プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 玉福

    玉福

    2014-12-12 (Fri) 13:05

    歯医者で寝ますよー、鉄板で・・・(恥)
    慣れた歯医者さんだと、口を開ける器具を装着させてもらってから心おきなく寝ます(^^)
    ここ何年か歯医者に行っていないので、次に行くときはまた初期状態からスタートです(--;)
  2. はるほん

    はるほん

    2014-12-12 (Fri) 16:44

    うおーーー!玉福さんが同志だったとはっ!バンヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノザーイ
    そんな器具あるんですかっ!?
    よし、今度眠くなったらそれを申し出てみよう!

    あざっす!これで安心して眠れます!(←?)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

581

ひなこまち

ひなこまち (新潮文庫)ひなこまち (新潮文庫)
畠中 恵

新潮社 2014-11-28
売り上げランキング : 87

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しゃばけシリーズの11冊目。なのだが。

うーん…(´ε`;)
シリーズとしてはそろそろ幕引きの時期かもしれない。
というより、既にちょっと引き伸ばし感がなくもない。
あくまで個人の感想だが。

中身は「ろくでなしの船箪笥」「ばくのふだ」
「ひなこまち」「さくらがり」「河童の秘薬」。
若だんなのもとに届いた「助けてください」という木札と
雛人形のモデルを決める江戸のミスコン「ひなこまち」が元で、
さまざまな人助けをすることになった顛末を描いた連作短編。

新しくキャラに加わりそうなのが
・広徳寺の坊主・寛朝が持っている悪夢食いの獏(ばく)
 ……が、化けた噺家の「場久(ばきゅう)」。
・関東の河童を率いる女親分・「禰々子」。
 ※9巻「ゆんでめて」で「おね」として出ているので、初登場ではない
・利根川の化身である「坂東太郎」。
今回は七之助と冬吉兄弟もでてくる。

キャラも楽しいし、話もするりと読めるのだが
なんというか、シリーズ最初の頃の浮世感というか
まったりした感が巻ごとに薄くなるような心持ちがする。
まったり感を出すのに家鳴と甘いものを出して
言い方は悪いが、まさにお茶を濁している気がするのだ。

怪異と江戸を融合させた時代物としては
恐らくこのシリーズが火付け役だろうし、実際によく売れている。
が、売れている作品にはこちらも少々評価が厳しくなってしまうので
その辺はご容赦されたい。

「しゃばけ」はいつから、若だんなのディテクティブ話になったんだろう。
や、捕物要素は確かに無くはなかったし
安楽椅子探偵ならぬお布団探偵であるところも、魅力ではあった。
が、なんだか若だんなの推理力が妙にあがり、
その内話を聞いただけで「犯人は分かった!」とか言い出しそうで怖い。(笑)

若だんなは、もこみちのオリーブオイルに負けぬほど
砂糖をファサーされてる級の甘やかされっぷりと
風が吹けば若だんなが倒れるがごとく脆弱っぷりがウリだ。
だから若だんなが成長したがるキモチはよくよく分かるのだが
それでもいじけず、素直に自分の弱さや周囲の手を受け入れるというのは
多分、普通の人間には出来ないと思う。

だからこそ若だんなは妖怪と人間を繋ぐという、
誰にもできない大役が与えられている。
そういう意味で、若だんなに他のスキルの必要性を感じない。
あくまで個人的主観だが、
名探偵として成長させるつもりなら、妖怪奇譚としての意味が薄れると思う。

無論、日常生活だけでシリーズを続けるのは大変だ。
探偵話がちょいちょい出てくるのは構わないのだが
妖怪が岡っ引きみたいなことばっかりやってるのは、いかがなものかと。
なんだか家鳴までもが有能な情報収集役になっていて
コチラとしては、少し寂しい限り。

妖怪は基本人を驚かせたり、
また伝統と今を繋ぐための象徴として存在している。
実務として役に立つのではなく、存在そのものが意義なのだ。
けれどそれらは若だんなが大好きで、守ってやらねばと思っている。
そこが「しゃばけ」のいいところなのだ。

じゃあこれでいいんじゃねーかと言われると困るが、
妖怪は好きで若だんなの傍にいるのであり、
上下関係で側に控えているのではないのだ。
事件ものにすると、どうしても「解決」に重きを置いてしまい、
若だんなと妖怪というこの世のものならぬ絆が二の次になる印象。

や、今回は事件というような生臭いものではなかったし
そこそこ「しゃばけ」なカンジにはなっているのだが
連作にするためか、少々ややこしい繋がりになっている。
ネタ切れなのかなーと余計な心配もしてしまう。

河童の禰々子がなかなか良いキャラなので
しばらくは彼女と佐吉を絡めた話なんぞが出るのかもしれない。
が、そうなると話が長崎屋から飛び出てしまう気もするので
この路線で続けるなら(もう2巻は単行本がでている筈だが…)
そろそろラストへ繋ぐ準備をしてほしいなというのが本音。

やだねー。読者ってのはうるさくてさ。(苦笑)

個人評価:★★★


ずっと通ってた歯医者を、いろいろあって変えた。
歯医者に何時も小さな悩みを抱えているので聞いて欲しい。





長い間、自分は多少睡眠不足でも動けると思ってたのだが
単に立って仕事をしているからだと判明。
睡眠不足で座ると、あっという間にぱとらっしゅ。(なんだそら)





ホントに口の中でちゅいーんとかされてても寝る。
「歯医者で寝るとか有り得ん」とみんなに言われるのだが
いや座るだけで眠くなるのに、寝椅子とか。

一応恥ずかしいことだと自覚はしているので
診察の前日は出来るだけ早く寝るようにはしているのだが
最近忙しくて、なかなかそれもままならない。



新しい歯医者はまだ2度目なので
多少気が引き締まっているのか、今のところ寝ていない。
このままなんとかやり過ごしたいものである。
関連記事
スポンサーサイト
2

Comment

  1. 玉福

    玉福

    2014-12-12 (Fri) 13:05

    歯医者で寝ますよー、鉄板で・・・(恥)
    慣れた歯医者さんだと、口を開ける器具を装着させてもらってから心おきなく寝ます(^^)
    ここ何年か歯医者に行っていないので、次に行くときはまた初期状態からスタートです(--;)
  2. はるほん

    はるほん

    2014-12-12 (Fri) 16:44

    うおーーー!玉福さんが同志だったとはっ!バンヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノザーイ
    そんな器具あるんですかっ!?
    よし、今度眠くなったらそれを申し出てみよう!

    あざっす!これで安心して眠れます!(←?)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。