プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

678

七時間半

七時間半 (ちくま文庫)七時間半 (ちくま文庫)
獅子 文六

筑摩書房 2015-05-08
売り上げランキング : 44350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コーヒーと恋愛てんやわんやに続いて獅子文六3冊目。
てんやわんやに出てきた電車旅の様子がよかったので
同じく電車モノとしり、購入。
が、本書は乗客側ではなく、乗務員側の話である。

東京ー大阪間を結ぶ特急列車「ちどり」。
食堂車で働くしっかり者のウェイトレスに、
客室乗務員「ちどりガール」の中でも抜きんでた美女。
ちょっとぼんやりした食堂車のコックを巡った恋のさや当て──、
と、嫁探しをする親子に成金社長、
SP付きで乗車している首相などフクザツな人間関係が絡んでいく。

と、くれば山村美紗か西村京太郎バリの
密室殺人事件や列車トリックが期待されそうだが、
現代の「こだま」より時間がかかる運行状況のなか、
まったり・のんびり・ゆるゆると話は進んでいく。
だがそのダラダラさが醍醐味だ。

2時間強で走り抜けてしまう「のぞみ」では、この味わいは出ないだろう。
そもそも食堂車というものが、今はない。
レトルトやパックされた惣菜ではない。
運び込んだ食材をコックが火をくべて調理して皿に盛り付け、
ちゃんと正装したウェイトレスさんが給仕してくれるのだ。

メニューもヒラメやらテンダーロインステーキやらとあり、
ステーキは焼き加減まで聞いてくれるらしい。
動く電車内に地上の日常を持ち込んだ、何とも悠長で贅沢な風景だ。
気になったので、当時の電車をイロイロ調べてみた。

「ちどり」は恐らくだが、特急列車「つばめ」をモデルにしていると思われる。
それまで10時間以上かかっていた東京ー大阪間を8時間強に短縮し、
さらに7時間半まで縮めた「超特急」だったのだ。
また「つばめガール」と言われた花形乗務員もいたらしい。

それまで1・2等と3等車両を食堂車で隔てていた作りから
全室食堂車となったことも有名らしい。
(だが夕食などは予約制で上客から順に回った事から
 実際にはやはり、一般客には敷居の高いものであったようだが)

列車の歴史が結構に変化していて、今読むと分かり辛い。
多分最後尾に「展望車」と言う車両があり、
要人や超金持ちが乗るような「特別車両」に相当するのだろう。
「特2」(※特別二等車の略)が現代のグリーン車であり、
それ以外は全て自由席なのだと思われる。

また食堂車の画像も探してみたが
恐らく昔は車両の1/3が完全に厨房になっていて
それで3等車との行き来が出来ない仕組みになっていたと推察。
しかしその後の厨房と通路の関係性がイマイチよくわからん。
プラモなどを見ると、かろうじて通れる通路があったようなのだが。
くっそう、鉄の友人が欲しい。

■日本初の食堂車(wikiより転載)
20150531-1.jpg

■つばめと同型の食堂車(wikiより転載)
20150531-2.jpg

ストーリー云々よりも電車の方が気になる。(笑)
いやまぁ、正直オチは半端に終わった感がなくもないのだが
文面からプンプン匂う昭和臭を愉しんだ。
この本↓が読みたくなったが、文庫にはならなそうだなぁ。

食堂車の明治・大正・昭和食堂車の明治・大正・昭和
かわぐち つとむ

グランプリ出版 2002-12
売り上げランキング : 461770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに特急の存在はこの後、新幹線の登場により淘汰されていく。
現代なら3倍以上の時間をかけて移動する気は、確かにおこらないだろう。
が、それが当たり前であり「夢のような速さ」だったのだ。
車内で潰すしかない時間を食事や酒で満たし、
美人乗務員で目の保養をすることも「旅」であったのだろう。

不便で豊かなあの時代へ、貴殿もどうぞご乗車あれ。

個人評価:★★★


またハゲ話の途中だが、こだまネタをいれる。
自分はココ十数年新幹線を使っており、当然早いのでのぞみに乗る。
が。



停車駅にもよるが、所要時間は大体4~5j時間くらい。
が、前売りを買うとちょっと安くなるので
妹はこちらに遊びに来るときも好んでこだまを利用する。



のぞみなんぞにのったら慌ただしいと感じるらしい。(笑)
で、ひかりやのぞみにほぼ乗った事が無い妹に





妹の頭の中でグリーン車とは
相対性理論みたいなモノで動いてるんだろーか…。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。