プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

542

WJ2014年44号

wj


ONE PIECEもハンターも休載なので
まあじっくりNARUTOの感想でも書きましょうかね。

つーかハンターって連載再開を打ち切って
休載再開っとことなの?どうなの?



NARUTO693 「ここでまた」
正直、すごく先を読みたくない。
数号前まで世界の命運を肩に背負ってたのに
なんでみんなそんなにガキなんだっつー脱力感が。
唯一大人のカカシはもうへばってるしさ。(笑)

尊敬できる大人がいないってのも、NARUTOの寂しいとこだなあ。
唯一株を下げなかった(自分基準で)のは自来也だが
それは単に今回の「よみがえり」に入ってなかったからだ。
人気最高峰のイタチですら、最期は「なんだかなー」って思ってしまったので。
(しつこいようだが、あくまで自分基準で)

ざっくり言うと今回は、大戦終わった、さー片付けるぞーってとこで
サスケ坊ちゃまがまだ遊ぶから片付けないってダダこねてる訳で、
如何にもお前(サスケ)がうんと言えばいーんだよ、
ウダウダ言うな的な流れになってるんだけど、実際
忍世界の問題なんも片付いてなくねって思うんだが。

ナルトがサスケに「お前は火影のこと何も分かってない」って言うシーン合ったけど
これまでナルトが火影について考えてたこと自体、そんななかったろう。
「ナルトのなんか不思議な魅力」で問題が解決してきただけで。(笑)
「みんなから認められたものが火影になる」のイタチの受け売りだが
それは100%って意味じゃなく、多数決の原理だろう。

結局は少数派にきちんと対処しないから、木ノ葉の里っつーか
忍世界全体がこうなったんじゃないのか。

政治に置き換えれば、分かりやすいかもしれない。
柱間党とマダラ党が出来た場合、
この世界では与党と野党と言う形で共存は出来ない訳だ。
みんなが柱間党でなくてはならんのだ。
火影と言う存在は。

今回はマダラ党が明らかにアレな政策だったから排除しやすかったが、
例えばカカシ党とオビト党が出来たらどうよ。
綱手党と自来也党が出来てたらどうよ。
サクラ党とナルト党とか。
まあどっちでもいい感じのをあえて選んだんだが
今までの火影って、結局アンチ対策をきちんとしてない人ばかりなんじゃねーかと。

選ばれる理由は、どうでもいいのだ。
いざという時に理想だけでなく、キツい選択ができるかどうかじゃないか。
だからこそ火影は「力ある者」が選ばれるのだろう。

そういう意味では、ダンゾウは唯一アンチ対策をした人間だ。
扉間も、兄が居なければそれくらいやったかもしれん。卑劣様だから。(笑)
イタチも超平和主義とか、弟に幻術かけたとかヘンな設定でなければ
一族殺しの首謀者となった設定はよかったと思う。

悪役は嫌われるためにあるんじゃない。
筋が通った悪役(同情できると言う意味ではない)は
正義を引き立たせるためにも重要なファクターだ。
いい悪役多いのに、なんでみんな最後にもげてしまうんだ・・・。
マダラとトビなんか最初から最後までもげてたし。

三代目は自分の甘さを大蛇丸と対決することで決着をつけたのに、
よみがえりの所為でグダグダになったのは、ホント惜しい。
実は生きてました・蘇りました設定は必ず感動になるとは限らない。
ちゃんとした話が台無しになったりする。
だから自分はよみがえり設定が好きではない。

話を戻そう。
サスケの「真の火影」がその辺に言及したモノなら、
ナルトは確かに「仲良くなった相手にとどめを刺す」と言う選択は
しないタイプの火影なのだ。
まあ「不思議な魅力」があるから、なんとかなるんだろうけどさ。

そう考えればマダラは「敵の無い世界を幻術で作る」という
火影の決断から逃げた人間である訳だ。
いや、案外これは深いよ。
それってホントに解決なんか?と言う意味では
「ナルトの不思議な魅力」も似た様なもんだと自分は思う。

そんな「不思議な魅力」でもない限り、少数派はどうしたって出来てしまう。
三代目がアンチ対策をしないから、ダンゾウやイタチという人間が出ちゃったわけで。
サスケにしてみれば「甘い火影」は
見ていてムカつくだろうし、また同時に不安なんだろう。
かといってサスケみたいなガチガチの火影も嫌がられそうだがな!(笑)

と言う考えで読んでいたので、そんな時に
「とにかくうんって言ってよ!(ノД`)・゚・。」というサクラもなぁってカンジで。
…ついでにカカシもなあ。(笑)
なんつーかもう、誰かサスケの話を聞いてやれっていう。
サスケ、お前も思ってる事をちゃんと話しなさい。(来週言うようだが)

サクラは気が付かないまでも、ナルトへのキモチが育ってるような
そんなフラグがテンゾウからあったよーな気がしたけど、アレはどうなったの。
まあちゃんとした恋心として理解できるのは
自分の中ではヒナタのナルトへの想いくらいなので、どうでもいいけど。
(後はしいて言うなら、シカマル・テマリ組くらいだろーか)
サクラちゃん、恋愛要素捨てたらいい立ち位置にいるのに惜しいってばよ。

個人的に、九尾とナルトの友情が
割とアッサリ出来てしまったのが一番惜しい。
マダラやオビト(ついでにサスケ)、尾獣たちは
ナルトに人間社会の因縁を考えさせるいい題材だったと思うんだ。
「不思議な魅力」で何とかする前に、もう一幕あって欲しかったかな。

「不思議な魅力」万能すぎてツライ。
1部の頃はフツーに分かる魅力だったけど、もうほぼホレ薬だろナルト。


ワールドトリガー:イヤ話はずっと面白く読んでるんだけど
      アニメが日曜朝6時半て(笑)。狙う層はどこなのコレ。
スポーティングソルト:委員長が保健室ってそんなバナナ。
      ところで塩谷は生徒なの?職員なの?
暗殺教室:殺し屋、ハロワ行く前にムショいかなくていいの?
相撲:おお、なんかすごくモブっぽい敵キタ!
食戟:駄目だ。この試合ぱっつんぱっつんのセーラー服しか記憶にない。
ニセコイ:ただの睡眠薬でいいだろコレ。都合よすぎワロタ。
斉木:知らんかった。マジシャンは常にハトを懐に隠してるのか。
   ぜってー近寄らねえ(lll゚Д゚)!!
読切:テラフォーマーズ、アニメの1話見た。
   取り敢えずこれ読んでると、家にゴッキーが出たときに
   「テラフォーマーだああぁぁ!」って言うんだろうオチは予想した。
読切2:1回目見たとき面白かった気がしたが、今回なんかくどいな。
磯兵衛:そーいや寺子屋で月代剃ってんの磯兵衛だけなのな。
   だからなんだってワケじゃないけど。

金曜からちょっと出かけるので、それまでに仕事片付けないと。
今日はここまで-ぃい。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-09-30 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。