プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

576

圏外へ

圏外へ (小学館文庫)圏外へ (小学館文庫)
吉田 篤弘

小学館 2013-05-08
売り上げランキング : 414174

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回語るのは書評ではない。
吉田氏作品へ出かけるためのチケットの買い求め方を記すものである。
そんな思わせぶりな出だしを書いてみるワタシである。
出だしである。冒頭である。プロローグである。序幕である。
この小気味良さである。

マズ。まず。先ず。
さてこの「マズ」とも付き合いはそこそこ長い。
話題のとっかかりを始めてくれる有能な彼は、
本文6行目でも、その才能を如何なく発揮してくれる。
まァ問題は、ワタシがとっかかりから本題に入ってない事なのだが。
うむ、この小気味良さである。

さて。サテ。
この「サテ」は文語中でくらいしか知り合いではないが、
彼は本書の中にも登場するので、紹介は控えておこう。
吉田氏作品へのチケットの話であった。
チケットぴあとかでは手に入らないので、注意が必要だ。

まずは本屋へ行く。
ホラ、また「マズ」が出てきましたよ。
何とも優秀な御仁だと思いませんか。
無論、これは本題ではない。

そして吉田氏作品を手に取り、本とじっと向き合ってみましょう。
えっ、600ページくらいの分厚い本ですと?
それはいけません。いけませぬぞ。
イキナリ長編というのは、乗り換えのややこしい路線に乗るようなものです。
最初は短編なんかがヨロシイ。
それでも乗り換えが数回あるから注意されたい。
注意である。注意喚起である。アテンションプリーズである。

さあでは、レジで支払いを終えたら
家でまったりした部屋着に着換えて、コーヒーでも淹れませう。
紅茶でも可。は?スーパーで買った焼き芋も?
まぁ、アナタがどうしてもと言うなら止めませんが
出来るだけお荷物は少な目の方がヨロシイですよ。

吉田氏作品はフワフワした重力の中を行き来するため、重量制限がゴザイマス。
きっと気が付いたら、焼き芋が冷たくなってると思いますけどねぇ。

ではココロの窓とドアを大きく開け、シートベルトをお外しください。
アナタがこれから行くところは、ストーリーの中ではありません。
言葉の海です。
だから話が繋がってなくても、そこに留まらなくてイイんです。
綺麗なお魚を見たみたいに、スイスイと泳いでいっちゃってください。

息苦しくなったら、また現実世界に帰ってくればイイんです。
「よく分かんないから、もう行かない」と思ったら、ソレはソレで。
「でもやっぱりなんか気になるから、もう一回」と思ったらシメタもの。
きっと次は、前より長く潜れますよ。
チリヂリでバラバラで、キラキラした吉田氏作品に。

で。とどのつまり、どんなストーリーなのかって?
ほら、だからアナタはせっかちでいけない。
「とどのつまり」って何だか知ってますか?
ボラと言う出世魚の最終形態がトドだから、トドのつまりなんですよ。
ボラの段階も全部言えないのに、最後だけ知るなんて無粋じゃないですか。

いーんです。そんなコトは気にしなくても。
吉田氏作品のビーチでは、潮干狩りも出来ます。
ざっくざっくとね。「( ゚д゚)ハッ!」が出てきたりするんです。
でもよくみると「(゚Д゚)?」だったり、だからどーした!ってなったりもするんですけど
でもやっぱり「!」が見つかるのって、嬉しくってねぇ。

それでも「ストーリーが分からんと気になるだろ!」って人には
まあ、「小説を書く人の脳内のメタ化」とでも言っておきましょうか。
作家とは、紙の中に世界を創る神です。
いわば紙の中の神。
スゴイのに、ペーパーオブゴッドっていうと薄っぺらくなるから不思議だ。

きっとね。ひとつのストーリーを創るためには
作家は読者以上に、いろんな世界を旅せねばならんのですよ。
それはきっととても楽しくて、孤独な旅なのだ。
南を目指して、作家は小走りしているのだ。
そのぐるぐるした世界を読むのだから、分からなくてアタリマエ。

え、なんで南なのかって?
だって北に行ったら「敗北」しちゃうじゃないですか。
南はちょっと字面を変えたら「幸」ににてるデショ。
これに一瞬「( ゚д゚)ハッ!」と思って「(゚Д゚)?」となったら
ホラ、アナタの手に吉田氏作品行きのチケットがあったりするんです。

この小気味良さである。

個人評価:★★★★


ヒツジから解放された途端、別の仕事がはいった。



まあそんなアレにはありがちなことなのだが。



絶対とは言わないが、こーゆーのは大概シンプルな方が見栄えがいい。
だが不思議と人は何かを作るときは「足し算」をしてしまい
「引き算」がなかなかできないのだ。





そのために関係者などの意見が入ってきて
今日もう1回打ち合わせをする羽目に。
ココで違う意見なんぞでたら、もう試合終了である。(自分が)

今日はジャンプも読まねばならんというのに。(そんな理由で)



いやジャンプは冗談だけど
最初から三日しかない作業時間枠でさぁ。アレなんだよ。
仕事だから書かないけど、なんかもうホラさ。

お 察 し く だ さ い 。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。