プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

589

秘密は日記に隠すもの

秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)秘密は日記に隠すもの (双葉文庫)
永井 するみ

双葉社 2014-12-11
売り上げランキング : 102745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日記を題材にした4つの短編集。
連作と言う程ではないが、わずかにキャラが繋がっている。
何の気なしに買った本だったが、なかなか面白かった。

トロフィー
カッコイイ父と美人の母を持ちながら、
自分の顔の平凡さを悩む女子高生の日記だが、
「アイツを殺した」という物騒な冒頭で始まる。
道化師
親の遺産で高等遊民であるらしい男の日記。
内気な従兄弟の面倒を見ながら
清楚な女性とお付き合いをする、イケメンな人生に見えるのだが。
サムシング・ブルー
東京に出てきて、妹と同居している姉の日記。
不倫のつらい想いの丈を綴っていく。
それは余りに重く、病的なネガティブ思考に陥っている。
夫婦
妻に先立たれた夫の手記。
何か新しいことを始めようという前向きな言葉に溢れている。
が、ここでどんでん返し!さらに最後に大どんでん返しッ!

基本ミステリー仕様なので「ちょい怖」路線なのだが
その中で毛色の違う「道化師」が個人的によかった。
全部短編なのでネタバレが出来ないのが残念だが、
この短さで起承転結がキマっているのが、読んでて心地いい。

他の作品も読んでみようかなーと検索して驚いた。
数年前に亡くなった作家さんで、これが絶筆作品だったらしい。
それもこの連載途中に亡くなったのだとか。
なら4編ではなくて、まだ続くものだったのかもしれない。

先にも書いたが、この4編のキャラは微妙につながっている。
1話目の「女子高生」の伯父が、2話目の「高等遊民の男」だ。
その男がツイッターでみたつぶやきの発信人が、3話目の「姉」。
その不倫相手の隣人が、4話目の「妻に先立たれた夫」なのだ。

予測だが、5話目が1話目に繋がる予定だったんじゃないだろうか。
4話目と1話目には「韓国旅行」という共通項がある。
ならば5話目の主人公はこの人だろうか。
どんな話だったんだろう──と興味を惹かれるが、もうそれは読めることはない。

初読が絶筆という妙な順番になってしまったが
その内もう一冊、著書を拝読したいと思う。

個人評価:★★★★


夢の話、最後にどん。





ちなみに高校生くらいのときの夢。





何言ってんだか分かんねーと思うが、おれもサッパリ分かんねー。





こんき…?今期?今季?根気?婚期?
なんとなく「根気」の気がするのだが
ココまで大勢に諭されるほど根性ナシじゃないと思うの。



実は自分もずっと忘れていたのだが、以前に里帰った時に
妹が代わりにこの夢を覚えて怖がっていたので(笑)、メモとして書いてみた。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。