プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

662

日本史の謎は「地形」で解ける

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
竹村 公太郎

PHP研究所 2013-10-03
売り上げランキング : 1109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つい先日、おとんが仕事でコチラに来ていたのだが
その折に貸してもらった本。
タイトル通り、歴史を「地形」という点から見た場合に
これまで考えられてきた歴史とは全く違う事実がみえると言うもので
ダム建設や河川事業といった分野にいる著者ならではの視点なのだが。

う~~~~~~~~む……。(´ε`;)
各章のタイトルは非常に興味深いのだが、
証明がイマイチ弱いというか、読んでいてもやっと感が残る。
言葉は悪いが、研究結果をまとめたと言うよりは
思いついたことを書き連ねたような印象がある。

例えば各章のタイトルはこんなカンジだ。
 ・関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐに江戸に戻ったか
 ・なぜ信長は比叡山延暦寺を焼打ちしたか
 ・なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか
前後の時間軸からいくつか理由があげられそうなことばかりだが、
これを地形という点から見直すという視点は面白い。

本書にもやっと感が残るのは多分、
「地形で見ると歴史の一般常識はひっくり返るんだぜ!」という姿勢を
余りに前面に出し過ぎていることだと思う。
例えば「家康がなぜ京都や大阪でなく、江戸に幕府を開いたか」という点を
いかにも違う視点から見ているようでいて
結局のところ、理由として明確な事は書かれていないように思う。

折角治水という視点をもつ専門家なのだから
江戸という地形に対して家康の先見の明を詳しく説明するという
歴史に従順な章であれば、もっと面白かったろう。
なにかにつけて「発見だ!」という姿勢が
ずっと読んでいると何となく鼻につくというのが、正直な感想だ。

ただ頼朝が鎌倉に幕府を打ち立てた理由が
湘南ボーイだったからという考えは面白くてフイタ。
オマケに意外にも説得力があるぞ。(笑)

一番もやっとしたことだけ書いておく。
 ・半蔵門は本当に裏門だったのか
という章から、赤穂浪士が幕命で吉良家に討ち入ったのではないかという
仮説が展開されている。
「半蔵門が正門」という主張は江戸の古地図で
「御城」という文字が半蔵門から正しく見えるように書かれているから。らしい。

■江戸城配置図(外郭)(Wikipediaより転載)


…いや、古地図の文字の方向は
正門(表玄関)の方向を頭にして書かれているのが通説だろう。
だから民家は全部道路に面して、家主の名前が書かれている。



自分は赤穂浪士を義の集団と見ていないので
ホントに幕命だったら面白いと思ったんだが、
あやふやな証明を使っている事で、
(材料は地図だけではないものの)全体に信憑性が落ちてしまった。

関西に緑地と権力者を結び付けた話や、
遷都と盆地の話などは納得して読んだので
著者の話は史実解説ネタの方が向いてるんじゃないかな。
1章1章が簡潔にまとめてあって読みやすいのだが
むしろヲタク的なくらい地形を語った方がいいように思う。

続編的な本も借りてあるのだが、さてこちらはどうかなあ。

個人評価:★★


犬話続き。



ホントにね、コップから水をこぼしたようにヨダレが垂れるの(笑)。







や、多分ちゃんと衝撃を予想して遊んだら問題ない。
アレだけの大型犬と遊んだのが初めてだったので、油断した。(笑)



いぬかわいいよいぬ
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。