プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

62

病が語る日本史

病が語る日本史 (講談社学術文庫)病が語る日本史
酒井 シヅ/講談社





by G-Tools


「医史」とは、医学を歴史的に研究し
現代医学に反映させる学問であるらしい。
関連書や出土品からその病気を読み解くことを「古病理学」といい
酒井さんはその方面の第一人者でもある。
ドラマ「JINー仁ー」の医学監修をされたことでも有名だ。

小説ではないが、非常に面白い学問だ。
例えば武田信玄が戦の帰路途中に亡くなったのは
ガンか結核を患っていたからだとされるが
酒井さんは、おそらく胃癌だろうと語る。
侍医の記録にある信玄の痛みから、そう推察できるのだそうだ。

多くの症例を列挙しているために
1つ1つに細かな分析は載せられていないのが残念だが
その時代に手の施しようのなかった病が
数百年の時を経て紐解かれるというのが
何となく読んでいて、不思議な感慨に囚われる。

源氏物語のモデル(の一人)とも言われる藤原道長が
糖尿病だったとは今回初めて知ったが
艶やかな恋絵巻の世界の光源氏が
「♪僕には夢があるー そしてー 持病があるーぅ」
と脳内で歌いだし、随分オッサンなイメージになってしまった。

だがこの頃は医術的ものでなく
加持祈祷などで「憑き物を払う」ことが「治療」であったのだ。
滑稽とも思えるが、ウィルスという目に見えない病因なぞ
その時代からすれば正体不明の怨霊と変わりはない。
医学の発展は本当に近年のことなのだと、読んでいるとしみじみと感じられる。

知識本としても面白かった。
西洋医術が入る前は、東洋医術が基盤になっていたため
病は悪い気(風)や虫が起こすという考えがあり、今でも
「破傷風」や「中風」という病名が残っており
「疳の虫」「虫歯」「虫下し」という言葉となって現存する。

また江戸小説を読むとよく出てくる
「おこり(=マラリヤ)」や「疝気」「癪」(どちらも今は病名としてはない)
などの時代背景もよくわかる。
「目病み」がよく出てくるのも、この時代には
眼病にほとんど治療法が無かった事実が元になっているのだろう。

当時はやんごとなき方々でも、脚気や赤痢を患っている。
衛生と栄養がほぼ病因なのだろう。
不老不死の薬とやらが歴史作品にはよく出るが
その時代に除菌シートとカロリーメイトでも持っていけば
結構な褒美がもらえたかもしれない。(笑)

だがドラッグストアで薬を買ってくれば
大概の症状が治められる現代人は
昔から見れば、不老不死と大差ないのではないだろうか。
改めて医療の発達をありがたく思う反面
不老不死という不可侵の神の領域に
人はどこまで挑んでいいのだろうと多少不安にも思う。

多岐に渡る雑学本のようで楽しめたが
古病理学という観点でもう少し読みたかった感が残る。

個人評価:★★★


医療の変化というのは、なんかスゲェと感じる反面
目の前で起こるとなんかショックだ。

自分が小さい頃は、風邪は滋養を取って休むものであり
食欲がなくても食えと言われた気がするが
今は食欲がなければ
ポカリスエットなどの水分を取るだけでも可らしく
科学とは何の関係もなく衝撃を受けた。

おかんに怒られながら(病気なのに)
食った飯は一体…。(オマケにさほど旨くないとか)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。