プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

614

WJ2015年11号

wj


ONE PIECE 休載
ワンピースやってないなら買わないでいいかな…と思ったのだが
岩代せんせの新連載が始まってたのでつい。

なんだかんだとジャンプ卒業を逃している自分。わら。
でも今はまぁ、銀魂読むのに買ってる部分もあるので。


銀魂528 「ヒーローは遅れてやってくる」
てなワケで、今回のみ銀魂感想。
1年かかるかそれより長くなるか分からんけど
確かに銀魂はストーリーを畳みに掛かってると思う。

銀魂の強みは、緩急がつけやすい構成にしたことだろう。
ギャグであり、人情話であり、また歴史(改編)モノでもある。
1話読切にも出来れば、数話続くものにもできる。
連載には長編ストーリーが不可欠だが、どうしても何処かで中弛みしてしまう。
ギャグ漫画は話をブツ切りにできるが。逆にネタ切れという恐れがある。

この2つの利点を無節操に(笑)融合したのが銀魂だと思う。
連載漫画は毎週読まないとワカランなるのが多いが、
そこまで頑張らなくてもいいってのが。
またこのユルいポリシーも強みだろう。
多分おおきいおねいさんのファン層が強いんだろうなとは思うけど
接待(?)は半分ほどで、後は斬り捨ててる感じ。

ギャグだけはPTAも恐れないポリシーがあるようだが(笑笑)
この「ちゃらんぽらんだがヤるときゃヤるぜ」と言う姿勢が
銀さんというキャラとよく合致しているのだろうなと思う。

またそのユルさとギャグポリシーで歴史を改編しているからこそ
攘夷側と佐幕側の両方の視点を持ち得る。
北方氏の黒龍の棺(上)(下)を読んだときに思ったが
この2つは融合し得ないものの、融合する道もあったろうと思える。

新選組は元々幕府リスペクト派な訳ではなく、
「天皇制のもとに将軍があるべき」という半端な中立派だったのだ。
また一般に新選組に敵対して描かれる長州藩は
そもそもは尊皇攘夷派なのだから
実はこの2つの志はほぼ同じところにあったのだ。

史実ではここに「倒幕」という要素が加わったために
2つが相容れることはなかった。
が、銀魂では茂茂が死んだことにより、
この「倒幕」で2つが結び付く可能性を演出した訳だ。

江戸幕府最後の将軍は15代目の慶喜だが、既に彼は
幕府と沈没するつもりではなかったことから
将軍と言う職を本当にまっとうしたのは、14代目の家茂が最後であったろう。
小説では本当に影の薄い家茂だが、
銀魂では人気キャラになったので、ちょと嬉しかった。

史実の「新」選組は幕府と言う沈没船に乗って沈んでしまったが
銀魂の「真」選組は茂茂の代で船は沈んだのだ。
だから倒幕と言う新しい船に乗っても、多分問題ないのである。
「そんなユルい歴史もあっていいじゃん」ってのが
空知せんせの銀魂なんじゃないだろうか。

桂小五郎(木戸孝允)にあたるヅラを
どうやって組み込むんだろうと思っていたが
以前に記憶喪失になった将軍とダチんこになったギャグ回が
まさかここで生きるとはなぁ。
(※本誌のみ読んでるので他にエピソードあったのかも。忘れてたらスマソ)

本来は近藤・土方・沖田は死に役であり
ある意味新選組モノには外せないエピソードだが
ココをどう持って行くかが、注目のしどころだ。
ストーリーの盛り上げのために誰かが亡くなっても
誰も死ななくても、まあどちらも納得は行く。
前者と後者の確率は3:7くらいかなあと、今のトコロ様子見。

そんなマジ話のなかで
斉藤とエリザベスのキャラ被りに吹き出したりと忙しい。
一体お前の正体なんなんだよエリザベス。(笑)
自分は結構このシームレスなシリアスとギャグのつなぎ目が好きだが
駄目な人はコレが駄目なんだろか。

唯一残念なのは、銀魂で芹沢鴨が単体で出なかったことか。
(※伊東甲子太郎と合体させたような名前のキャラはでた)
空知アレンジで鴨が見たかったがなあ~~。

ま、何はともあれ今は銀魂がおもしれー。


新連載:おかえりなさい岩代せんせい!
    みえるひとが好きだったので、系統としてはこゆの好きだが
    ふんだんにサイレン要素が入ってる感じも。
    そこそこは続くと思うのだけど、もう1歩突き抜けたカンジが欲しいな!
    でも売れたらコダマのもふグッズがでるに3000点。
暗殺教室:松井先生も1つの章を短くして、話を切りやすくしてる例かも。
     もともと無理して引き延ばす話にはしないとこもいい。
ハイキューとヒーローは安定。
食戟:なるほど、今度はトツゲキ隣の食堂屋さんか。
   コレもなかなかバリエーション工夫してるよな。
相撲:お、辻も戦うのか。さすが半裸率100%漫画。
ニセコイ:なんだかんだと日本に残ることになりましたーって
     オチになりそうなので、広告のつぐみちゃんデレモードの方が気になる。
超能力:誰得なんだよこのネタは。
読切:ってかプラスの宣伝ね。ホラー部分はいいんだけど
    キャラが綺麗すぎてなんかホラーっぽくない感じ?
ワ―トリ:そろそろ男のサブキャラの見分けつかんなってきたぞと。
学糾法廷:ニンジャッッッッ!!?Σ(゚д゚)
ブリーチ:章が長くなっちゃう例の1つでもあるよねえ。
磯兵衛:もし掲載順で最後に来た場合、2本続けてやるのか
    疑問に思ってたんだけど、よもやコレって…。

前売り券発売記念とかいうNARUTOポスター入っててワロタ。
岸本せんせー、連載長すぎて身体が休めないんじゃないか。笑。

きょうはここまでーーーーーぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2015-02-10 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。