プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

549

WJ2014年46号

wj


ONE PIECE763「人間宣言」
ふおおおおおお、今回盛り沢山だな!
何処から食べていいのか迷うが、まずは「天竜人」の部分から行くか。

めっちゃ嫌われとるな、天竜人。
「数百年分の世界の恨み」は、世界政府が創立した時代からを言うんだろう。
「神も同然なんだろう!」という一般市民の台詞と
「神の名を捨てるのか!」という天竜人の台詞。
天竜人は自分らの事を割とマジで崇め奉ってる反面、
市民たちはちゃんと身分制度だと理解しているらしい。

その違いはどうやら「チップ」であるらしい。
IDカードのようなものがあるのか、もしくは身体に埋め込んであるのか
身分を詐称できないようになってはいるらしい。
しかし物理的に証明できるものが存在する時点で
それはDNAのような歴史ある血ではないってコトにもなるのかもね。

それを自ら捨てたのが、ドフラの父親。
自分は「人間」であることを公言してはばからない。
姿勢としては、天竜人の権利を捨てたアラバスタも同じだよな。
コブラの耳にこの一件が入っていたとしたら
ドフラの父親をどう見ていたのだろう。

で、またこの父親の名前が「ドンキホーテ・ホーミング卿」。
コラソンの名前が「ロシナンテ」。
ならカーチャンの名前は「ドゥルシネーア」か?(笑)
うん、童話「ドン・キホーテ」のキャラの名前から取ってあるんだな。
ちなみに「ロシナンテ」はドン・キホーテの馬の名前である。

はてさて、壮絶なドフラの幼少時代。
半分くらいはドフラ自身が招いた災厄のような気がしないでもないが
とりまドフラがそれを共に生き抜いたコラソンを大事にし
また「差別」にあったローを見込んだという意味も分からなくはない。

しかし回想の「ドンキホーテ海賊団」は
能力を使って闘うシーンはあまり書かれていないな。
(確か前号でセニョールは既に地面を泳いでいたようだが)
全員が能力者って訳じゃなく、「実待ち」をしてるメンバーもかなりいるんかな。
ベビー5なんか明らかに素手でしか戦えないカンジ。

ならドフラやコラソンも、まだ能力者確定じゃないかもしれんね。
だが確実に「オペオペの実」の事は知っていて
それを手に入れたがっていたことは確かだろう。
ドフラ自身が言っていた通り「不老不死」の力を見込んで。
だがこの実は自身で手に入れても仕方がない。
「誰か」に食べさせるのが一番利用価値がある──、いわば「捨て駒」だ。

ドフラが誰を不老にしたいのかは分からんが
(まあ通常で考えれば己自身なのだが、不死って長い目で見れば
 むしろ拷問な気もしなくもない)
家族思いのドフラが、仲間内から捨て駒を出すだろうか?

そもそもドフラの目的はなんだろう。
この過去から天竜人に返り咲きたいと想うだろか?
かといって、一般市民を身分制度から救ってやりたいと思うだろうか?
思わないだろう。
ならいっそ「強いものが勝つ」という明解な世界にしたいと思うのではないか?

天竜人よりも、海軍よりも、世界政府よりも「上」へ。
そのための「不老不死」なら、確かに望むかもしれない。
色んな意味で「Dの一族」は、ドフラの手本なのではないだろうか。
(恐らく)かつてこの世界に君臨した一族であり
その栄華を消された一族でもある。(※妄想)
「オレならDを超えてもっと上手くやる」と、そんな風に思ってるのではないか。

だがおそらく「上」へ行くには(プルトン・ポセイドン・ウラヌスの所有も含む)
Dの血が必要なんじゃないだろうか。
利用し、更に超えるために「D」の人間が必要だとしたら
ドフラはかなり、Dの血筋を調べてるんじゃないだろうか・
ルフィやエースしかり、ローのことも。

や、ドフラがローを「D」だと知っていたかはまだ分からない。
だが少なくともコラソンは、ドフラが「D」を手に入れることを
良くないと思っている印象だ。
兄を守るためなのか、ローを守るためなのか、それともその両方なのか。
コラソンは口をききたくない程ドフラの思考に反発しながらも
それを阻止するために側にいるのではないか?

それがコラソンの信念であり、ローが受け継いだものじゃないか?

またローの「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」と言う名だが
「隠し名」という意味での「D」は、なんとなく察せられる。
が、「忌み名」という新しいアイテムがちょっと気になる。
忌み名は「諱」、日本でもあった風習だ。
「真名」とも呼ばれ、人に呼ばれることを避ける「本当の名」だ。

モンキー家は「D」を隠す事はしていないようだが
ひょっとしてみんなに「忌み名」があるのだろうか。
例えば、「真の世界が戻る日まで伏せし名」みたいなさ。
「うちの家族は代々…」でローの話は途切れてしまったが
全員が「ワーテル」という同じ名を持っている?とか???

今まで出てきたD一族はすでに
モンキー・ゴール・ポートガス・ハグワール・マーシャル・トラファルガーと
いろんな苗字がでているが、大事なのは忌み名の方なんじゃなかろうか。
だって女の子が生まれたら、苗字なんて変わっちゃうしね。

しかし隠し名なんてものが出たら、もうだれが「D」でも分からんわな(笑)。
なんか他にもイロイロ考えてしまうが、整理がつかんのでまあおいおいに。
ところで全コマかなりの確率ですっころんでるコラソンわろた。


NARUTO695 「ナルトとサスケ②」
おー、扉絵かっけーね!
リアルにするとやっぱこの髪型はボリュームダウンするんだな。

戦闘シーンは少しあったものの、なんか半分くらいは
ナルトとサスケの会話になりそうなカンジがすんなあ。
ま、あと5週だもんねえ。
そしてやっぱり出てきたなあ、白い世界…。(´・ω・`)
いかにもお手々繋いで終わりそうだねえ…。

まあもうすぐ最終回ということで、細かいことはさておき
ナルトとサスケは確かに「表と裏」な存在なんだと思う。
それを兄弟という繋がりと一緒にしたくはないんだが……、
あ、いやいや細かいことはさておくんだった。

以前にビーの修行シーンで「闇ナルト」と言う存在がでてきたけど
ナルトが「闇」を受け入れて強くなった存在であるならば
サスケは「光」を飲み込んで強くなった存在なんだろう。
「ヤな奴だけど、こいつにもいートコあるんだってばよ」というナルトに対して
「悪い奴ではないが、その一面だけを信じるのはよくない」というサスケ。

どちらも間違いという訳ではないのだ。
だが柱間以下代々の火影はナルトタイプで失敗し、
うちは一族はその特徴的な人間不信で失敗していると言える。
その過程をナルトがちゃんと「火影になりたい」という目標と
絡めて成長していたら、もう少し分かりやすかったかもしれない。

いや、細かいことは言わない言わない(´・ω・`)

や、今までのストーリーを思い起こしてみれば
ナルトはちゃんと成長をしてきているんだけど
それを敢えて活字にせず、読者の解釈に委ねているところが
この漫画が「わかりにくい」と言われる原因じゃないのかなと思ったり。
そういう意味では確かにこれは「大人向けの少年漫画」ではあった。

たとえば、ナルトは自来也を失って初めて
綱手の責任を追及するという「らしくない」言動をみせた。
コレはナルトが「繋がり」を失うというやり場のない怒りを
多分初めて理解したエピソードだったのだと思う。
幼少からの孤独ゆえ、誰にでも親近感を感じるナルトが
血というものは自分に想像できない情を生むことを知った瞬間だと思う。

血を知るが故に、血に縛られるサスケと
血を知らないが故に、心の繋がりを大事にするナルト。
いやこれも途中からエドテンでしっちゃかめっちゃかになったけどさ。
いやだから細かいことゆーなっつーの自分。

ナルトはひたすら「魅力の描写」、
サスケはひたすら「血の因縁の描写」が徹底されていたが
どちらも「敗北の描写」に欠けていたなあというのが、個人の感想。
ナルトにも理解できないことはある。
サスケは血よりも何かを優先した瞬間はある。
それがもう少し分かりやすく書かれていたら
5週で二人が和解したとて、素直に受け入れられるんだけど。

ああ、なんかいま怖いコト考えたわ。
万一サスケが「…親しい者など作ってはならん
それを失ったとき、オレはまた復讐者になってしまうからだ」
とかなんとか言い出すツンデレになったらどうしよう。

少女漫画かっつうの。Σ⊂(゚Д゚ ) ←ツッコミ
いやこれはあって欲しくない。
そんなことしたら次号のサスケに下マツゲだけじゃなく
上まつ毛も描き足してやるからな…!(何の腹いせなの)
いや、ナイナイ。ないわ。……ないよね?

だって今までずっとツンだったサスケが
5週で解決するなんて、突然デレるしか考えられねーんだもの。
や、よもやの闘いの最中(もなかではない)のシーンで終わって
続きは映画でー!!みたいな卑怯な
いや、オトナの世界らしい結末も考えられなくはないけど。

しかしこれでこれからジャンプどうなるんだろうね。
正直なところNARUTO終わったら
ワンピはコミックス買ってるから、本誌は別にいいかなってカンジなんだよね。
ハンターの時だけ買うっつーても、何年後かワカランし。(笑)

ジャンプの看板漫画って作者が死ぬまで続きそうな気がしてたが、
やっぱり終わるんだなぁというのが一番の感想。


総評。
ヒーローは波に乗ってきた感。対してハイファイの流れが悪く見えてしまうなあ。
あと楽しみに読んでるのは火ノ丸相撲と暗殺教室、
ハイキューとワールドトリガーあたりで
ノってる漫画とさらっと読み流す漫画が半々くらい。

色んな雑誌創刊するのもいいんだけど
「質より量」みたいだと別に買わなくてもいいかなあって思う。
そもそもコミックスがあるのに雑誌買うのって
それだけ全体に読む価値がないとちょっとなあって。

まあとりあえずあと4号は買うけど
「NARUTO」が終わったら、ジャンプの正念場じゃのう。

今日はここまでーーーぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-10-12 (Sun)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。