プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

538

家庭の科学

家庭の科学 (新潮文庫)家庭の科学 (新潮文庫)
ピーター・J. ベントリー Peter J. Bentley

新潮社 2014-01-29
売り上げランキング : 118567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


理系男子・リケジョと言われる人種が
本や漫画、ニュースでもてはやされる今日この頃。
文系脳の皆様、いかがお過ごしですか。
ええ、自分も文系です。(`・ω・´)ゞ

学生の頃は赤点・補講に苦しみ
こんなものは社会人になればおさらばだと思ったのに
やはり理系成分の多い脳は、この世の勝ち組だと知る。
しかし学生時代より一層固くなった脳に無理な方程式や物理理論は
眩暈・動悸・息切れも激しく、なかなか続かない。
けれど理系ニュースにうんうんと分かったように頷くのも、もう疲れた…。

そんな貴方に朗報です!(ばばーん!)

反理系をこじらせてしまった症状に、「家庭の科学」!
ある一人の不運な男の1日を例題に
日常ふと目にする科学・生物・物理などを分かりやすく解説。
「分かりやすいとか言う本って、難くて却って凹むんだよな…」
「…そんなの、どれでも一緒でしょ?」

いいえ、心配は御無用!(ばばーん!)
舌を噛みそうな理論名や数式は一切含まれておりません!
つまり文章で理屈を解説した本なので、文系脳にも安心!
38のショートエッセイ風に無理なくまとめられているため、
途中で本も閉じやすく、翌朝に疲れを残しません!

ええっ、まだ不安?
そんな貴方の為に、特別に1章だけご紹介しましょう!(ばばーん!)

「夢かうつつか」…目覚まし時計が鳴ったのに寝過ごす
貴方も掛けた筈の目覚ましが聞こえなかったこと、ありませんか?
文系脳の方!「目覚ましが壊れてたのかな」とか
「小人さんが止めたんだ」などと思っていませんか?(文系脳以前の問題)

筆者はまず眠りの話から、その生物学の仕組みを語り始める。
レム睡眠とノンレム睡眠の過程、そこから稀に生まれる「明晰夢」の例に、
思わず文系脳もほうほうと頷いてしまう。
「レム睡眠中に起床すると起きやすい」と言うのはよく言われるが
起床時はまだ半ば夢にいる状態だ。
だから起きて直ぐは、見た夢を覚えていることが多いとされる。

この切り替えが上手くいかないと、脳は現実を夢に置き換えてしまう。
夢の中でずっと電話が鳴っていて、気が付いたら目覚ましが鳴っていた…
なんて夢を見た人は少なくないだろう。
脳がつじつまを合わせて、「よく知っている音」に目覚ましを置き換えてしまうのだ。
またこの時に起きてアラームを切ってしまっても
脳はそれを夢に置き換え、二度寝から目覚めた頃にはすっかり忘れてしまうのだ。

オマケにそれぞれの章には、ちゃんと防御策も講じられている。
レム睡眠で脳が正しく現実を認識するための秘策を、こっそり教えてくれる。
「規則正しい生活をすること」
おお!成程!確かにそうだ!(,,゚Д゚)
理系とか文系とか超えて、フツーに常識ですよねソレ!!!(,,゚Д゚)

いやでも「早く寝なさいッッ!」とただ怒られるのではなく、理屈を頭で知ることが大事なのだ。
「電子レンジで金のついた皿をチンしちゃったとき」
「鳥にフンを落とされたとき」
「瞬間接着剤が指にくっついちゃったとき」
「足の小指を打ってもんどりうってるとき」
そんな時もその理屈を分かっていれば、「ああこうだから仕方ないな」と
思えちゃったり思えなかったりするかもしれない。(←?)

何より例題に出てくる男の1日が不憫すぎて、読み終わった頃には
自分の1日が結構悪くなかったような気になる。
理系だって文系だっていいじゃないか。
たくましく生きていれば。

理系コンプレックスをちょっぴり忘れさせてくれる癒し本。
家庭に一冊、どうじょ。

個人評価:★★★★


おかん流家庭の医学。











なんで「痛みの度合いを尋問する」という
無駄なステージが必ずついてきたんだろう・・・。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。