だしにしたい故の
しばらくダラダラ話なんかなあとかとも思ったりするのだが(笑)
藤虎と海軍、ルフィたちの出発(船どうするんだとか)、
ベラミー、世界会議、サニー号の面々と
片付けることも沢山あるから、ソレも必要と言えば必要か。

ところでコアラちゃんと同じく
「要件人間」でキレてるハックさんがかわええ。


暗殺教室:ジャンプ表紙スゴイな(爆)。ジャンプ表紙史上
     一番簡単で一番金かかってんじゃね。(爆)
     作中10か月だけど3周年って表紙のアオリもワロタ。
     作中2ヶ月が連載どんだけに相当するかは分からんけど
     「終わらせる」キモチが明確にあるから、この話面白いんだよね。
食戟:食べた後でも入ると言う説は、自分的にはナイけど(笑)
   今回のテーマは「客の喜ぶ顔を考える」ってことか。
ベストブルー:読みやすいんだけどなあ。
      今ジャンプは地味部活もの漫画多いから、
      なんかメジャーものが地味に見えるという不思議。
ヒーロー:ステイン(だっけ?)は悪役だけど
     なんか最期が是非見たくなるイイ悪役だよな。
     ヒーローものは悪役の品格も大事。
     デクの「助けに来たよ!」がワクワクする!うひょー!
金未来杯:1話目「少女復旧リカバリー」
     絵は安定してて可愛い。ジャンプネタも悪くないけど
     オリジナルでもう少しギャグが突き抜けてたら好みかも。
ダンス:おお、やっぱり競技シーン面白くなるね!
    ワタリちゃんのトラウマ話になるのだね。
銀魂:歴史上では逆賊となる新選組に繋がるのがイイね。
   近藤とお妙さん、どうなるのかねえ。
   つーか銀魂自体どーなるんだっつうね。
ニセコイ:ああ、やっぱり千棘ルート誘導か~。
相撲:すまん。最後のゆーまのポーズが一瞬笑えた。
魔法:モブの見分けがつきませんがなにか。
超能力:いや照橋さんの存在がもう超能力だろ。
カガミカミ:なんか駆け足だなー。
ジャスティス:チラリズム超え過ぎたのがよくなかったんじゃないかね。
ワ―トリ:絵に描いたようなイヤな人間がまた味があっていい(笑)
     ユーマサイドも修サイドも面白そうだなあ。
デビリーマン:おや、案外アッサリ結末が。
     カネの戦いネタが上手く考え出せれば、結構面白いと思うんだけどなー。
ブリーチ:正直ユーハバッハの配下キャラをよく把握していないので
    死神に話が戻ってくるとほっとするわ。(笑)
磯兵衛:スコップ持ってるんだから穴広げろよww

本日、休日出勤中。三連休どころか三連勤だお。とほ。
朝書き上げられんかったので、昼休憩中にあぷ。

きょうはここまでぇぇーーーーーーーーーーーいぃぃぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2015-07-19 (Sun)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。