プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

652

モノレールねこ

モノレールねこ (文春文庫)モノレールねこ (文春文庫)
加納 朋子

文藝春秋 2009-06-10
売り上げランキング : 106680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分が持っている版の帯文句は
「ザリガニの話で泣くなんて思いもしなかった」。
コレに惹かれて買ったことは覚えている。
が、やっぱり中身が思い出せずに再読。

8つの短編集。
少し不思議仕様になっている話も含めて、
日常の中に「大切な人」を見るストーリーになっている。
表題の「モノレールねこ」から始まり、オマケに冒頭から
「そのねこはデブで不細工でノラだった」では心を鷲掴みにされざるを得ない。

モノレールねこ 野良猫を通じた文通の結果は。
パズルの中の犬 真っ白のジグソーパズルに浮かび上がる過去。
マイ・フ―リッシュ・アンクル 事故で家族を失った少女に残されたのは
               頼りなくてロクデナシの叔父。
シンデレラのお城 奇妙な偽装結婚。奇妙な「同居者」。
セイムタイム・ネクストイヤー 毎年同じ日に宿泊するホテルに現れる幽霊。
ちょうちょう 2号店ラーメン屋の店長となった男の奮戦記。
ポトスの樹 どうしようもない親父を持った少年が、同じ父になって。
バルタン最期の日 少年に釣られて飼われるようになったザリガニ。
         水槽からみえる「家族」の本音。

どれも短編らしくライトな感じで書かれているのだが
その中にぽつんとしょっぱい現実があったりする。
多分これを読む多くの人が知っているしょっぱさであり、
受け流したり妥協することで折り合いをつけてきたものであり、
それがこんなところに小さく描かれていることで改めて、
もうかさぶたすら無い傷跡に沁みいるのかもしれない。

そういう心情のシンクロがあった訳ではないが
「マイ・フーリッシュ・アンクル」の話が好きだ。
「ポトスの樹」の話も結構好きかな。
どちらも駄目なオトナが出てくる話なので、
シンクロとまではいかずとも、何か揺り動かされるものがあるのだろう。

多分、ジーサンだろうなあと思う。
ジーサンはこれらの話みたく無職のゴクツブシではなかったが
割とどーしよーもない人でもあった。
飲む・打つはトーゼンの如くやらかしたし
おかんもそうと認めているので、女性にもモテたらしい。

結果だけ見るとホントに色々やらかしてはいるのだが
凄く純粋な部分があり、憎めないのである。
その説明しようのない純粋さが、この話に見える気がする。
憎めないけど腹が立たない訳ではないのだが、
その微妙さもなんとなく、そこに在る。

人によってそれぞれ形の違うそれが
ザリガニであったり犬であったり、幽霊であったりしながら
小さく沁みる。
そのしょっぱさも、塩味と感じる程ではない。
多分生理食塩水のような、微かな一体感くらいの頼りない味だ。

多くの著作を拝読した訳ではないが
こーゆートコが加納さんの味なんではないかな、と思ったり。

個人評価:★★★★


そしてジーサン話。







当然、結納金は増えなかった。(笑)
この影響もあってか、おかんはギャンブル関係が大嫌いである。

まあ自分が知ってるジーサンは大酒呑みなくらいで、賭事は卒業していた。
が、やっぱり後先をあまり考えないオヒトではあった。



なかなか玄関から動かないので
何かと思って外に出たら、エライことになってた。



「はははははるほん!いいい犬抑えとけ!!」とわめき、
と自分が犬を抱っこしている間に、自転車ぶっ飛ばして帰ってった。

危うく御近所関係にヒビが入るとこだったぜ…(汗)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。