プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

524

WJ2014年39号

wj


ONE PIECE757「切り札」
バルトロメオの能力に制限があることが判明。
ま、そりゃそうか。
防御力100のバトルなんて盛り下がっちゃうもんな。
でも使い方からすると「バリア」というより、「壁」作る能力に近いんだな。
にしてもバルトロメオは麦わら一味が大好きだな。かわええ。

まあでもそれに負けないくらい、麦わらクルーも常日頃から
船長の為ならエンヤコーラって思ってんだよね。
強さへの服従というのではなく、その1人1人にちゃんと
過去話に対峙する船長が描かれることで、それが意味を持ってくる。

ルフィは別に、人助けという正義心で動いているのではない。
自分の夢に突き進んでいる結果、ついでに誰かを助けることになる。
だから恩着せがましくない。
逆に言うと恩を受け取ろうとしない。
だから結果的に「仲間」「協力者」が増えていくことになるんだな。

そういう意味では、バルトロメオは仲間になることはないと思う。
最初からルフィの協力者だから。
ドレスローザは当然、アラバスタや空島・魚人島同様
麦わら海賊団の同盟国的な立場として、協力者になるんだろう。
今回過去話が用意されているローは、クルーにはならないだろうが
なんらかルフィとの絆を作ることになるだろうと期待してる。
正直なところ、これ以上クルーを増やすのはストーリーを進める上で困難と思うので。

クルーそれぞれのエピソードも上手いなあと思うんだが
これはまた別の機会に語るとする。

今回の気になるポイントは、藤虎vsサボの会話かな。
いや、1コマだけ入ってたフランキーとセニョールも気になるけどね。
なにシンクロしてんのアイツら。(笑)
藤虎「あんたの目的は海軍を止めることでしょう?」
サボ「いつまでシラを切り通すつもりだ」

恐らく藤虎は、自分に構ってるヒマはあるのかと問うているのだろう。
だがサボは敢えて、藤虎からマークを外さない。
つまりは目を離せば、藤虎が「何か」すると見越しているのだ。

藤虎の能力が「重力」だとしら、地上にいる人間すべてに脅威だ。
もし無重力まで作ることが出来るのだとしたら、本来サボでもまともに戦うのは難しい。
(無重力の中では炎の形も制限されてしまう)
っていうかほとんどの敵が力を封じられてしまう。

余りにチート過ぎるというか、扱うにも仕組みが難しいっつーか
有体に言うとツッコミが凄く入りそうなので、避けたい題材に思える。
が、今回刀の名前が出ましたな。重力刀(ぐらびとう)。
コレって藤虎の能力を増幅させるツールという設定なのか?も???
本来の藤虎は物を引き寄せたり押し返したりするような力を持っていて
刀によって分子レベルというか、重力子まで操れるんじゃないだろうか。

それくらいにしとかないと、バルトロメオ同様、
制限を付けないと面白くなくなってしまう気がするので勝手に妄想。
や、「そんなややこしいことまで考えなくていいの!
重力は重力なの!子どもの漫画なんだから!!」
ってことなら、それはそれでいいんだけどね。

藤虎のいう「サイコロ」とは何だろう。
それだけの力があれば敵方を抑えることなど容易そうだが
むしろ力があり過ぎて難しいのかもしれない。
まずは味方や国民を退避させなければ、全滅にもなりかねない。
さらに「生け捕る」目的であれば尚更だ。

藤虎の目的が「七武海撤廃」なのであれば
なんとなく「ドフラを生け捕る」ことが目的だろうかと思ったり。
恐らくドフラは多少の事をしても、海軍上部から有耶無耶に赦されてしまう。
世間で問題視されるほどの大事件とセットにせねば
ドフラを生け捕ることは不可能だと、藤虎は考えているのではないかな。

藤虎の思想は、多分「正義」ではある。
がだからこそ、その為にどんな手段を使うか分からない。
国民を犠牲にする人柄には見えないが
ルフィやローならその犠牲にしてもいいと考えているかもしれない。
ひょっとしてサボが足止めに入らなくても、藤虎は
部下達が王宮へ向かうのを妨害したかも?しれない???(妄想)

さて一方、レベッカの方も一波乱と一段落。
でもレベッカが「戦いたくない」と感じている理由は
もう少し納得いくようにして欲しかったかな。
ただスカーレットのようにやさしいおにゃのこだったっつーのは
なんかちょっと勿体ない。

前にディヤマンテと対峙した「口惜しさで体が動かない」の方がよかったな。
例え使いこなすことが出来なかったとしても
戦闘は兵隊さんが与えてくれたレベッカへの愛情だと思うので。
物凄くどうでもいいが、兵隊さんはレベッカの戦闘衣裳には
止めるとか露出を減らすとかそういう方向にはいかなかったのかね。(笑)

しかしここでおとーちゃん登場!やんややんや。
ついでにローの手錠のカギもやっと外れた!
応急処置でキュロスの足もなんとかできんのかと思うけど
1本足でココまで来るくらいだから、別に問題ないのかもしれん。

手錠が外れたらぶっ殺してやるとか言ってたが
ルフィと共闘するつもり満々のローも案外単純だなでかわゆらしい。
次号も期待!


H×H 2週休載
腰痛だそうで、お大事に…。
でも休載宣言しなかった!あの冨樫先生が!(失礼な)
いやもうマジでお大事にーーーー!


NARUTO689「大好きだ」
自信を取り戻したカカシせんせー大活躍の巻。
まるで別人のよう。いやもう別人だろう。
チャクラと体質と言う制約の中でマトモに「天才」やってた人が
ついにビックリ人間になっちゃったかー…。

オマケにすり抜け能力まで頂いちゃって。
いやでもコレ、結構大事なことのような。
そもそもオビトとカカシは同じ目を持っているのに
オビトはすり抜けができて、カカシは出来なかった。
本家と分家(?)の差と言えばそれまでだが、ちょっと考えてみる。

要は二人の「能力」は一緒なのだと思う。
オビトは瞬時に己の肉体を時空間に移動できるが、
カカシは多少時間をかけて、物体を時空間へ送ることしかできなかった。
つまりオビトは、瞬間移動やすり抜けとも思える程に、能力と身体が一致していた。
これって、例のグルグルやゼツを通じて柱間細胞を移植されていたからじゃないのか。

そうでなかったとしても、やはり「本家」だから使えた技だろう。
血継限界はコピーできない(先々週号まではそう言う設定だった筈なんだか・苦笑)
というのは、そういう事なんじゃないだろうか。
つまりはカカシに「うちはか柱間の体質」が
一緒に移植されなければ、使えない技なんじゃないだろうか???

いやうん、まあソレならソレで
カカシが両目を開眼したことも解決するのはするんだけど。
(だとしたら通常時は普通の眼に戻すことができるってことで)
でもそんな便利なことが出来るなら、うちはの写輪眼って
それこそ今までもっといろんな連中に狙われてたと思うんだよね。

いやこれも今更なんだけど、この「移植ができる」設定は
木ノ葉の里内部の話にしなくても
うちははフツーに絶滅させる設定にできたと思うんだ。
未だにイタチが一族より里を取ったと言う
尋常じゃない平和主義者のオチがちょっと納得いかなくてね・・・。

サスケが里を恨むのもフツーに当たり前だし
それがのこのこ戻ってくるってのもおかしな話になる。
兄が望んだのに聞かん坊だなって言われても、ねえ?
自分は妹スキーだからね。妹の不遇の上に平和の秩序が成り立ってたとしたら
そんな世界くそくらえだって思うさ。

…いや、もうそんな前の設定をほじくり返しても仕方ないのでやめるけど。
でもサスケ、「フン」は返事じゃないからな。(笑)

で、ここで旧七班再結成!
いやあ、これはいい絵だねえ。だって
この3人が協力したの何年ぶりだよっていうね。
や、ホントに3人って意味では連載以来初めてなんじゃね?
……え?はじめて?ソレはソレで大丈夫かキミタチ。

で、カカシの台詞が一部の時の「嫌いだ!」にかかってるのは理解してるんだけど
なんつーか、カカシせんせーってアレだなー。
「すること言うこと全てズレてるわね…」(微笑)
「大好きだ」の字がなんかすごい浮いてて恥ずかしい…!(/ω\)
それは戦闘の後で言ったやった方がいんじゃね。

───カグヤの封印は成功するか?
でもここで袖の下から黒幕の黒幕の黒幕の黒幕のくろ(略
…が出てきたらどうしようなあ。出てきそうだよなあ。

そんな事になったら電車で爆笑しちまいそうだなあ。
と言う次号への期待。(どんな)


暗殺教室:殺せんせーはどうやって着ぐるみに足を収納しているのか…
肋骨さん:なんだろう。嫌いじゃないんだけど
     ちょいちょい緊張感の無い構図があって気が抜けるなー。足かな?
相撲:うーむ、生徒会が意地悪ッてのも王道で(・∀・)イイネ!!
食戟:せめてipadは風呂ではジップロックにでもいれてえええ!
   美作くんのイメトレ…、すごく…、こわいです…。
ヒーロー:えっ、もうコスチューム?てかカエルちゃん女の子だったのか?
銀魂:ですよねー。死亡キャラな筈はねえと思ったけど。
ブリーチ:……イザナミ?(´・ω・`)
読切:H×Hの代原か?急にしてもうーん、なんだかなあ・・・。
磯兵衛;半端ww

今日はここまでーぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-08-26 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。