プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

643

暗号解読(上・下)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
サイモン シン 青木 薫

新潮社 2007-06-28
売り上げランキング : 1818

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前の記事で映画をみたあと、ソッコー本書を読み始めた。
映画は面白かったのだが、エニグマがどんだけ複雑なのかという事と
それを破るというスゴさを、もうちょっと知りたくなったので。
本書は上下巻に分けて暗号の歴史と現在を語ったものだが、
サイエンスライターである著者の説明が、カンシンするほどに上手い。

情報はまず当たり前に、「隠して運ぶ」という初歩的な方法から始まり、
次第に「読むのに困難」という過程を経て、暗号となった。
例えばAをBに、BをCにズラして文章を書くとしよう。
この場合は1文字ズラすことが、「暗号のカギ」となる。
つまり暗号解読とは、「カギを見破る」ことなのだ。

暗号作成は見破られる度に、複雑さを増していく。
しかし文章には文法というモノがあるが故に、何処かにカギが隠れている。
そのカギを探す手腕。
そしてその手腕を超える暗号の誕生。
暗号の欠点と進化が目まぐるしく頂点を争う。

著者曰く、第一次世界大戦は化学者の争いであり、
第二次世界大戦は物理学者の争いだった。
その次期戦争が起こるとしたら、数学者の争いになるという。
言い得て妙だと思う。
既に先の大戦でも、情報戦が大きく雌雄を決した。
暗号に複雑さを課すと、文系脳の理解が及ばない世界の話になる。

しかし著者は我ら文系脳を見捨てない。
ほら、何となく分かるだろう?という絶妙な説明で
難解な数式を噛み砕いてくれるのだ。
おお。おおお。おおおおお。なんとなくわかったきがする…!(※わかってません)
「言葉の意味はよくワカランがとにかくスゴイ自信だ」
とはまさにこのことか。(※言いません)

映画に出てきた「エニグマ」も、図解付きで説明してくれる。
この頃既に複雑化した暗号は、「暗号機」という専用機を生み出していた。
「HELLO」と打つと「PABUT」などとイミフな文字の羅列を生む。
が、それはエニグマ内部の部品の位置が「カギ」となっており
それ知っていれば、ちゃんと「HELLO」の文字列に再変換できるのだ。

ただし部品組み換えによって生まれるカギは一京以上あるとされ、
その上毎日更新される。
「カギ」が分かっていても、解読に時間がかかり過ぎるのだ。
ナチスが「絶対に解読不能」と誇ったのも無理はない。
──が、その大量の計算をやってしまえばいいのだ。

こうして暗号は、コンピュータの歴史へと繋がっていく。

この本の構成が、またよく出来ている。
上巻は暗号は秘密裏に動いていた存在だったが、
下巻で暗号は「セキュリティ」という任務を負う。
つまり現代では、読者自身が暗号を使うのだ。
解読の手腕から守られる立場で読むことになる。

コンピュータの世界だから、その仕組みは完全に数学の世界だ。
MOD関数は、エクセルでビンゴゲームを作るのに使ったことはあるが、
桁が違う。発想が全然違う。
ここに素数と言う今も美しい謎を含む数字を使って、
絶対堅固な暗号の城壁が築きあげられたのだ。

しかし著者はよく分かっている。
文系脳が数字で攻めると本を放り出してしまう事を。
数字を使わずに、ね、何となく分かるだろうと例えを出す。
う、うん。うん。うすらぼんやりわかるきがしま…す…。
逆に薄らぼんやりだがそのスゴさが分かるのだから、マジ凄ぇ。

しかし暗号の歴史は、常に破れることで潰えた。
いつかこの素数の砦も、破れる日が来る可能性があるのだ。
その未来に備えて、量子暗号が控えている。
量子論という理系様最大の印籠におびえる文系脳を、
やっぱり著者は最後まで見捨てない。

いやでもなんとなく、うすらうすらぼんやりとは分かるのだ。
言葉の意味は分からんが、文系脳でコレだけ楽しめたのだから
へのつっぱりはいらんだろう。
うすらぼんやり★を5つ灯してみる。

個人評価:★★★★★


ところでエニグマの解読には
フランスがドイツから暗号機そのものを入手したことが大きい。
それがポーランドで相当に解析が進んだのだが
最後はやはり手に負えず、イギリスに渡ったのだ。

このエニグマ入手を描いたU-571という映画があるが
多分史実とは無関係である。(笑)
めっちゃアメリカ映画やったもん。

U-571 [Blu-ray]U-571 [Blu-ray]

角川書店 2012-03-16
売り上げランキング : 6909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし今度は、日本の暗号の本が読みたくなった。
深海の使者に書かれていたのだが
なんとフツーの電話を通して薩摩弁で会話するという
すんごい暗号もあったらしい。
(しかし米軍では民族語を使い、成功した例もある)

日本は陸軍の暗号はなかなかのレベルだったらしいが
チョイチョイお間抜けなエピソードがあるようだ。
ネットでいくつかは読んだのだが、まとめた本が読みたい。

どうやらプチ暗号ブームが到来したようで、震撼してる。


本書を読んだときのこぼれ話。







互いに本を買って読むので、互いの蔵書をよく把握していない。
が、相方に至っては自分の蔵書もイマイチ把握していない。



自分が本書にアタリを付けていたこともあり
サイモン・シンの名前を出したところ、ビンゴだった。
で、無事発見したのだが。



見てみたらサイモン・シンの本が全部あったので
また今後読んでみる。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。