プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

675

最後の喫煙者

最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉 (新潮文庫)最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉 (新潮文庫)
筒井 康隆

新潮社 2002-10-30
売り上げランキング : 76450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


筒井氏の作品は以前にくさり ホラー短編集を読んで
ちょっと合わないかもしれないと感じていたのだが
表題の話は読みたいと思っていた。
なんとも身につまされるタイトルだからだ。(笑)

たまたま今まで本屋で見つけることがなかったのだが
今新潮文庫から、ピース又吉氏の愛読書20選的なフェアをやってる。
それに本書が入っていたのだ。
別にもう1冊買ってあるので、趣味があえば他のも読んでみたい。

9つの短編集。
急流 時計はそのままに世界の「時間」が狂うと…
問題外科 医者様様時代の置き土産?
最後の喫煙者 禁煙運動の成れの果て
老境のターザン 老人となってもターザンを続けるターザン
こぶ天才 人を天才にする方法が判明しますた
ヤマザキ 秀吉の中国大返しの真相?か?
喪失の日 童貞を捧げるまでの苦難
平行世界 パラレルワールドが目の前に現れたら、どうなる?
万延元年のラグビー 桜田門外の変とは。

うん、結構面白かった。
ただグロやエロ的なものを割と全面に出しており、
微妙な結末も含めて作風なんだと思われるので
好き嫌いはあるんじゃないかとは思う。

前回は「ショートショート」というタイトルに
故・星新一氏の作品イメージが自分の中に非常にあり
そのギャップが飲み込めなかったのだが
今回はそれを分かってて読んだので、そんなに気にならなかった。

表題「最後の喫煙者」は、タバコを吸う者なら
ここまでは行かなくとも、居場所が狭くなっていることを実感し、
いずれ駆逐される(笑)危険をひしひしと感じている筈だ。
逆にココまで壮大じゃない方が、共感できるかもなとは思う。
法律とか云々より、タバコ価格がうなぎ上るほうが普通にイタイ。(苦笑)

ネタとしては「万延元年のラグビー」がよかった。
我らが滋賀の井伊大老が殺害された桜田門外の変。
偶然だがつい最近、職場で井伊大老の質問をされた。
「世間では悪名高いですけど、
 滋賀の人は井伊直弼のことをどう思ってるんですか?」と。

うん。良くも悪くも、そう言うネタをスルーするのが滋賀だ。
いやだって、ウチの地元なんか明智光秀の地元だぜ?
それを特に推すでも落とすでもなく、ずっと放置してんだからよ。
まあ井伊大老に関しては、国元では名君だったとフツーに聞かれるから
彦根の人たちはもう少し頑張ったのだろう。

ともあれ、この井伊大老暗殺の理由の1つに
近江牛が絡んでいるという面白いウワサがあり、これが活用されている。
本書のオチは歴史とは無関係のトコロにオチるのだが
なんせ近江牛以外では「その味」が出せないと言われたとか。
サァサァサァどうです?気になるでしょう?

さあっ!今すぐアナタも近江牛をゲット!(本を薦めろよ)

個人評価:★★★


ハゲ話の途中ですが(誰も別に待ってねぇし)、アプリ遊び。

ラテアートなるものがある。
そう、カフェオレの表面とかに絵を描いてくれるアレ。
やってはみたいけど、自分が冷めたコーヒー大嫌いなので
泡をほにょほにょイジる気が起こらない。
そしたらアプリがあるんだねえ。

ポケットラテアート(森永乳業)※iphoneのみ


ただし自分のあいほんでは、写真機能・ツイート機能のボタンを押すと
かたまってしまい、スクショを撮るハメに。
途中でもやったとこまで自動保存はしてくれてるので、まぁいんだけど。

◆1作目 琵琶湖ラテ


分かる人には分かるけど
わからない人にはオネショラテとか言われそうである。

◆2作目 クマーラテ


ほら、ラテでクマさん描いてるのよくあるからさ。(なんか違)
ココまで指で作ったのだが、細かいトコロが描けない。
クマーの目がロンパリ気味で、違う意味で怖い動物に。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

◆3作目 クマーラテ(改)


昔買ったはずのタッチペンを探し出し、改訂。
もっと細いのが欲しいと思って探したのだが、あいほん対応じゃなかった…。
まあ多少クマーらしくなった気がするのだが
ラテアートと言うオサレな存在からはかなり遠く離れる。

◆4作目 ぬこラテ


ぬこならかわいい筈。
でも自分ならこんなカフェでてきたら、
不味そうで三度見するかもしれん。

◆ラスト ぬこラテ(寝顔ver.)


前のぬこは目が小さく描けなくてデカくなってしまったのだが
うん、よしよし、ちょっとコツがわかってきたぞ。
それにしても不味そうである。
あとカエルとかも作ってみたけど、あぷはやめとく。(理性)

【結論】ラテアートはリアルじゃなくていい

たまに客が少ない時にカフェの店員さんが
ハートとか作ってくれるけど
手早く美味そうにしあげるには、シンプルが一番なのな。

納得。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。