プロフィール

はるほん

Author:はるほん
とりあえず毎日本を読んでいるので、そろそろ脳内と本棚を整理してみようというココロミ。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


twitter
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

500

楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ

新潮社 2014-06-27
売り上げランキング : 394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実家に昔、世界美術全集という本が並んでいた。

B5くらいのお手頃サイズでフルカラー、全部で40巻ほどのセットで、
ピカソやルノアール、ゴッホやモネのような大家の作品が1冊ずつおさめられている。
おとんが仕事で買ったようだが、自由に見ていいということだったので
しょっちゅう開いて見ていた。

当時まだ小学生くらいだったので、芸術のなんたるかなどは皆目わからない。
絵本を見るのと変わらない感覚で眺めていた。
だが何となく、ただ美しいデッサンと構図で描かれたものよりは
ピカソやダリ、シャガールやルソーのようなはっきりした色使いや
一見珍妙に見える作品集をよく手に取っていた。

いやもう、今ほどあの作品集をもう一度見たいと思ったことはない。
二階にある物置部屋の山積みになった段ボール層の
ジュラ紀か白亜紀のあたり(つまりは相当昔の地層)に眠っているはずだが
恐らく発掘作業には、多大な艱難辛苦を強いられることであろう。
そこはさくっと諦めて、ネットで作品をぐぐりながら拝読。

原田マハさんの「楽園のカンヴァス」。
既作品の中でも群を抜いて評価が高かったので
それはもうワクテカ半分、評価に負けてしまったらどうしようという
不安半分で(本読みの微妙な心理)文庫化を待っていたのだ。

ある美術館の監視員をしている女性が主人公。
年頃の娘を持つシングルマザーだが、
館の静寂の中でじっと絵画に視線を注ぐ姿は
控えめでおとなしやかな、ごく普通の絵画を愛するファンにみえる。

──が、ニューヨーク近代美術館の有名なキュレーター※から、
※博物館や美術館の管理監督員のようなもの
近々日本で催されるルソー展の絵画の貸し出し交渉に
彼女を名指しで指名してきたのだ。

ストーリーは一介の監視員である筈の彼女と有名キュレーター、
そして遥か時を遡り、ルソーと言う売れない画家の過去を絡めて
ゆっくりと紐解かれていく。

今まで自分が読んだマハさん小説の印象では、
謎というよりは分かりやすい山と谷というか、
ハッキリ言うとベタな展開から生み出される感動が、むしろよいと思っていた。
世の中はそんなに甘くはないが、きっと何処かに
そんな甘ちゃんの自分も多分、存在するのだ。
だからこそマハさんの言葉にトンと背中を押されて、じわりと来てしまったりする。

が、本書の素晴らしさは題材の妙だろう。
作風に変わりはないのだが、美術史という題材を得て、
「ベタの甘さ」がこの現実と非現実の世界に上手くマッチし、
なにか魔法のような食べ物に変わったとでもいうか。
何とも全体が「しっくり」と噛み合っているのだ。

著作になぞらえるなら、「アヴィニョンの娘たち」だろうか。
ピカソがキュビズムの道を歩む代表作品だ。
描きたいものに辿り着いた、もしくは
これからの新しい変化への一歩か、ともあれ本書はマハさんの真骨頂だ。

それでいて、マハさんの良さは失われていない。
美術に門外漢でも、この本を読むには問題ない。
ここに描かれているのはそんな小難しい解釈ではなく、
私達が愛すべき「甘さ」を見失っていない事を知る物語なのだから。

個人評価:★★★★★


ネット騒ぎ話、今回もておしまい。



集合住宅全部が同じプロバイダを使ってる訳ではないので
今回はたまたまウチが繋がってる1基が壊れ、
ウチだけが被害を受けたということらしい。納得。



折しもこの日は台風が接近している日だった。(笑)
まあ結局、東京は台風の被害はなかったからよかったけど
夕方から夜まで結構な時間まで工事をしてくれた。

が、また繋がらなかった。(大笑)
新品のモデムをさらに超新品モデムに変えてくれたが、繋がらない。(爆笑)



もう一回設定をアンインストールし、1からやり直したら繋がった!
ああ、これでやっと今日からぐっすり眠れる…!



聞けば前からPCの調子がおかしかったのだそうだ。



見てみたらもう中身がしっちゃかめっちゃか。
とても設定を1つ1つ見直す気力が無かったので
キレイサッパリ初期化したった。

後悔はしていない。(自分のじゃないから)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。