プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

661

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集

谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)谷崎潤一郎マゾヒズム小説集 (集英社文庫)
谷崎 潤一郎 千葉 俊二

集英社 2010-09-17
売り上げランキング : 16327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


谷崎潤一郎フェティシズム小説集に続いてコレ。
どちらかというと谷崎の比較的初期の作品というカンジで
初々しい変態(?)が読めて面白かった。

6つの短編集。
少年
同級の大人しいお坊ちゃんの家に呼ばれた主人公。
だが学校での印象と違い、お坊ちゃんはとてつもない乱暴者だった。
しかし主人公は、それが妙にクセになり…。
幇間
幇間=道化やピエロのようなもの。お座敷などを盛り上げる役。
お調子者が高じて幇間を職業にした男。
惚れた芸者となんとかねんごろになりたいと思う。
麒麟
孔子の話を元にした改編物。
衛の国の霊公は、夫人の言いなりで悪政を敷いている。
国を訪れた聖人の孔子に、民は期待するのだが。
魔術師
とある公園のとあるサーカスが行う不思議な興行。
どちらかというと怪奇幻想ホラー風味。
一と房の髪
個性的な未亡人に骨抜きになり、振り回される3人の男。
○○○○○の伏字部分が気になる(笑)
※雑誌掲載時からそうなってるらしいが
日本に於けるクリップン事件
谷崎のマゾヒズム論。
マゾは相手の奴隷になるという「情況」を悦ぶのであって、
本当に奴隷になりたいワケではないのだそうだ。
(´・ω・`)知らんがな

インパクトのあるタイトルではあるが、
正直なところ、自分の中で谷崎に然程「マゾ」のイメージはなかった。
このオッサンは確かに「フェチ」ではあるが、
一般で言われる「苦痛を快感とするマゾ」とは違う気がする。
一言でいうと変態さんなのだが。

「日本に於ける~」は谷崎のマゾヒズム論エッセイで、
M側が相手に飽きて殺してしまったという実話を元にしている。
なんとなくこーゆーのはサド側に主導権があるイメージだが、
よく考えてみよう。(考えんなよ)

サドもマゾも自分にはよくワカランが、
サドは多分「好きな子ほど苛めたい」のエスカレート版であり、
相手に飽きたら、そこでソレは終わってしまうのだ。
ならマゾは「好きだから苛められたい」であり、
相手に飽きたらそれはただの虐待であり
相手を憎悪する可能性を含んでいるのではないか?

なら互いの関係は、実はサド側ではなく
マゾ側の掌(たなごころ)の上にあるのではないだろうか。
考えると、怖い。
ふと思い出すのが、タニザキの女性遍歴だ。参考:蓼食う虫
殺人こそ起こさないものの、谷崎の愛情は
「踏まれたい」という価値が無くなったら、そこで試合終了なのだ。

マゾとはなんなのだろう。
「ワタクシメを踏んでください女王様!」なんぞは
まだまだ初心者なのかもしれない。
「ワタクシメを踏ませてやるぞ!ふはは!」くらいなのが
本当のマゾなのかもしれない。

本書でMに目覚めるとかそんなことはないのだが、
ようよう考えれば谷崎マゾヒズムを延々読まされている時点で
読者は谷崎にご奉仕しているのやもしれない。
「ワシの変態を読むがいいぞ!ふはは!」的な。

「読まされてしまう」谷崎の筆力は、よもやここにあるのやもしれない。
Mを弱者と侮っていたら、それはまるで食虫植物のように
その掌にがっちり捕えられていたかのように。
何よりこんなタイトルの本を買わされて
評をあげていること自体が大変な羞恥プレイである。

谷崎はM。
だが自分もM。
そして「おっ、また谷崎の評あがってんじゃんw」とか
ぽちっとしていただいた貴方もひょっとして。
──すべてはMになる。

そうかそうだったのか…。


個人評価:★★★★


本書に犬が出てきたので、思い出した犬話。





近所に住んでた人だったので、散歩の途中に職場に立ち寄ってくれた。



マヂ、子供が乗れそうなくらいデカいんだコレが。





またもやたいした話ではないのに、続く。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。