プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

704

こんなに変わった歴史教科書

こんなに変わった歴史教科書 (新潮文庫)こんなに変わった歴史教科書 (新潮文庫)
山本 博文

新潮社 2011-09-28
売り上げランキング : 109914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


歴史・時代小説が好きなので
今でも結構歴史番組やニュース記事は目を通す。
なので書かれていることは8割方知っていたが
改めて自分の時代と今の歴史の教科書が比較出来てよかった。

本書では昭和と平成の歴史教科書で改訂された内容を、
古代・中世・近世・近代ごとに区分し、
中学校教科書の編集員である筆者が解説を加えたものだ。
歴史小説を読む者として、初ねて知った時に
「うえぇぇぇぇっっっ!?」って思ったモノだけあげておく。

①あのオッサンは聖徳太子じゃない。
平成生まれの若い方は知らないだろうが
昔々、五千円札と一万円札は聖徳太子だったんじゃよ…。(遠い目)
まあそんでも冠を載せて袍を着て、笏を持った例の姿は見たことがあるだろう。
昔は「聖徳太子像」とされていたらしいが、現在では
「聖徳太子と伝えられる像」と注釈がつくらしい。

この本には書かれていなかったが、
聖徳太子自身が架空の人物でないかとされる説もある。
じゃあ私達の使っていた五千円札・一万円札のアレは誰…?
広い意味での偽札!?

②鎌倉幕府はイイクニじゃない。
「イイクニつくろう鎌倉幕府」。
まさに語呂合わせにピッタリの年号だったが、
1192年は「源頼朝が征夷大将軍になった」という節目ではあるが
「幕府成立」とは書かれていないとのこと。
1180年から1192年の間の様々な説の間で揺れており、
いまだ決着はついていないというのが、正しいトコロらしい。

コレも本書ネタではないが、同様に
大化の改新も今は646年が通説なのだそうだ。
学生時代は得意だったんだよと言う人も、
今歴史のテスト受けたら、案外点数悪いかもしれないっすよ。(笑)

③武田騎馬隊はいなかった。
なんかこの時代の馬はポニークラスのサイズだったため
(※正確にはポニーよりはもう少し大きかったとも)
馬は移動にのみつかわれ、戦闘の時はウマから降りたとかいう。(笑)
これは歴史小説の見せ場的にショック。。・゚・(ノД`)・゚・。
小さいお馬さんに乗る武将。畜生かわいいじゃねぇか。

コレも余談だが、日本の馬はそもそも西洋馬と違い
体型がどっしりしている分、馬力があったらしい。
その分非常に気性が荒く、騎馬隊のような整然とした動きを
訓練すると言うのも難しかったんだそうな。

④士農工商はなかった。
もう四文字熟語の域に達するイキオイの完成度だというのに
そんなのもはなかったってアンタ。
実際は武士>>>>>>>武士以下という身分があっただけで
そんなに細かいものではなかったという意。
明治維新後の「四民平等」も、実際平等じゃねーだろってんで今は記載されない。

これとは少しズレるが、「一揆」と言われるものも
教科書で受けたイメージとはちょっと異なるものらしい。
領主はTVドラマみたいに悪人ばっかりじゃなかったらしく
結構話し合いなどで穏便に済むことも多かったんだとか。

でも「農民が一致団結する」=「一揆」なので
全国で話し合いが行われても、「全国で一揆が起こった」ことになるらしい。

内容はこんなカンジ。他にも今の教科書では
「大和朝廷」「仁徳天皇陵」という言葉が使われないことや
「戊申の役」「西南の役」が「戦争」に変わった理由など
昭和世代ならΣ(゚◇゚;)マジデッ!?ってネタがかかれている。

歴史は基本「勝者の歴史」であり
今でも闇に葬られた歴史や曖昧な歴史が存在する。
そこから歴史の扉が新たに開けられたり閉じられたり(笑)する訳だが、
また新たな歴史小説やヒーローが生まれるかも知れない訳で
どちらに転んでも楽しい。

難を言うなら、さっくり読める作りになっている所為か、
もしくは何か問題があるからか
中国や韓国の歴史にはほぼ触れられていない。
教科書問題といえばやはり中国のことがあるので
多少の専門家からの見解はつけて欲しかった気もする。

個人評価:★★★


ツイッター友と話してて思い出した何の関係もないネタ。



ウチの高校には2つあった。
ばーちゃんがほそぼそとやってる店が近かったので
帰りに腹が空くと立ち寄った。





厨房(?)奥まったとこにあるのだが
その日はたまたま席の角度でばーちゃんがみえた。



がっつり素手。(笑)



食べてから友人たちに「ダシ入り」と言ったら、ごっつい非難されたが。
まあそれでも何回も行ったからね。
出す方も食べる方もオオラカな田舎のココロ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。