プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

584

えどさがし

えどさがし (新潮文庫)えどさがし (新潮文庫)
畠中 恵

新潮社 2014-11-28
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ひなこまちと同時発売された、しゃばけシリーズのスピンオフ。
コチラの方がするんと読めた気がする。

五百年前の判じ絵
佐助が長崎屋へ来るきっかけとなった話。
太郎君、東へ
河童の禰々子、坂東太郎(利根川)が荒れる原因を探る。
たちまちづき
気の強い女房に、頼りない主人の「お祓い」を頼まれる広徳寺の寛朝。
親分のおかみさん
日限の親分の家に、捨て子が!?
えどさがし
百年後のしゃばけの世界。明治の御世に、京極と姓を変えた仁吉。

畠中さんの「のほほん」世界は、短編の方が生かされると思う。
サザエさんみたいなもんだろうか。
アレは30分の中に短編がいくつも入っているから
なんとなくするんと見れてしまうのだが、
あの「のほほん」を長編でやったら、やっぱり印象は違うと思う。

待てよ、サザエが萌え系かゆるふわロリだったら…。
いやごめん、独り言だから忘れて。

いやでも、これ読んでつくづく思った。
若だんなが名探偵にならなくても、
事件を解決させるだけのキャラと下地があるじゃん。
若だんなが解決の一端になってる「親分のおかみさん」とか
結果的にはむしろすごい若だんなの頼れる感が出てる。

銭 も っ と り ま っ さ か い な 。(いやらしいカンジで)

いやいや冗談じゃなくて、
若だんなが人の欲とかけ離れているのは、いい設定だと思うのだ。
大店の息子で両親に砂糖を煮詰めたように甘やかされ、
江戸っ子も裸足で逃げ出す妖怪たちが、そのひ弱な身を守っている。
本来なら出来上がるのはどうしようもないドラ息子だろうが(笑)
純度の高い真の「ぼんぼん」がそこにいる。

個人的な印象だが、病がちというのは
それだけでその人を弱くし、また愚痴っぽくさせてしまう。
それでも素直な心を持っていられる人というのを、自分は本当に尊敬してしまう。
大妖・おぎんの孫だからと言うだけでなく
若だんなが人に妖怪に好かれるのは、その純度にあると思う。
だからこそ若だんなは何も出来なくていいし、まだそれだけの人物ではないのだ。

ただ表題の「えどさがし」で、しゃばけのオチというか
未来をちょっと種明かししてしまったのは、少し寂しいかな。
この話自体は、しんみりしたものではないのだが。

全体としては、しゃばけファンが楽しめる中身にはなっていると思う。

個人評価:★★★★


なんとなく、ワードで風景を描いてみる。

20141212-1.png

3分間クッキングみたいだけど、出来上がったものがこちらになります。



雑だなあ…。雪の部分はもうちょっと修行が必要。
という訳で色を変えてごまかしてみる。

20141212-3.png

更にフリーソフトを使ってごまかしてみる。(ちゃんと勝負せんかい)



Sqirlz Water Reflectionsという、水面を作り出すフリーソフト。
仕事で使ったのでちょいと活用。
簡単に使えてなかなか面白い。

水面の波もいろいろ変更可。


雪や雨も降らせられるのだー。


という訳で何の意味もなく、ワード絵遊びですた。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。