プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

649

博士と狂人

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話
サイモン ウィンチェスター Simon Winchester

早川書房 1999-04
売り上げランキング : 343535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫と間違えて注文してしまい、めずらしくハードカバー本。(泣笑)
普段本当に文庫しか読まないので、
文字やページの大きさにすんごい違和感。

先日舟を編むを読んで、もうちょい辞書寄りの本が読みたくて購入。
結果から言うと、やっぱり辞書編纂と言うのは地味な仕事なので
人物に焦点を当てざるを得ないのかなというカンジ。
が、物語自体はとても魅力的であり
また辞書編纂の流れがなんとなくだが見えた気がした。

Oxford Dictionary of EnglishOxford Dictionary of English
Angus Stevenson

Oxford University Press, USA 2010-08-01
売り上げランキング : 884

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「オックスフォード英語大辞典(OED)」。
本屋で売っている「英語辞典」↑ではなく、「英語大辞典」だ。
紙媒体のものは2版までで、最新版はCDになっている。
紙媒体のものをネットで捜してみたが、
辞書としてはバージョンが古いからか、20巻セットで10万円くらい。
本棚に入れると棚がたわむらしい。そらそうだ。(笑)

完全版となるまでに約70年の歳月をかけたという
世界最大かつ最高の辞書と言われる英語辞典だ。
無論それまでにも辞書はあったが、今と違って
「難易な言葉」を集めたアンチョコみたいなものが
当時は辞書と呼ばれていたらしい。

その後、日常語を含めた辞書も出るには出たが
個人の解釈で書かれたユニークな用語もふんだんに含まれており
読物としては楽しそうだが、学校の宿題にはちょっと不向きそうだ。
そこで「完全な英単語の集大成」なる辞書を作ろうということになる。

通常の英語辞典(日本から見ると英英辞典)は
音節と発音と意味、あとはいくばくかの変化形や用例が載っているが
OEDは年代ごとに変化した場合の意味も順に載せ、
その用例をキッチリ書き出しているのだ。
日本で言うなら、こんなカンジだろうか。

やばい【やば・い】形
元は江戸時代、盗人たちの隠語だったとされる。
①80年代:危険なさま、不都合なさま 例)やばい状況
②90年代以降:肯定的な意味を含む 例)このアイスやばいんだけどw
③近年:とにかく大変な状況を含む 例)○○がやばすぎるwww
④近年:説明不可能 例)「やだこれフツーにやばいんですけど」

どうでもいいが、最近ネットで「ムカツク」の最強級が
「げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」と知って噴飯した。

ともあれ、こんな情報量の本を「1から」作ると言えば
その途方も無さは言わずとも知れるだろう。
年代別に本を探して読み、「a」「b」「c」…と単語を拾っていく。
その上単語ごとに用例を付け、本としてまとめると言うのだから
聞いてるだけで頭がパーンとなりそうだ。

だが、それをやったのだ。
博士と、ある「狂人」が。
比喩ではない。
「狂人」は精神病棟から手紙でその事業に参加し
本を読み、用例を黙々とメモし、送り続けたのだった。

7割は博士と狂人のキャラに焦点に充てられているのだが
むしろ「孤独な場所にしか居られなかった」狂人が
辞書編纂という仕事に大いに貢献したところから
これはこれで説得力があった。

しかしこの本のお蔭で、「価格」と辞書の内容が
ちゃんと釣り合っているのだということがよく分かった。
実は昔、オックスフォードの英英辞典を持っていた。
その頃は辞書の価値がイマイチ分かっていなかったので
コンパクトのちょっと安いヤツで済ませてしまった。

今思えば、語彙や用例数が多少違ったのだろう。
まあその時分では、高いのを買っていたとしても
ちゃんと使いこなせなかっただろうが。
自分が読み飛ばしていた用例の向こう側に
こんな歴史があったのだなあ、と感慨深い気持ちになる。

見てみたいなあ、と思う。
CD版ではなく、大きな表紙をうんしょと持ち上げて
大量の紙を繰って語を探すという行為を、久しくしていない。
想像を超える膨大なメモに追われて作られた辞書は
そうして一語一語探すのが、ある意味儀礼なのかもしれない。

い、いやでもコレは絶対買いませんけどね!!!(汗)

個人評価:★★★★


注文で思い出したどうでもいい話。





受け付けは同期だったし、どうせ注文書なんか
ざっくりファイリングするだけなんで、まあいいかと。





言われたのでラクガキをやめたところ、数日後。



そんなこともあって、ギャグはウケれば
大抵のことは許されるという概念が自分にはある。

困ったもんだ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。