プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

509

WJ2014年35号

wj


ONE PIECE754「お見知り置きを」
あーあーあーあーあー、そう言えばいたね。カン十郎…。(´・ω・`)
っていうかその為にココに来たんだったな。うん。
って言うかもう一人いた筈だよね、仲間。

落語だか講談の「伊賀屋勘五郎」が元ネタと言うウワサをどこかで見た。
だとすれば「抜け雀」も落語ネタか。
別に落語自体に伏線があるとかいうんじゃないとは思うんだけど
多分オチ役なんだろうな、カン十郎。(笑)
強いけど笑いドコロッつー点もそうだし、
顔も何となくボンちゃんに似てなくもない。(笑笑)

カン十郎の能力は絵を3D化したり
もしくは己を壁の中に2次元化したりするようだ。
絵を実物にするってだけならNARUTOのサイと同じなので差別化か?(笑)
壁の中に隠れてたとか、ピーカに気付かれないんだろうかと思ったりするが
まあ多分こまけぇことはいいんだろうよ。

モモの助は錦えもんに再会するまで、
(悪魔の実以外)何も口にしなかった描写があった。
一緒にいた頃は、カン十郎の描いた食物を食べていたのかもしれない。
ひょっとして毒殺などを恐れてのことだったのだろうか。
まあどっちにしろ「腹に障る」みたいだけどさ。(笑)

ドフラに狙われる(モモの助がらみ?)以前に
錦えもんたちは「ゾウ」を目指してワノ国から脱出している。
まだ理由は明かされないが、恐らく「カイドウ・竜・海」賊と言うキーワードに
怒りを覚えるような「何か」がワノ国で起こっているのだ。

鎖国国家から出るくらいだから、相当な事態のはずだ。
逆に暗殺を差し向けられることがあっても不思議ではない。
ドフラとカイドウの両方から狙われるモモの助たちだが
恐らくそれはどこかで繋がっているのだろう。
その1つとも思えるのが「悪魔の実」だ。

錦えもんも衣服を作り出す能力者でありながら
「俺は××の実の能力者だ!」みたいな能書きが無い。
カン十郎もそうだが、自分達の能力を「妖術」と呼び
悪魔の実の事も「世にも珍しき果実」などと呼んでおり
鎖国をしているだけあって、情報や受け取り方が少し違うようだ。

ワノ国の悪魔の実は少し勝手が違うように思う。
錦えもんは「ドロン」という言葉と共に術を発動する。
カン十郎も「いでよ雀」という言葉を使っている。
まあこれは「ゴムゴムのピストル―」という掛け声みたいなもんかもしれないが
葉や小石、また筆というアイテムを使っている点が違う。

小人族のレオも 「奇術 ぬいぬいの力」と呼んでいた。
(他の仲間は「ムシムシの実○○モデル」と明記していたが・・・)
遺伝としか思えない伝達をしていたり(マトマトの実とか、他にも
アラバスタのペルとチャカは先祖代々王家を守っているとか言ってたし)
悪魔の実は時代や場所によって、多少生態が異なるんだろうか???

そもそも錦えもんは「剣士」であり、火を斬る程の力を持っている。
悪魔の実の能力は、ついで程度に使っているようにもl思える。
カン十郎も何か力技を持っているのかどうかはまだ不明だが
ワノ国では、悪魔の実は「珍しい」ものではあっても
実力とはまた別のモノと割り切られていたんじゃないだろうか。

その価値観をひっくり返したのが、カイドウなんじゃないだろうか。
いや予想だけど。
ワノ国では「力」において革命が起こっているんじゃないかな。
歴史で言えば討幕運動のような。
単純に考えれば、錦えもんは「旧幕軍」として
新政府の暗躍に一手を打つ為、ゾウを目指したんじゃないかね。

小人族の「奇術」はもっと悪魔の実の源泉に近い場所に在りそうだが
こちらはまだ触れられていないので、また出てきたら考えよう。

3段目に出てきた「デカ人形」達はなんだ?
まだシュガーが起きたシーンがないので
これは本当に「作られた」戦闘マシーンなんだろうか???

ところでゾロ、あっさりピーカ倒しちゃったな。(笑)



H×H348「覚悟」
長男が格闘ヲタクで、四男が人体マニアかぁ・・・。
ひょっとして7人兄弟ってのは7つの大罪とかけてる?
長男が「高慢」、四男が「肉欲」、六男「嫉妬」、七男は「怠惰」か??
合っていればあとは「大食」「強欲」「憤怒」だが、どうかな。

まあこちらは国王継承権サバイバル。
クラピカの伏線の為に出されたんだろうし
あと3人出よう出まいがほぼ全員が
最初から最後まで死亡フラグって気もする。(笑)

今回は協会側ストーリー。
裏切り者はサイユウということらしい。
そう言われれば顔がハンター試験の人面猿みたいだし!(そんな根拠で)
まあでもサイユウはパリストンっていうより
純粋にビヨンドについてるつもりかもしれないしね。

さてここでクラピカがいう
「記憶を消す、もしくは意識操作が出来る能力者」の示唆は
そう言う能力者が出てくるかもしれない訳だ。
よもやパリストンが?…、って、そんな単純な筈ないか。
ともあれこの「能力者」が本当にいるのなら
裏切り者はサイユウ一人でない可能性も無きにしも非ず?か??

四男王子は、単純に真実を伏せて試験をクリアさせたのか?
それともこの「能力者」を裏でひいている人間と繋がっているのか。
だとするとビヨンド側、ひいてはバリストンの目的は
かなりいろんな人物に邪魔されて、一層見えづらくなりそうだ。
まあそれも王家ファミリーを使う狙いなんだろうけどさ。

でも暗黒大陸に自分の子供たちを送って
戻ってきたものを王にするって、考えたら滅茶苦茶だよね。
1人以上帰ってきたら、余計にモメないか?
まるで1人しか帰ってこないと確信しているかのよう。
もしくは

───「全滅」することを予見・期待しているとも取れないか?

国王が世継ぎにしたい者は、あらかじめ決まっているんじゃないか。
そこにバリストンの目的が絡まっているとしたら?
バリストンは積極的に「王子たち全滅」に動くか
さりげなく「王子たちのガード」を分散させる方向へ行くのではないか。

いやいや、妄想だけどね。(そればっか)
キメラ5000体を保有していると言われるパリストン。
目的は小さいものではないだろう。
国家、もしくは世界を揺るがすレベルの
歪んだ愛国心・忠誠心がありそうな気がすんなー。

今回は珍しく休みながらの連載になるらしい。
いやもう全然おっけー!!
もう少し続いてくれ夢の冨樫連載時間(エンペラータイム)…!


NARUTO686「残せし者と継ぎし者」
「助言を頂けるならもっと早くにして欲しかったですね」
二代目様wwそんなもっともなツッコミをwww

カグヤママが取り返そうとしているチャクラって
何か下限値があるんだろうか。
死んだ人やえどてんは取りこぼしちゃうなら
少なくとも「最大量」には絶対出来ない筈だよね。
とにかく沢山ってだけなら、サスケは無視してもよくね。
ナルト=九尾を手に入れたいのは分かるけど。

で、六道仙人は現世に出現してるの?
出現できないから自分で決着はつけられないし
ナルトとサスケにチャクラをやったんだけど
いざ発動条件満たしたら、やべwチャクラねぇわw
じゃあ歴代火影、オラに力を貸してくれーー!ってコト?

いやゴメン、自分の説明・解釈が悪いのかもしれないけど
六道仙人、すごく頭…、……いやなんでもない。

オビトたちが案外すんなり戻ってきて吃驚したわw
そして次の世界は重力…、…ってことは塵遁?
前にチラ見せされた酸の海もその1つなら、これで5世界出た訳だけど
法則がわっかんねーなー。
空いてるとこも何となく埋めてみた。間違ってるかも知れないから?付き。

20140729-1.png

で、まぁ恐らくオビトが「男を見せる」回だった訳だけど、
その分カカシの扱いが酷いなと。(笑)
カグヤママの攻撃がちょっと隙だらけというか
(狙うなら上体じゃなくて逃げられない足元だろうし、
 カカシたちが走れるほどの重力なら、ナルト達も動けるだろうし)
最初から盾になることしか考えてなかったカカシが
なんか死にたがってるみたいに見えてしまった。

扱いと言えば、カラー表紙の西部劇。
や、絵はかっけー構図なのだけど
サスケの背で頬を染めてるサクラちゃんが、なんだかなあと。
この宙ぶらりんな想いはケナゲというより
サクラの評価を下げてる原因な気がしてならない。

で、映画もあるんだね。
ラスト?ってことは最終回が近いのかね。
それともホントに3部突入とかそんなフラグ?

全体にもやっとした感想になってしまってスマソ。


相撲:ををををを、主人公勝利!!!
   っていうかこの後の展開どーなるの?まだ続いて欲しいが。
ヨアケモノ:山崎がナルトの暗部みたいだね・・・。
食戟:犯罪ですよw美作くんww
読切:全体的に何かが惜しいけど
   ネジヤマさんのキャラは結構好きかも。
ニセコイ:そもそも凡矢理高校七英雄って誰なんだ
ヒーローアカデミア:いかん、もうアイシールドにしかみえない
銀魂:のぶのぶとやらはやっぱ慶喜的な立ち位置?
   掲載潤は随分後ろだが、歴史をどうするかは気になるぞい。
ブリーチ:マユリ様は一体何を目指しているのであろう・・・。
磯兵衛:ギャグマンガは読切で読みたい。

はー、足がいてぇ。今日はここまで―ぃ。
関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2014-07-29 (Tue)
  • Category : WJ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。