プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

6

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)謎解きはディナーのあとで
東川 篤哉/小学館






by G-Tools


話題になってた時に気になってたのを
文庫化するのを待って、やっと購入。

宝生グループのお嬢様・麗子は
その正体を隠して、国立署で刑事を務めている。
ちなみに風祭モーターズの御曹司も同じ部署にいるが
こちらは正体も品性も隠すことなく、馬鹿丸出しである。

お嬢様だから、当然執事がいる。
影山は一見真面目で実直、漫画に出てくる「執事」のイメージを
そのまま絵にかいたようなタイプに見えるが
麗子から捜査の愚痴を聞くと、つい慇懃無礼な本音が出る。
「お嬢様の目は節穴でいらっしゃいますか?」

てっきり1冊で1話と思ってたら、そうじゃなかった。
「殺人現場では靴をお脱ぎください」
「殺しのワインはいかがでしょう」ほか書下ろしをを含む短編7つ。
どれも麗子の話から影山がさらりとポイントを指摘し
事件を解決するという流れで
いわゆる「安楽椅子探偵」タイプの推理小説。

当時やっぱり目を引いたのが、帯に書かれた
影山の慇懃丁寧な無礼文句だったのだが
ちょっと期待を外した感。

他にも東川さんの小説を数冊読んだが
なんというか「無難」な印象を受けた。
文章にもトリックにも登場人物にもソツがないというか
するりと読み入っていける作品だと思う。

まあ全作品を読んでないので、本当に個人的な印象なのだけど
「変なキャラ」にもソツがないとでも言おうか
執事のキャラが自分の期待よりも常識人で
騒がしいお嬢様の反応が浮いてるように感じてしまった。

楽しみにしてただけにちと残念、ってコトで

個人評価:★★★
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。