プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

633

蛇を踏む

蛇を踏む (文春文庫)蛇を踏む (文春文庫)
川上 弘美

文藝春秋 1999-08
売り上げランキング : 103463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すごく、不思議な作品だ。
引き込むという意味なら物凄い吸引力があるが
その分読んでいる者を突き放す力も強い。
──と、読んだ後で芥川賞受賞作だと知り
成程なァ、と少し納得したり。

読みやすいか読みにくいかで言えば、文章は読みやすい。
スパン、スパンと話の流れは切れがいい。
が、なんというか「書いてあることは分かるけど、言いたいことが分からない」
とでも言おうか、2割ほどの消化不良感が残る。
まぁそれが芥川賞らしいといえば、とてもらしい。

3つの短編集。
「蛇を踏む」は蛇を踏んでしまった女性が、
帰宅すると蛇の化身らしき女が家に住み着いているという奇妙な話。
「消える」は兄が文字通り「消えた」話。
時々「見える」兄は結婚を控えており、家族はその対策を講じる。
「惜夜記」は夜をテーマにした短編集となっている。
1つの連作と切れ切れの話が交互に繰り返されていく。

幻想小説、と言っていいのだろう。
この手の小説は余り深く考えず読むべしと言うのも理解している。
上手く飲み込めるとその不条理さが癖になるので、
この類の小説は結構嫌いではない。
だがこの本では今一つ上手く飲み込めなかった。

著者のあとがきで、自作を「うそばなし」と例えていた。
あー、うーん、そうか。
割り切った感というか、「つくりごと」ありきというか、
最初から「理解できない世界」を作ろうとする空気に
なんとなく「置いていかれた感」が拭えないのかもしれない。

同じ荒唐無稽で突飛な設定を書くにも
「嘘みたいな話でしょ」というのと「最初から嘘の世界を作ろう」というのでは
微妙に違うんじゃないだろうか。
精神論みたいな話だが、それくらいすごく微妙な違和感なのだ。
気がにしなければ飲み込んでしまえる小骨くらいの。

まぁ元より評価の分かれる作品なんだろうが
確かにこの短さで、これだけの世界観を詰め込めるのは才能だとは思う。
薄くホラーを感じさせるところなど、かなり好みと思える描写も多くあったが
つるっと読み終えたものの、やっぱり肌に馴染まない感が先に立った。
もう1冊著作を読んでみるかなあ。

むーん、なんで芥川賞ってこんなに難しいの…(´ε`;)

個人評価:★★★


文字でネタバレしたことがあるような気がするけど
ばーちゃんの田舎話まったり進行。





ばーちゃん家へは何回か乗継をしたあと、地元ローカル線に乗る。
ワンマン電車で半分くらいが無人駅が続く。
2時間に1本くらいなので、乗り逃すと大変なことに。

多分まだ免許とりたてで、この時は電車を使用していたのだと思う。
まあドッチでも同じくらいの時間がかかるのだが
この事件があってから車でいくようになった。







「生足ヘソ出しマーメイド」とはこのことか。
誤魔化し聞かない 薄着の曲線は確信犯の しなやかなSTYLE。
(T.M.Revolution HOT LIMITより)
田舎にありがちな綿100%っぽいワンピ着たおばーちゃんだった。

しかしこの車内で家のようにくつろぐ気概は
この土地では必要不可欠な要素だったのだ──

つづく。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。