プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

705

ご隠居さん

ご隠居さん (文春文庫)ご隠居さん (文春文庫)
野口 卓

文藝春秋 2015-04-10
売り上げランキング : 35014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ここでも何度も書いたが、老人小説が好きである。
そう言うジャンルが確立されている訳ではないのだが。

若者が山あり谷ありのアドベンチャー世界を走り、
迫りくるミステリーを千切っては投げ千切っては投げ、
悪漢をぎゃふんと言わせ、恋の花を咲かせるのもそれはよい。
だがそれが老人となることで、いとあはれな趣きを醸し出す。

山野をこけつまろびつよたよたと歩き、
ミステリーの伏線を3歩歩いて忘却し、
ストーリーと無関係に風前の灯火になってる姿などを読むと
フィクションではない胸の痛みと動悸と息切れが止まらない。

や、別に老人が右往左往するのを喜んでる訳ではなく、
老人でなくては出せないダシがあるってことだ。
長年干したスルメ(失礼な)の味は、食べて見なくては分からない。
ワビサビ味もあれば、若者に負けぬ気骨ある老人味もある。
そういう意味で本書も、また一風違った風味がある。

主人公は「鏡磨(と)ぎ」のジーサン。
当時の鏡は今のようなガラス製ではなく、金属板に金属メッキをしたものだ。
今でいうと包丁やスチール家具に、自分の姿が映るようなもんだろうか。
なので品質はそんなには良くなく、また時間の経過で曇ってしまう。
この表面を磨ぎ直し、メッキを施してくれるのが「鏡磨ぎ」だ。

ジーサンは結構にお得意さんがいる。
鏡を磨ぐついでの、よもやま話サービスがウケているらしい。
が、たかが鏡研ぎにしては知識が広い。
得意客たちはみなその正体を不思議に思っているのだが
ジーサンは巧みに話を煙に巻いてしまう。

三猿の人 それでは爺が、ウナギの話でもしましょうかのう
へびジャ蛇じゃ 得意先の若旦那に、ヘビの話など教授する爺
皿屋敷の真実 出戻りの娘と語るお菊の真実。
熊胆殺人事件 熊胆のことまで詳しく知っている爺とは。
椿の秘密 妾らしい美女が語る不思議な打ち明け話。
庭蟹は、ちと ついに爺の正体が語られるッ!!

タイトルで分かる人は分かるだろうが、落語ネタが多用されている。
落語ネタ小説としては以前、幕末時そば伝を読んだことがあるが
ある意味、アレの真面目バージョンと言えるか。
故にある意味ではライトな内容ではあるのだが
江戸文化がこまごまご書かれているあたり、読んでいて面白い。

鏡磨ぎと言う職業を選んだのが、またいい。
元手が然程かからないため、老人が多かったんだそうだ。
とは言え結構な力仕事なので、「高齢者」と言う意味の老人ではなく
「リタイヤ組」という意味の老人だと思われる。
「ご隠居さん」というタイトルに、相応しい題材だ。

コレはちょっとネタバレになってしまうのだが
鏡磨ぎは加賀からの出稼ぎ業であることも多かったのだとか。
メッキに使う金属が、北陸の方で産出されていたからだ。
ストーリーに関わる大きなネタバレではないのだが、
知っているとちょっと結末で「ほうほう」と思える。

あと、鏡の拵えにレベルが上から7段階あるのは
今回本書で初めて知った。
うむうむ、これは為になった。φ(`д´)メモメモ...

数えずの井戸で番町皿屋敷は多くの派生バージョンがあると書いたが
「皿屋敷の~」でその背景が語られている。コレも面白い。
鏡磨ぎサービスのよもやま話がウリの爺だが
読者にも時代小説ならではのアレコレを語ってくれる。
老人ならではのさりげな「語り部」小説だ。

時代物なら鉄板の人情味に
滑稽噺から江戸グルメに捕物、不思議怪異までついてオトクである。
それだけにオチが割とキチンとついてしまったのが
ちょっと物足りない気がしないでもないが
最後にびしっと年の功でキメるのも、また老人小説の味わいなる1つであろう。

個人評価:★★★


スマホのバカゲーを時々やるのが、最近シュミになりつつ。

 ■なまこれ~イケメンmeetsなまこ~


遊び方は簡単に言うとコレ。



なんかしらん、ナマコを献上するとナマコ王子の謎が解けるらしい。
一見モブみたいな王子に全然興味はないが
なんでナマコなんかは気になるじゃないか。
そんな気軽なキモチでDLしてみる。

20150717-0.jpg

もう帰りたいキモチでイッパイです。
なんだよナマコの話って。
しかしそもそもコチラからは一切発言ができず、
ひたすらナマコを取るしかできないのがまたムカつく。

■ナマコ猟の様子


…いや、ナマコって言うより…、いやいやいやいや。

■ナマコには種類があり、ランクがある


マナマコとかトゲクリイロナマコとかジャノメナマコとか
イロイロ名前付いてんだけど、どうみてもうん…(自重)
これが100とか200とか300とか大漁で獲れ、ナマコ王子に献上する。



なにコイツしゃらくせぇ。(#゚Д゚)
てかオマエ別にナマコ玄人っぽくないじゃん。
ナマコTシャツとかナマコポスター貼ってる様子もないし
ナマコフィギュアくらい部屋に置いとけよ!(ヲタクか)

ていうかナマコ王子の身体や服がイイ加減ですごい気になる…!
バカゲーとはいえ、もう少しディティールに凝ってもいいんじゃね?
どーゆーストーリーになってるのか知らんが
コイツとラブラブになるのは凄く抵抗があるぞ。

続く。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。