プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

629

オジいサン

オジいサン (中公文庫)オジいサン (中公文庫)
京極 夏彦

中央公論新社 2015-02-21
売り上げランキング : 5159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやもうフイタ。
余りに不審者なことになりそうだったので、
途中から外で読むのをやめて、家で読んだくらい。

京極氏の著作に厭な小説というのがある。
とにかく厭な話を厭なカンジで厭に締めくくるという厭な小説だが
コレは何の変哲もない爺の爺たる生活を
爺のテンポで語ると言うひたすら爺な小説である。
そっと頁を捲るとインク臭ではなく、加齢臭がしそうな一品だ。

僕達は(=自分だけが)こんな小説を待ってた・・・!

「七十二年六箇月と1日 午前5時47分~6時35分」
というタイトルから始まる7日間の爺ライフ。
時間は章ごとにアトランダムだが、
どれも小一時間ほどの経過に過ぎない。
のだが、長い。

ページ数がある訳ではない。
一人暮らしの72才の爺らしく、のっそり起きたりまったりしたり
ゆっくり飯を食べたり片付けたりしているだけなのだが
爺が時計を見ると5分くらいしか経っていなかったりする。
さりとて腹が空く訳でもなく、テレビをぼーっと見るのも好きではないので、
爺はとにかく丁寧に作業をこなし丁寧に物事を考えて時間を過ごすよう心掛けている。

日曜日は地デジと電球と田中電機についてあれこれ考え、
月曜日は燃えるゴミを出して今日が何曜日だったかということと
携帯というものの必要性と語幹について考え
火曜日はカセットテープが燃えるゴミなのか燃えないゴミなのかの
回答に辿り着けずまた捨てそびれ
水曜日はスーパーに買い出しに出かけ、ソーセージの試食と
冷蔵庫内のしなびたキャベツとの行く末に思い悩み…

♪ともだちよ これが私の一週間の 仕事です
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
テュリャテュリャテュリャテュリャリャーーーーー♪
てな具合だが、そこに行くまでもいろんな思考と
爺の生活スケジュールが入り込み、時間はぐねぐねと曲がりくねっている。
が、やっぱり5分くらいしか経っていない。

そのタイムラグが思わず吹き出すほどにオモロイのだが
時折はっとさせられる。
年を取ると昔のことがつい昨日のように思われるのに、1日は長くなる。
子どもの頃は未来があんなに遠く、そして1日は短かったのに。
人生におけるタイムパラドックスの理由が、ふと臓腑に落ちる心地がする。

無論、最近の70代はまだまだ老いとは言えないが、
本書の爺は進んで年波に逆らわぬように生きている。
だが時折噴出してしまう爺扱いへのやるかたない思いを、
真面目に憤ったり反省したり納得したりと、忙しい。
だがやっぱり5分くらいしか経っていない。

たまに1日が10時間くらい増えればいいなんて思う時もあるが
時間は生涯を平均して平等なのかもしれない。
いつか自分も時間を持て余すことがあるのだろうかと
ちょっとしんみりした気持ちにもなる。
渋味とギャグをちりばめた塩梅も丁度いい。まさに年の功小説。

ネットも交通も出前も「早い」ことに価値を置かれる現在。
爺視点のゆっくりしたメトロノームで世界を見るのも一興だ。

♪月曜日にお風呂をたいて 火曜日はお風呂に入り
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャーーーーー♪

個人評価:★★★★★


そう言えば、ウチの大叔母も生涯独身で一人暮らしだった。





基本几帳面なので「足の踏み場がない」というようなことはなかったが、
棚や壁に至っては「隙間が無い」という状態であった。





何十センチという長さだったらしい。
そんなになるんかジャガイモ。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



そう言うばーちゃんも入院時には、冷凍庫から昭和の肉が出てきたので
ドッチもドッチって気がするがね。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。