プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

58

インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実

インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実 (徳間文庫)インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実
真梨幸子/徳間書店





by G-Tools


「殺人鬼フジコの衝動」の次作。
前作をこちらで書いてないので、そちらも紹介。

作品は「はしがき」から始まる。
そこには、フジコという女性について全てを語るとある。
フジコは一家惨殺事件の生き残りであり
また十数人を殺害し、死刑になった殺人鬼でもある。
これを書いた女性は既に亡く
迷った末、「私」が代わりに世に出そうと決心したのだと。

そのフジコが11歳で凄惨な惨殺現場で発見されて以来
犯した殺人遍歴を綴ったものが「殺人鬼フジコの衝動」だ。
だがその「あとがき」には
その結末は捻じ曲げられており、真実ではないと語られている。

更にその「あとがき」の後にも、まだ続きがある。
帯にも書かれている通り「最後まで」読まなくては
この本の持つ意図は分からないのだ。

ここまでが、前作である。

そして今回の「殺人鬼フジコの真実」は
男女5人を殺して無罪となった男・下田健太に焦点が当てられる。
雑誌社のインタビューに応じるという男の母親は
実は、生き残ったフジコを引き取った叔母・茂子だったのだ。

そこには前作で語られなかった真実と
「私」のもうひとつの正体が語られる。

以前に読んだ「悪の経典」でサイコパスという言葉が出てきたが
フジコもそうだと考えてよいだろう。
が、ただ漠然と人として何かが間違っているという蓮見(※悪の経典)より
その経緯と心の在り様が描写されているフジコの方が
なんとも不気味で恐ろしい。

次作は恐らく、例の北九州一家監禁殺人を題材にしており
生々しい殺人の描写や
殺人鬼とそれを取り巻く環境の異常さが醸し出されているのだが
前作の衝撃は超えない。
フジコに比べて、小物感が拭えないのである。

自分の思い込みかもしれないが
一度オチをつけてしまった話は
余程上手くやらねば、再度オチをつけるのは不可能である。
ストーリー構成や文章の表現は評価したいが
やはり次作を出したのは、蛇足だったのではないかと思う。

と言いつつ、まあ自分も実際買ってしまった訳だが。(笑)
それだけ前作で描かれたフジコの人生は
「反吐が出るような殺人鬼」に徹していた。
倫理的には兎も角、彼女はそのタイトルに恥じぬキャラであり
彼女が死んだ時点で、その物語は幕を引いたのだ。

故に、次作は残念分を差し引いた。

個人評価:★★★


昨日書いた「進撃の巨人」の公式トレーラーを見てしまった。
うん、なんだかんだ言って見ちゃいそうな気がする。(笑)

いやだって面白いんだもん。


明日あげるつもりで下書きしてたら、うっかり投下。
まあいいか…。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。